« 【時事問題2012年5月その2】テスト対策 | トップページ | 気温の変化 »

公立校教師の裁量

今日もありがとうございます。塾長です。

中間テストの結果が返却され始めました。

結果は今のところ総じて上々です。

しかし、ある学校のある学年のある科目だけは、非常に低い点数の生徒ばかりでした。

話をよく聞いてみると、そのテストを作成した先生は、「平均点が30点になるようにテストを作る。」と公言していたそうです。

公立中学校の定期テストで平均点が30点のテストというのは、いかがなものかと思います。

作成した教師の自己満足でしかないでしょう。

生徒のことを考えていない典型的な例だと感じます。

そういうテストを作成しても、何のお咎めもないというのが、公立中学校の現状なのですね。

不快を通り越して呆れてしまいます。

生徒に被害が及ばないことを祈りますが、時すでに遅しでしょうか。

ある公立高校のある教科の先生も、私としては納得できません。

その先生は、新入生に対して課題を出すのですが、その内容が、難関大学の入試問題を多く含んでいるのです。

自習室に来た卒業生たちが講師に質問してきたのですが、講師たちも授業の合間にちょっと解くというようなものではなかったため、かなり焦っていました。

それができないと、再提出や低評価などの措置がとられるそうです。

1年生に入試問題を見せて、「後々はこの問題くらい解けないと○○大学には合格できない。」と教えておくくらいならば良いとは思いますが、それができないと評価が著しく下がったり、再提出などを強制させるというのも、違うような気がします。

これまた公立高校の先生の話なので、公立って本当に自由だと思うと同時に、そういう先生にたまたま当たった生徒は、不運としか言いようがないと思います。

結局その生徒たちは、部活や休日を返上してその課題に取り組むので、他の教科の勉強はほとんどできないし、毎週常に疲弊しているようです。

ある保護者の方もそのことを気にしていて、学校選択を誤ったとまで言っていました。

こうなってくると、その教師のせいで、その学校に行っている意味があるのか疑問に感じてきます。

これから進路指導の時に、そういう教師がいる学校だと、受験生に強く伝えていかなければなりません。

何のために教科書があるのかさえ理解していない教師もいるということを、皆さんも知っておいて下さい。

|

« 【時事問題2012年5月その2】テスト対策 | トップページ | 気温の変化 »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/54770541

この記事へのトラックバック一覧です: 公立校教師の裁量:

« 【時事問題2012年5月その2】テスト対策 | トップページ | 気温の変化 »