« 模試観察日記 | トップページ | 3歳になりました »

プライスレス

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日受験生の応援にかけつけてくれたのは、元講師の前川先生でした。

前川先生は主任講師でありながら、その卓越した事務処理能力が買われ、歴代で唯一「事務長」という肩書を持っていた先生です。

今は、北海道の国立大学大学院に所属しながら、附属中学校でも教鞭をとっています。

現在高3の受験生数名に、滅多に会えない先生が来ているとメールを送ると、数名が教室に「前川詣で」に来ました。

最近、講師OBが教室に来て、受験生を励ましてくれています。

こういう光景を見るとつくづく、うちの教室は恵まれていると思います。

生徒も講師も、卒業しても教室に来てくれる、私の理想とした「縁でつながっている教室」になっているからです。

前川先生とは授業後に、集まってきた元同僚と一緒に居酒屋で話をしましたが、宿泊先に帰る終電のため、1時間くらいしか話せませんでした。

次はいつ来るのか尋ねたのですが、クラスを持っていると、長期休みにならないとなかなか来られないみたいです。

何とか近くに戻ってきて欲しいので、神奈川県の採用試験も受験するように勧めたところ、北海道と重ならなければ受験するそうで、試験の日程が違うことを今から祈っています。

受験生たちは、「レアな先生」に会えたということで、きっと幸運が待っているでしょう。

うちの息子にも10か月ぶりに会わせたのですが、久し振りにもかかわらず妙になついていました。

方や、新しく主任になった山口先生は、このお正月、生まれて初めて「初詣で」に行って、受験生の合格祈願をしてきてくれました。

自分の受験は全て神頼みすることなく戦ってきたのに、生徒のためにわざわざ湯島天神まで行ってくれました。

歴代の講師たち、それぞれの能力、それぞれの得意分野、それぞれの教え方と、違いはありますが、「生徒を思う気持ち」これが、教室の誇りであります。

そういう講師たちに囲まれた生徒は、きっと良い将来が待っていると思います。

教室の卒業生に、教職志望者や、講師のアルバイト希望者が多いのは、おそらくそのような講師たちと巡り会い、それぞれの心の中に「良い経験、良い思い出」があるからでしょう。

全て、お金では買えない、私の誇りです。

|

« 模試観察日記 | トップページ | 3歳になりました »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/56494404

この記事へのトラックバック一覧です: プライスレス:

« 模試観察日記 | トップページ | 3歳になりました »