« 夏期三者面談スタート | トップページ | 【時事問題2012年7月その1】テスト対策 »

入塾して最も変わったこと

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日から面談が始まっています。

初日と2日目は、中3生の三者面談です。

面談をすると、塾生の自宅での様子がわかり、非常に興味深いです。

特に、4月から入塾した生徒と面談すると、入塾前と入塾後で、自宅での過ごし方に明らかに違いがあるのがわかります。

保護者様たちが口を揃えておっしゃるのは、「家で机に向かう時間が増えた。」ということです。

教室では当然宿題を出すので、自然と家でも勉強しなければならなくなります。

ですから学習時間が増えるのは、当然と言えば当然ですね。

ただ、稀に宿題をやらない生徒もいます。

そういう生徒に対して教室では、居残りなどの措置をとりますが、中には事情で居残りさせられない生徒もいます。

講師たちは工夫して、そういう生徒には、授業中に「宿題をやってこないとこんなに辛いのか。」という、ある事をしています。

そうすると、生徒たちは宿題をやらざるを得なくなり、結果的に家庭での学習時間が増えるのです。

必ずしも学習意欲がある生徒ばかりではないので、その生徒に合わせて指導方法だけでなく、そういうことも個別に対応しています。

面談では、特に受験生は、もう後がないことがわかってきているので、殆どおとなしくこちらの指示を聞いてくれます。

私たちも、生徒が志望する学校へ合格するにはどうしたらいいかを細かく指示しますが、それが功を奏するのは、大体夏休みからです。

その前はどうしても部活動を引退していないという理由で、そちらに情熱をかける受験生も多いからです。

昨日もついエキサイトして、面談初日だというのに、既に声が嗄れてしまいました。

今日は少し冷静に話そうと思います。

|

« 夏期三者面談スタート | トップページ | 【時事問題2012年7月その1】テスト対策 »

塾長の記事」カテゴリの記事

教室全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/55091015

この記事へのトラックバック一覧です: 入塾して最も変わったこと:

« 夏期三者面談スタート | トップページ | 【時事問題2012年7月その1】テスト対策 »