« 面談2日目 | トップページ | これだけは言っておかないと »

今年度の中学校側の志望校の勧め方

今日もありがとうございます。塾長です。

面談は無事終了しました。

しかし、思っていたよりも、テストの結果と内申点の関係について、昨年度までの評価と乖離が大きく、志望校を変更せざるを得ない生徒が増えました。

特にある中学校でその傾向が強いのですが、私としてはその中学校で思い当たることがあるので、「だからかな。」という感想を持ちました。

そして今年は、学級担任が例年以上に、生徒本人の学力よりもレベルが下の高校を勧めてくる割合が高いと感じました。

それについても、新入試制度1回目で、わからないことが多いなど、いくつか理由があることは想像できますが、ここには書けません。

保護者様たちは、当初大丈夫と思っていた高校にNGが出て、かなり不安になっていました。

各保護者様には、私が現状で知りうる本当の状況をお話しさせて頂きましたが、どのような理由であれ内申が確定してしまったら、あとは志望校に向けて勉強あるのみです。

受験生たちが発奮してくれることを祈ります。

|

« 面談2日目 | トップページ | これだけは言っておかないと »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/56241271

この記事へのトラックバック一覧です: 今年度の中学校側の志望校の勧め方:

« 面談2日目 | トップページ | これだけは言っておかないと »