« テスト対策期間の設定 | トップページ | 学習塾経営相談終了のお知らせ »

文系と理系の所得格差

今日もありがとうございます。塾長です。

ニュースで観たのですが、文系と理系では、理系の人のほうが平均年収が高いという研究調査結果を京都大学の研究チームが発表しました。

物理・科学・生物の中では、物理が得意な人が最も平均年収が高いそうです。

また、文系の中でも、大学受験時に数学を受験で使った人は、使っていない人よりも平均年収で100万円ほど高くなるということでした。

非正規雇用者の割合は、文系約12%に対し、理系が約5%と、正社員になれるかどうかにも文系理系は関係しているようです。

小さい頃から算数好きになってくれれば一番いいですが、根気強く論理的に考えられるようになるには、算数・数学の力を上げたほうがよいでしょう。

論理的思考ができるようになれば、様々な場面で、その思考法がその人を助けてくれるでしょう。

算数・数学が苦手な方も多いと思いますが、チャレンジして損はないので、将来を見越して今からしっかりと勉強しておきましょう。

|

« テスト対策期間の設定 | トップページ | 学習塾経営相談終了のお知らせ »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/54442828

この記事へのトラックバック一覧です: 文系と理系の所得格差:

« テスト対策期間の設定 | トップページ | 学習塾経営相談終了のお知らせ »