« 入学式を終えた新入生の方へ | トップページ | 春の嵐 »

講師は学生ですか?

今日もありがとうございます。塾長です。

教室では通常授業が始まりました。

学校の授業がまだ始まっていない生徒が殆どですが、授業は先へと進んでいきます。

各曜日の担当講師も入れ替わり、また、生徒で曜日を移動したり、新しく入った生徒も多く、非常に新鮮な新年度のスタートです。

4月中は、まだ担当講師が確定しておらず、これから各曜日の生徒の授業に合わせて微調整をしていきます。

この時期は毎週新しい塾生が入ってくるので、その調整にも追われています。

塾生に快適なサービスを提供するためには、まず第一に講師に快適な職場環境を提供しなければなりません。

そのためにも塾長である私が、色々と考えていこうと思います。

うちの講師は、学力と性格はもちろんですが、人として生徒のお手本になるような人間でなければ務まりません。

かなり厳しい基準で採用し、2か月間の研修でふるいにかけ、向いていない人や能力の劣る人には、早い段階で見切りをつけます。

生徒の模範となるべき講師が、社会のルールや人として大事なことを守れないのでは話になりませんからね。

先日当教室が他の個別指導と比べて最も異なる点は何か、体験授業に来た保護者様に聞かれたのですが、その答えはズバリ「講師の質」です。

個別指導の講師は、アルバイトの学生や大学院生というのが殆どです。

それは、個別指導塾の経営上そうならざるを得ないからなのですが、それを心配する保護者様がいるのも事実です。

「アルバイトの学生が教えて大丈夫なのか。」という不安です。

それに対する答えは、「学生だからダメで、社会人だから安心というのは間違いで、学生でも意識の高い人は、責任を持って仕事をしますし、社会人でも意識の低い人は、無責任な振る舞いをします。」ということです。

つまり、安易に学生だからとか社会人だからとかという尺度で見ないで欲しいのです。

考えてみて下さい。

皆さんが会社で仕事をしているとして、正社員が全員、責任を持って完璧な仕事をしていますか。

また逆に、パートのおばさんやアルバイトの学生は、皆無責任で、しかも能力がないのですか。

そんなことないでしょう。

それと一緒で、うちの教室みたいに、しっかりとした採用基準と研修制度を設ければ、レベルの低い講師は存在しなくなるので、塾選びの際は、そういうところまできちんと見て欲しいですね。

それでも納得ができない方のために、念のため数字を出しておきます。

当教室が開校して以来5年間で、88人の高校受験生が卒業していきましたが、そのうち86人は第一志望校に合格しています。

なんだ100%じゃないのかと思う方もいるかもしれませんが、これが当教室の歴代講師たちの努力した結果であり、私自身は誇りを持ってこの数字を公言できます。

|

« 入学式を終えた新入生の方へ | トップページ | 春の嵐 »

塾選び」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/54377290

この記事へのトラックバック一覧です: 講師は学生ですか?:

« 入学式を終えた新入生の方へ | トップページ | 春の嵐 »