« 秦野お掃除隊、渋沢駅出動 | トップページ | 昨日の卒業生の相談とは »

【時事問題2012年10月その3】テスト対策

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は、時事問題2012年10月その3ということで、最近起こった出来事を見ていきます。

いつものように、赤い字がキーワードになっています。

東京都知事石原慎太郎氏が辞職しました。

理由は、新党を結成し、次期衆議院選挙に立候補するためです。

石原氏は都知事になる前は衆議院議員で、自民党に所属していました。

過去には環境庁長官や運輸大臣(現在の国土交通大臣)を歴任しています。

・300人以上が死亡した2009年のイタリア地震で、その直前に地震学者らが安全宣言を出したことが被害を大きくしたとして、地震学者ら7人に禁錮6年の有罪判決が出ました。

・11月にワールドカップが行われるフットサル日本代表に、元サッカー日本代表の三浦知良(かずよし)選手が選ばれました。

三浦選手は45歳の今もサッカーJ2横浜FCに所属する現役選手です。

・政府は、女子レスリングで前人未到の国際大会13連覇を達成した吉田沙保里選手に、国民栄誉賞を授与することを正式決定しました。

女子スポーツ選手では、マラソンの高橋尚子、昨年のなでしこジャパン(女子サッカー代表選手たち)に続き3組目です。

ちなみに、国民栄誉賞受賞者は吉田選手で20組目(なでしこジャパンのみ団体で、それ以外は個人)です。

メジャーリーグで活躍を続けるイチロー選手は、2001年と2004年の2回、当時の首相から国民栄誉賞を打診されましたが、「選手として現役でいる間はもらえない。」と辞退しました。

・パソコンから学校や官公庁などに犯行予告を送ったとして、各地で数名の一般人が逮捕されました。

しかしそれらは全て、ウイルスに感染したパソコンを、犯人が遠隔操作して行ったものと判明し、警察は誤認逮捕を認め全員釈放しました。

警察が逮捕の決め手としたのは、IPアドレスという、パソコン1台1台に割り当てられた識別番号からです。

・最高裁判所は、前回の参議院選挙で一票の格差が最大5倍となったことについて、違憲状態と判断しました。

一票の格差とは、選挙区により人口と当選者数の割合が不均等になり、同じ国民が投じた一票でも、ある県では、他の県の5人分の価値があるという状態のことです。

具体的には、前回の参議院選挙では、議員一人あたりの有権者数が24万人の鳥取県と、121万人の神奈川県が、最も差が開きました。

一人の国会議員を選ぶのに、鳥取県民の一票は、神奈川県民の五票分に相当する価値があるということです。

・9月の自民党総裁選で、安倍晋三氏が総裁になりました。

安倍総裁は、5年ほど前に自民党総裁そして総理大臣だった人です。

・就任したばかりの田中慶秋法務大臣が、外国人献金や暴力団との交際問題などが原因で(表向きは体調不良のため)辞任しました。

後任には、元法務大臣の滝実氏が決まりました。

前回10月15日の時事問題は、以下にリンクを貼っておきます。

【時事問題2012年10月その2】アメブロ版

|

« 秦野お掃除隊、渋沢駅出動 | トップページ | 昨日の卒業生の相談とは »

塾長の記事」カテゴリの記事

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/55995153

この記事へのトラックバック一覧です: 【時事問題2012年10月その3】テスト対策:

« 秦野お掃除隊、渋沢駅出動 | トップページ | 昨日の卒業生の相談とは »