« 文系と理系の所得格差 | トップページ | 新年度の自習室 »

学習塾経営相談終了のお知らせ

いつもありがとうございます。塾長です。

先日開設した「はだの中高生お悩み相談室」に、早くも2件の相談がありました。

相談内容を読んでいると、皆色々と悩みがあるのだということがよくわかります。

まだタウンニュースでしか、相談室の存在を公表していないのですが、相談件数としては順調だと思います。

ボランティアで地域の人々のために始めたことなので、一人でも多くの方に利用して頂ければ、私たちも本望です。

私はこのお悩み相談室以外に、「東海大学生お悩み相談室」、「全国学習相談」、「学習塾経営相談」を、全て無料でやっています。

特に経営相談は数が多いのですが、この「学習塾経営相談」に関しましては、やめることにしました。

正確に言うと、無料での相談をやめることにしたのです。

これからは有料相談にさせて頂きます。

今まで無料で多くの学習塾経営者の相談に応じてきましたが、はっきり言って、ほとんどの人が、アドバイスしたことを実行してくれていません。

さらにその後の報告もなく、ひどい人は、塾名を変えたりしてもそのことを教えてもくれません。

私も一応塾長として、真面目に自分の教室の経営に取り組んでおり、その合間を縫って相談を受けています。

ボランティアで行う学習相談やお悩み相談ならば、それをすること自体に意義があるので、どんなに時間がなくても真摯に取り組めます。

また、それで相談者の悩みが解決に向かうと思えば、その後の報告などなくてもやりがいを感じているので、大変でも続けることができます。

しかし経営相談の場合は、ふつうコンサルタントに相談したら何万円から何十万円もかかるところを、無料で細かいアドバイスをしているので、こちらとしても相談した人はその後の報告をするべきだと思うのは私だけでしょうか。

また、いくら私が真面目に考え、アドバイスしても、それを実行してくれなかったら、何のためにアドバイスしたのかわかりません。

「無料だからとりあえず訊いてみるか。」みたいなノリで相談されても正直迷惑です。

そういう人に限って、相談しっぱなしでその後の報告などありません。

報告がないということは、基本的にアドバイスしたことを実行していない可能性が高いです。

それなら私が貴重な自分の時間を割いて、真剣にアドバイスする必要もないと考えました。

ただ、本当にどうにかしたいのならば、お金を払ってでもアドバイスを求めてくるだろうということで、わざと有料にするのです。

有料にして相談が来なくなっても構いません。

困るのは私ではなくて相談しない人たちなので。

あと、一応付け加えておきますが、今、某学習塾本部が、私と手を組んで系列FC教室のケアをしたいと申し出ています。

専属契約となった場合は、有料相談自体も終わりにします。

私はただ、すぐ実行してくれるやる気のある人と組みたいだけです。

ボランティアで行っているお悩み相談は、「やる気のある塾長仲間」が集まっているので、ずっと続けられますからご安心下さい。

最後に、私のアドバイスを真剣に実行して下さっている塾長さんたちも何名かおり、その人たちとは今後も良いお付き合いをさせて頂きたいと思っています。

|

« 文系と理系の所得格差 | トップページ | 新年度の自習室 »

お知らせ」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/54451379

この記事へのトラックバック一覧です: 学習塾経営相談終了のお知らせ:

« 文系と理系の所得格差 | トップページ | 新年度の自習室 »