« 中3生入塾受付締切日決定 | トップページ | 新規入塾<自習室開放 »

講師としての教室への想い

いつもありがとうございます。塾長です。

かつて教室の主力として大活躍していた講師が3年ほど前、早稲田育英ゼミナール本部からの依頼で、全国の塾長が読む冊子にコラムを執筆しました。

たまたまその冊子が出てきて読み返したのですが、非常に良い内容だったので、ここに掲載したいと思います。

『講師としての教室への想い』

謙遜でも、皮肉でもなく自分にはこの仕事は向いていないと思います。

それでも私が講師を始めて既に2年近くの月日が経ちました。

そして、これまで一度も辞めたいと思ったことはありません。

それは、私が勤めている東海大学駅前教室には、つい足を運びたくなる魅力があるからなのだと思います。

そこで今回は、これまで私が感じ、考えたこと、そして、私たちの教室のことについて少しご紹介したいと思います。

私は元々、外国人の生徒及び児童へ学習支援を行うボランティア活動に参加しており、それに役立てばという思いからこのアルバイトを始めました。

しかし、この東海大学駅前教室での塾講師という仕事は、それまで私が想像していたものとは全く違うものでした。

塾長の「塾は教育業ではなくサービス業である」という言葉は、初めて聞いた時から今も頭の中にある言葉です。

私たちの教室は、生徒がただ勉強するだけの場でなく、楽しんで勉強できる場だからこそ、それがうまく回りまわって良い方向に向かっていくのだと感じています。

しかし、楽しく勉強するなど言葉にするのは容易でも、実際にそれを行うことは中々に難しいものでした。

今でも、私はそれを充分にできているとは思っていません。

きっと、どうしたらよいかと同じことで悩む講師の方も多いのではないでしょうか。

一つ、如何に生徒との距離を縮めるかということが大切だと言えますが、それだけでなく、自分と周りの講師との距離を縮めることも必要なのではないかということが、私の考えです。

講師間で生徒についての情報交換を積極的に行ったり、塾に来られない際の代行を立てやすかったり、実務面でのメリットも挙げられますが、私の場合は単純に、それがこの塾を好きになるために大切だと思いました。

きっと周りの講師も同じことを考えている気がします。

勉強を教えること、生徒と話すこと、授業後の雑談、はたまた塾長の人柄か、講師が何に魅力を感じているかは各人各様ですが、私たちの教室には、私たちの教室を好きな人がたくさんいます。

塾が好きで、楽しいからこそ、各々が各々のかたちで貢献しようとする―それが今、うまく回っているから、生徒たちに愛される教室になっているのだと思います。

|

« 中3生入塾受付締切日決定 | トップページ | 新規入塾<自習室開放 »

前田先生の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/54975629

この記事へのトラックバック一覧です: 講師としての教室への想い:

« 中3生入塾受付締切日決定 | トップページ | 新規入塾<自習室開放 »