« 【時事問題2013年1月その1】テスト・入試対策 | トップページ | 使えるものは全て使い切ります »

イエローカード

いつもありがとうございます。塾長です。

センター試験が終了しました。

塾生からも卒業生からも報告がありました。

自己採点結果が良かった、悪かった、様々でしたが、切り替えて次の試験に備えて欲しいです。

大学受験では、結構な数を受験する生徒も多いので、気持ちを切り替えていかないと、次の試験に悪影響が出ます。

逆に考えると、第1志望第2志望など目指す位置が違えども、たくさんチャンスがある大学受験では、その日その日の出来具合を聞き、次にどういう作戦をとるか、アドバイスもしやすいです。

しかし、高校受験の場合、その切り替えポイントがないので、アドバイスが生徒に響かなくて困ることが多いです。

昨年までなら、公立前期入試までへらへらしている生徒が数名いるのですが、前期でダメだった場合、大抵受験生の顔色、目の色、本気度が変わって来ることが多かったです。

背水の陣と言いますか、後期までの3週間で驚くような学力の伸びを見せることもあり、アドバイスのし甲斐がありました。

しかし今年から神奈川県の公立高校入試は一発勝負ですから、ポイント切り替えがなく、いまだにやる気のない受験生に、何を言っても通じず困っています。

そもそも、この時期にそういう生徒がいるのかと驚く方もいらっしゃるかと思いますが、ウソ偽りなくいるのです。

色々な生徒がいるのが個別指導塾なので、それでもその生徒に合わせて指導はしていますが、この期に及んで講師の指示を守らない、やる気のない生徒は論外です。

昨日は数枚イエローカードを出しました。

黄色い紙にある文章を書いて、該当する生徒に渡したのですが、果たして効果があるかどうかはわかりません(あれを読んで変わらなかったら私もお手上げです)。

自習室や教室で必死に勉強している同級生を見ても何とも思わないのでしょうか。

学力の差よりも、物事に打ち込む姿勢の差で、将来が見えるような気がします。

ぶつぶつ言っても始まらないので、やれるだけのことはやります。

しかし、最後に入試問題を解くのは受験生本人です。

そのことだけは忘れないで欲しいと思います。

|

« 【時事問題2013年1月その1】テスト・入試対策 | トップページ | 使えるものは全て使い切ります »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/56596986

この記事へのトラックバック一覧です: イエローカード:

« 【時事問題2013年1月その1】テスト・入試対策 | トップページ | 使えるものは全て使い切ります »