« 【時事問題2012年10月その2】ノーベル賞特集 | トップページ | 10月度ランチ会&セミナー開催 »

とんだ災難

今日もありがとうございます。塾長です。

色々あって帰宅が遅くなりました。

授業の休み時間は、授業を終えて帰る塾生と、これから授業をする塾生とで一番教室内が混雑するのですが、教室の外も、送迎の車でちょっとした渋滞を作ってしまっています。

近隣の皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

そんな送迎渋滞で停まっていた保護者様の車に、酔っぱらいが転んでぶつかったらしいのです。

もう一度言います。

停まっていた車にです。

その酔っぱらいは道路で寝込み、騒ぎを聞きつけた酔っぱらいの知り合いの、これまた酔っぱらいが絡んできて、警察と救急車で大混雑の教室前。

かわいそうなのは、授業のために、その車に同乗していた塾生。

警察に真実「停まっていた車に酔っぱらいが勝手に転んでぶつかったこと」を伝えるために、授業に参加できなくなりました。

また、そのたちの悪い「酔っぱらいの知り合いの酔っぱらい」が絡んでくるので、私も外で塾生の隣でスタンバイ。

酔っぱらいが塾生の胸ぐらをつかんで色々言ってくるので、制止しようとすると今度は私に絡んできました。

ボディを軽く殴られましたが、相手が酔っぱらいだし、このくらいはどうってことないので気にしません。

ただ、もう少し何かしてきたら、私は塾長という役職と近所の目を忘れて、その塾生を守るためにどうなっていたかわからなかったです。

警察が20人くらい来て2時間くらい検分や事情聴取をして帰りました。

保護者様がずっと恐縮していたのがかわいそうでした。

警察が、第三者の目撃者証言が欲しいとのことで、授業中に生徒一人一人に、「酔っぱらいが自分で転んだ瞬間」を目撃していないか聞いたのですが、ちょうどその瞬間を見た生徒はいませんでした。

最後に警察の人が私に、「あの酔っぱらい(転んだほうじゃなくて絡んだほう)はこの辺じゃ(酒癖が悪くて?)有名なんだよ。」と言っていました。

塾生も保護者様もとんだ災難でした。

その時間帯、自習室は高校生でいっぱい。

久し振りに来た生徒は、高2ですが、学校では中3の式の展開と因数分解が試験範囲。

少し指導したら思い出してくれましたが、その彼女の言葉が気になり叱りました。

「うちの学校は馬鹿校だから。」

と平気で言うのです。

確かに、その生徒の通う高校は、地域では高いレベルではありません。

というかかなり下の方です。

しかし、どの高校に通っているかより、高校の3年間で何を学んだかのほうが大事だと私は常々思っています。

彼女が駅前の飲食店で一生懸命アルバイトしている姿は、色々な人から聞きますし、愛想も良く、因数分解ができなくても、しっかりと社会でやっていけると思います。

福祉の勉強に力も入れているので、今後が楽しみです。

何より、自分でワークを解いたり、わからない所を聞きに来る姿勢が身についただけでも、中3の時と較べればしっかりしてきたので、私はそれだけでも嬉しく思います。

そう評価しているとも知らず、わざわざ自分を卑下する発言をしてはいけませんね。

しかし勉強することは、人生において大切なことなので、テスト前だけではなく、バイトの休憩時間にも勉強するくらいになってもらいたいです。

ということがあり、体験授業の準備その他諸々、片付けて終了。

人生毎日の経験が糧になりますね。

|

« 【時事問題2012年10月その2】ノーベル賞特集 | トップページ | 10月度ランチ会&セミナー開催 »

塾長の記事」カテゴリの記事

教室全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/55901273

この記事へのトラックバック一覧です: とんだ災難:

« 【時事問題2012年10月その2】ノーベル賞特集 | トップページ | 10月度ランチ会&セミナー開催 »