« 出稼ぎ | トップページ | 秦野高校吹奏楽部第33回定期演奏会 »

加美教室大村塾長へ

いつもありがとうございます。塾長です。

弟子の具合が悪いらしいと、本部の社員から聞きました。

弟子というのは、加美教室塾長で関西本部長の大村大吉です。

電話するかメールするか考える時間ももったいないので、このブログを読んでいる予測の下、この場で伝言をします。

【大村君へ】

体調不良なのに激務ご苦労様です。

お身体を大切に、頑張って下さい。

とでも言うと思いましたか。

弟子のあなたならわかりますよね。

経営者たるもの、自分がどんな状況にあっても、組織が問題なく運営される状態を作らなければなりません。

例え君がカリスマ塾長であっても、君が倒れたら教室が回らないというのでは、全く良い教室ではないですね。

どんな時でも、生徒や保護者様が安心できるような教室の体制を作っておくことが、本当の「デキる経営者」でしょう。

自分が寝込んでも、全く影響がないような教室にして下さい。

むしろ1ヶ月入院して、戻ってきたら生徒が増えていた。くらいのことをブログに自慢げに書いて、名取本部長に、「恐れ入りました。」と言わせるくらいになって下さい。

自分が無理をすれば何とかなる。という考えは、いつか精神か肉体が破綻します。

2つの教室で稼いで、「忙しすぎるからもう一人雇いますよ。」くらい言えるようになるためには、どうしたら自分が頑張らなくてもよくなるのか。」を考えて実行して下さい。

自分が無力だと痛感した時が、チャンスです。

まあ、色々と事情やしがらみはあると思いますが、君ならそれを乗り越えられるでしょう。

でなければ破門です。

援護射撃が欲しいなら遠慮なく言って下さい。

弟子のピンチには、出ていくしかないですからね。

ということでお大事に。

【お手紙ここまで】

彼は非常に勤勉で努力家、そして類い稀なる才能を持っています。

確かに非常に厳しい勤務環境にあり、同情の余地は多々あります。

しかし!私に師事したならば、例えどのような状況であっても、私から盗んだ全てを駆使して、事態を好転させて欲しいと願っています。

私は彼を信じています。

|

« 出稼ぎ | トップページ | 秦野高校吹奏楽部第33回定期演奏会 »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/57064631

この記事へのトラックバック一覧です: 加美教室大村塾長へ:

« 出稼ぎ | トップページ | 秦野高校吹奏楽部第33回定期演奏会 »