« 私立合格発表とリスニング対策 | トップページ | 中学1・2年生の様子 »

リスニング特訓の成果は

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日のリスニング特訓は、4時間でしたが、かなり効果があったと感じています。

残念だったのは、私立の合格発表のために遅れたり、体調不良で参加できなかった生徒がいたことでした。

毎年思うのですが、リスニングのスキルは、必ずしもライティングやリーディングのスキルと同等とは限らないということです。

というのも、例えば筆記試験で常に50%くらいの得点の生徒が、リスニングテストは毎回満点だったり、筆記が80%の生徒が、リスニングは50%くらいだったりという例が結構あるからです。

いずれにせよ、今回の特訓で、それぞれ何点かでも多く得点できるようにスキルアップしたのは間違いないです。

というのも、講師の授業が凄かったからです。

歴代のリスニング特訓の授業を担当するのは、女性の主任講師と決まっているのですが、今年はY先生でした。

ちなみにアシスタントで他に講師が2人つきます。

で、私とそのアシスタントの講師(この2人ももちろん、うちのエース級の講師です)が、生徒を見ないでうっかり授業をずっと聴いてしまうほど、引き込まれるような内容だったからです。

リスニングの授業は、基本的な流れと、使用する教材を私が指定して、4時間の授業の組み立ては、全て担当講師に任せるのですが、毎年聴いていて「ああ、この先生に私も習いたい。」と思うような内容です。

それほど毎年作りこんだ授業なので、4時間でも効果があるのは当然だと思います。

しかし今年は特に凄かったです。

何というか、緩急のつけ方が上手いのですかね。

私が途中退席していた時には、かなり激しく生徒を叱咤、鼓舞したそうで、2人の男性講師はビビったらしいです(笑)

生徒たちには良い経験、そしてリスニングに対する不安も少なくなり、得意な生徒はさらに自信をつけてくれたと思います。

授業後、来年のリスニング担当は当然のこと、定期テストごとに集団でY先生に鍛えてもらおうかという話まで出ていました。

今後が楽しみです。

|

« 私立合格発表とリスニング対策 | トップページ | 中学1・2年生の様子 »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/56748857

この記事へのトラックバック一覧です: リスニング特訓の成果は:

« 私立合格発表とリスニング対策 | トップページ | 中学1・2年生の様子 »