« ある日のある人との会話 | トップページ | 駅前商店会福引当番 »

伝説の講師登場

今日もありがとうございます。塾長です。

私は授業をしません。

それには理由があります。

講師が急病などで休んだ場合、その代わりに授業をするためです。

サービス業である学習塾では、生徒の都合により授業が行われない(欠席)ことについては、あっても仕方がないと思います。

もちろん、台風などにより生徒の危険を回避するための休講も、当然の措置です。

しかし、サービスを提供する教室側の都合で、授業が予定通り行われないことは、あってはならないことだというのが私の考えです。

そのために、私が常に講師の予備として控えているので、通常の授業を行うことはありません。

そんなスーパーサブ(笑)の私の出番が、昨日ありました。

講師が急病という理由です。

科目は、中学2年生の英語と数学と国語でした。

スーパーサブなので、どんな科目でも、どの学年であっても、すぐに授業できないといけません。

はい、滞りなく授業は終了しました。

周りにいた生徒たちは、私が授業をする姿を初めて見る子も多く、また、講師でも私の授業姿を初めて見たという講師もおり、皆驚いていました。

できれば、「華麗な授業だったこと」に驚いて欲しかったのですが、そういうコメントはありませんでしたね(笑)。

そして2コマ目、教室のピンチを知らせる講師間連絡網により、非番の宇田川主任が駆けつけてくれ、授業を引き受けてくれました。

「塾長に授業をしてもらうなんて、申し訳ないです。私にやらせて下さい。」

と、他の用件で遠い所にいたにも関わらず、1時間半かけて教室に来てくれました。

こういう意識の高い講師陣に支えられているので、私も安心です。

最後に、授業報告書のチェックを主任にしてもらい、無事終了となりました。

当教室では授業後に、各講師が主任講師に授業報告書のチェックを受け、OKが出ないと帰れません。

塾長である私でさえ、講師として授業をしたからには、主任のOKをもらわないといけないのです。

幸いなことに一発で通り、ホッとしました。

元カリスマ講師とか言っておいて、質の悪い授業や報告書などを見せたら、示しがつきませんからね。

体調不良の講師にも連絡し、無事を確認したので、一安心です。

一息ついて、弟子の様子でもと思い、早稲田育英ゼミナール加美教室 大村塾長のブログを読んでびっくり。

何と加美教室でも講師が高熱で、急遽大村塾長が授業をしたとのこと。

さらに体験授業と保護者面談もこなしたと言うのですから、またしても弟子に負けました(笑)。

まあ、タイトル通り伝説の講師現るってことで、今日は許して下さい。

|

« ある日のある人との会話 | トップページ | 駅前商店会福引当番 »

塾長の記事」カテゴリの記事

授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/55242540

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の講師登場:

« ある日のある人との会話 | トップページ | 駅前商店会福引当番 »