« 困難があっても | トップページ | テスト期間中の授業 »

3年前と3年後

いつもありがとうございます。塾長です。

まだまだ教室の混雑は続いています。

昨日も書きましたが、昨年までに比べて、自習に来る生徒は明らかに増えています。

自習であっても、毎日誰が何時から何時まで滞在していたのかは記録されていますが、それを昨年の同時期のものと比較すると、よくわかります。

毎年、その年の中学3年生を、○期生と呼んでおり、今年は6期生ですが、この学年は、全国模試の結果を見ても、特に優秀な成績というわけではありません。

しかし、明らかに、一人あたりの教室滞在時間は、過去の5期生までより長いです。

もちろん、授業以外に一切教室に来ない生徒もいます。

しかしそれが悪いわけではありません。

その生徒がしっかりと授業に向かい、宿題もこなし、成績も上昇しているのであれば、その生徒は自分の学習スタイルを確立しているので、全く問題ありません。

ただ、教室滞在時間が長ければ、我々がその生徒の学習状況を、より細かく把握できるという点で、指導がしやすくなるのも事実です。

例年、教室滞在時間が長い生徒は、全国模試の結果が右肩上がりになる傾向が強いので、今後が楽しみです。

昨日は、中学生に混じって、同じテスト期間の高校生も来ていましたが、私は、ある高3生の、AO入試対策をしていました。

3年前、中3生の時はへらへらしていた生徒ですが、「えっ、そんな進路に興味があるの。」と驚くような出願先でした。

それでも、頼って来てくれるのは嬉しいので、色々と策を練って指導をしました。

さて定期テストはまだ続きます。

3年後にどのような進路を選択するのかまだまだわからない中3生たちが、今日も主役となる教室でしょうが、それに混じった1・2年生も頼もしく見えます。

頑張っていきましょう。

|

« 困難があっても | トップページ | テスト期間中の授業 »

テスト」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/55068163

この記事へのトラックバック一覧です: 3年前と3年後:

« 困難があっても | トップページ | テスト期間中の授業 »