« 教授の悩み | トップページ | 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公開 »

冬期申し込みに表れる公立入試への不安

いつもありがとうございます。塾長です。

冬期講習案内を配布して2日目ですが、既に申し込みがありました。

しかも受験生ではなく中2生からです。

やる気を感じさせますね。

と同時に不安なのが、例年の申し込み数を計算して冬期講習を想定しているのですが、早期に満席になり、冬期講習を受けられない人が出てきてしまうかもしれないということです。

毎年、満席だ満席だと言いながら、講師の負担を増やすことにより何とかやってきたのですが、今回ばかりはどうにも不安でしょうがありません。

やはり、神奈川県公立高校の入試制度が変わり、全受験生に5科目の学力検査が課せられたことと、教育委員会が発表した新形式の入試問題が、旧制度よりも難しくなっていることが、受験生及び保護者様の不安を増大させているようです。

私も今年は、新しい教材を選ぶのに苦労をしています。

何せ、どの教材会社も「予測、予想」で作成した教材なので、1回入試が行われて、確定した「本番の試験内容」を見ない限り、100%というのはありえないからです。

その点、ベテランの塾長さんたちはどっしりと構えていますね。

知り合いの塾長さんたちのブログを読んだり話を聞いたりしても、ある程度の情報から問題傾向を絞り、工夫しているようです。

私も日々情報収集をしていますが、入試本番までまだまだ動くつもりです。

もちろん今年は、例年以上の投資、出費は覚悟しています。

尚、冬期講習の申し込み締切日は、11月26日(月)ですが、それまでコマ数が耐えられるかどうかはわかりません。

|

« 教授の悩み | トップページ | 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公開 »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/56122850

この記事へのトラックバック一覧です: 冬期申し込みに表れる公立入試への不安:

« 教授の悩み | トップページ | 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公開 »