« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

フライングしちゃおうよ

いつもありがとうございます。塾長です。

各学校の新年度スタートが近づいたからでしょうか、体験授業の申し込みが増えています。

塾に行き始める、塾を変えるタイミングというのは、だいたい3月から4月にかけてが多いのですが、集団塾と個別指導塾では、またそのタイミングが違うようです。

個別指導の場合、いつから入塾してもその生徒に合わせたカリキュラムを組むので、入塾時期が結構ばらばらです。

集団塾の場合、4月からのスタートに合わせて入塾される方が多いみたいですね。

同じように、集団塾に通っていて当教室に転塾してくる人は、ちょうど学年の変わり目にいらっしゃる方が多いです。

確かに、いつから入塾してもストレスなく学習を始められる個別指導ですが、苦手な科目や単元、行きたい中学や高校・大学が決まっているのであれば、少しでも早いうちから勉強を始めるべきです。

入試や定期テストは、日程が決まっています。

つまりゴールまでの時間は、皆平等なのです。

しかし自分の気持ち次第で、スタートを早めることはできます。

想像してみて下さい。

フルマラソン42.195kmを、「よーいドン」でライバルと同時スタートするのと、1人だけ1時間早くスタートしているのでは、結果は大きく違ってきますよね。

ですから小・中・高校生の皆さん。迷っているなら早くスタートしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志望校まだ決まらず

今日もありがとうございます。塾長です。

新中3生の三者面談が続いています。

意外というか、予想通りというか、半分くらいの生徒が、「まだ行きたい高校が決まっていない」という状態です。

志望校があることは、勉強に対するモチベーションの維持につながるので、仮でも志望校の設定は必要だと思います。

今はまだオープンキャンパスや学校説明会がありませんが、早い高校では例年ゴールデンウィーク頃から説明会を開催しています。

これから夏休みまでは、部活動を頑張る生徒も多いとは思いますが、1年後を見据えて、勉強も手を抜かずにやっていきましょう。

ライバルたちは、既に受験生としてのスタートを切っていることを、常に念頭に置いて生活して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大学2012年度入学式日程

いつもありがとうございます。塾長です。

自宅のパソコンが壊れたようなので、帰宅後再度教室に来てブログを書いています。

東海大学の2012年度入学式に関する検索が多いので、予定を書いておきます。

湘南校舎の入学式は、4月1日(日)です。

学部によって、午前と午後に分かれています。

関係者の方は、大学からの案内をご確認下さい。

当日は、東海大学駅前商店会青年部や、おおねさんぽメンバーが駅前にてティッシュ配りなどをしているので、見つけたら貰って下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大学駅前教室同窓会計画

今日もありがとうございます。塾長です。

卒業生I君とそのお母様が教室にいらっしゃいました。

内申点の不利を跳ね返して、奇跡の公立第一志望校合格を果たした一人ですが、この3月をもって、めでたく教室を卒業となりました。

先週最後の授業が終わったので、ご挨拶に来て下さいました。

また、申し訳ないくらいにたくさんの講師への差し入れ、そして私や教室長へも結構なものを頂戴しました。

その品物よりも、I君の輝いている目を見て、私は本当に嬉しくなりました。

自分の好きな剣道の強い高校に入学でき、そこでまた剣道に励めると喜んでいました。

剣道もいいけど、勉強にも力を入れて欲しかったので、テスト前には自習室に来て勉強することを約束してもらいました。

I君のお兄さんは、当教室の1期生で、教室が開校して間もない頃、まだ生徒も少ない時から、自習室で友人たちと一生懸命勉強していたのを、つい昨日のように思い出します。

お母様が、「おかげさまで兄弟2人とも、自分の行きたい高校に入学できて本当に感謝しています。」とおっしゃって下さったことが印象的でした。

時が経つのは早いもので、そのI君のお兄さんは今や大学生、車で弟の送り迎えをするまでになりました。

お兄さんの友達で、同じく教室の1期生だったマッツーは、今や当教室の主任講師です。

こうして皆、大人になっていくのだと、感慨深いものがあります。

これからも、塾生も卒業生も大切にしていきたいと思います。

そしていつか、元講師と歴代の卒業生を集めて、盛大に同窓会をやりたいと思う塾長でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はだの中高生お悩み相談室開設

いつもありがとうございます。塾長です。

先週から三者面談をしておりますが、その合間に電話での学習相談にも応じています。

新年度が始まるということで、塾に通い始めたいとか、塾を変えたいという相談が多いです。

私は今、はだの中高生お悩み相談室という、秦野市内の中高生及びその保護者様からの相談を受け付けるボランティアをしています。

秦野市内の地域密着型学習塾の塾長さんたちに集まってもらい、皆で秦野の未来のために損得抜きで、地域のためになることをしようと結成しました。

ですから、この相談室に所属している各塾長に相談しても、色々と適切なアドバイスが聞けると思います。

皆、私より塾経営の経験が長いベテランで、本気で子どもたちのことを考えてくれる人だけが集まっているので、安心してご相談下さい。

この会を結成するにあたって、いくつか取り決めたことがあります。

その一つが、「自塾に勧誘しないこと」です。

あくまでも非営利なので、安心して相談して頂くためにもこれは必須事項です。

それに、メンバーとなっている学習塾はどこも、そんな勧誘などしなくても、信頼と実績で生徒がたくさん集まっているので、勧誘などする必要はないでしょう。

但し、相談者の方から入塾したいと言ってきた場合は、特に断る理由もないので、各教室の空き状況によっては入塾できるかもしれません。

相談内容は、勉強に限定しているわけではなく、進路選択、生活全般、恋愛など、何でも受け付けています。

市内の方、市内の小中高校に通う方、保護者の方、この地域に長く根付いている安心の学習塾塾長たちに、何でも相談して下さいね。

ちなみに相談員は指名制ですが、指名料はもちろん無料です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大学卒業式2012

今日もありがとうございます。塾長です。

一昨日は東海大学大学院、そして昨日は東海大学の学位授与式(卒業式)でした。

最寄の東海大学前駅から大学までの道には、袴やスーツ姿の卒業生が大勢いました。

また、保護者と思われる方々も、学生と一緒にたくさん歩いていました。

卒業(大学院では修了)は、一つの節目としてめでたいことですが、聞くところによると、就職先が決まっていない人も結構いるようです。

しかし卒業したからには、社会人としてこの日本を支えていく人々になって欲しいと願います。

卒業される方々、本当におめでとうございます。

そして、東海大学の卒業生として誇りを持って、これからの人生を歩んで下さい。

さて、1週間後の4月1日には、東海大学の入学式があります。

今度は、高校を卒業して、これから4年間大学生として勉強する人たちが大勢やってくるでしょう。

新入生たちが快適に学生生活を送れるように、私も駅前商店会青年部の一員として、協力していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7年ぶりのプチ同窓会

いつもありがとうございます。塾長です。

教室では春期講習が始まっています。

前学年の復習をする生徒もいれば、新学年の予習をする生徒もいて、個別指導ならではの、一人ひとり違った内容の講習となっています。

昨日私は、主に新中3生を対象とした三者面談をしていました。

既に志望校を決めている生徒もいましたし、全く受験のことなど考えていない生徒もいました。

生徒それぞれ考え方も学力も志望校も違いますから、よく話し合ってみないとわからないことも多いです。

一つ共通していることは、受験生にとっては、入試までの時間は同じということです。

あとは、それをどう意識して、自分の中で有効に時間を使うかによって、最終的な志望校も入試結果も変わってきます。

そのような話を面談でしながら、合間を縫って、教室前にある焼肉東海亭に顔を出してきました。

私の大学の学部時代の同期生が10人ほど集まっていたからです。

学生時代は、とりあえず肉といえば東海亭というほど、私の同級生たちは通っていましたが、さすがに就職、結婚などすると、そう簡単に秦野市に来ることはほとんどなくなっていました。

マスターもかなりの年齢になり、たまに立ち話をすると、昔のことをよく話してくれるので、これはそろそろ同級生たちにも店に顔を出して欲しいと、私がfacebookで話したところ、皆が集まってくれました。

遠くは、福岡から駆けつけてくれた友人もいます。

残念なことに私は春期講習と三者面談があったので、ほんの数分しか顔を出せず、お肉は一口も食べてはいないのですが、久しぶりに旧友に会えて嬉しかったです。

かつての若者たちも、今はもう30歳になり、家庭もあり会社でもそこそこの地位になっていると聞きました。

月日の流れを感じるとともに、皆の報告を嬉しく思いました。

何より変わって驚いたのが、昔はスリムだった友人たちが、結構な確率でメタボの体型になっていたことです。

次は3年後にもっと人数を集めて盛大にやろうということになりました。

果たして3年後、同じ体型でいる友人が何人いるのか楽しみです(笑)。

あ、一応書いておきますが、私は32歳で大学に入学しているので、大学の同級生は、私より一回り年下です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春期講習スタート

今日もありがとうございます。塾長です。

春期講習が始まりました。

1週間と短い期間ですが、参加者には集中して頑張ってもらいたいと思います。

同時に三者面談もスタートです。

特に受験生たちには、しっかりと半年後、1年後、3年後の自分をイメージしながら、計画を立てて欲しいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マージーMVP

いつもありがとうございます。塾長です。

当教室の3月は、今週で終了です。

週末からは春期講習(4月第1週)となります。

その関係で、卒業する生徒など、今週で授業が終わりという人も多いです。

主任講師のマージーの最終授業も昨日でした。

授業が終了に近づくと、元教え子である卒業生が続々とやってきました。

マージーに挨拶をするために集まったそうです。

学年に関係なく集まったメンバーを見て、マージーの生徒たちからの支持の高さにあらためて感心しました。

マージーは理系で、専攻は違いますが、大学院理学研究科の私の後輩です。

中学受験の経験もあり、小学生から大学受験の物理や数学までを幅広く担当していました。

そして歴代の女性講師の中では、最長勤務記録を持っています。

それほど教室に長く貢献してくれ、特に主任講師になってからは、Fゾーンを担当するほどの重鎮でした。

Fゾーンは、教室を6つに分けたうちの、最も核となる場所で、別名「学前の霞ヶ関」と言われるほど重要なポジションです。

そこで授業をする講師は、私の不在時の電話や来客の対応を完璧にこなせる人のみという、極めて厳しく難しい役割を担う場所を、毎週木曜日に守ってきました。

その完璧な仕事ぶりとは裏腹に、実はお嬢様だったりするところが、マージーの憎めないところです。

また、私と同じカインズホームと京都好きという、非常に不思議な人でした。

マメ知識としては、パソコンとお酒にも強かったですよ(笑)。

昨日の授業後は、集まってくれた教え子や、非番なのに来てくれた講師たちと話が弾んでしまい、結局残った仕事を翌日に回すはめになってしまいました。

約4年もの長きにわたり教室に貢献してくれて本当に感謝しています。

教室がここまで発展したのも、彼女の活躍があったからです。

特に、2回目と3回目の最優秀教室賞受賞は、彼女の支えなくしては成しえなかったことだと思っています。

そんな彼女も、もう卒業です。

しかし私は、信じています。

実家がそう遠くない彼女ですから、もし教室で困ったことがあったら、きっとすぐに駆けつけてくれるはずです。

そう思えば、別れの悲しさも和らぎます。

マージーありがとう。

私から君に、最優秀女性講師賞を贈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪い奴っているんですね

今日もありがとうございます。塾長です。

理不尽なことというのは、生きていればいつでも遭遇します。

昨日ある塾経営者から受けた相談の内容も、明らかに理不尽なものでした。

解決の糸口が見つからないような話でしたが、人間のずるさと汚さをよく知ることができました。

筋を通さない人間は、どの業界でも最低ですね。

皆さん注意して下さい。

塾を経営している人は、全てが良い人だとは限りません。

特に金儲けを目的として塾を開業する人がいるのは事実です。

そのような塾に通う生徒もかわいそうですが、そのような塾経営者に振り回される周囲の人もかわいそうです。

昨日の相談を聞いていて、ある塾経営者に対して、これ以上ない怒りを覚えました。

これは、私がかつて働いていた某大手FC個別指導塾の経営者に対して思ったことと同じような感じです。

こういう奴らがいるから、塾に通おうとしている生徒や保護者の中で被害者が出てしまうのです。

口では上手い事を言いながら、目先の利益だけを追求した結果、最後には手痛いしっぺ返しを食らうことは間違いないでしょう。

同じ早稲田育英ゼミナールの経営者の中に、そのような汚い奴がいたこと自体許しがたいですが、それを放置する本部もどうかと思います。

私は本部の経営特別顧問ではありますが、役員ではないので、大きな口出しはできません。

ただ一つ言えるのは、最後に勝つのは、強者ではなく正義だと思っています。

私の教室は、どんなことがあっても、生徒と講師を第一に考え、それを支えてくださる保護者様や地域の人々、さらには近隣の仲の良い学習塾とともに、発展していきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんと来いイワモっちゃん

いつもありがとうございます。塾長です。

イワモト先生の最終授業がありました。

イワモト先生は、当教室が開校した時から、1年間大学受験生として教室に通っていました。

その才能を見抜いた私が、大学合格と同時にスカウトし、講師になってもらいました。

幸いにして本人も教職希望なので、理論と実践を繰り返し、授業の腕前はすぐに上達しました。

入りたての頃は、ほぼ高校生なわけで、色々と社会的なルールもまだ分かっておらず、当時の主任講師たちは、授業の内容よりもそちらを身につけさせることに苦労していたようです(笑)。

小学生から高校生まで、殆どの科目を教えられるエキスパートに育ち、また、生来のマメな性格もあって、主任講師になってからは、とても活躍してくれました。

特に、小学校の教員免許を持つだけあり、小学生キラーと呼ばれるほど、小学生に対する授業は完璧なものでした。

おかげで、当教室に通う小学生の保護者様からは、感謝の言葉が増えたのが印象的でした。

イワモト先生は、スポーツチャンバラの学生全日本チャンピオンでもありました。

非番の時にはボランティアで、後進の指導にあたっており、世界大会にも出場経験があります。

意外と凄い経歴を持ちながら、持ち前のマメさで事務仕事も器用にこなしてくれていました。

先日卒業したタケシ先生と同じくらい達筆で、授業報告書の美しさにも定評があり、とにかく頼れる先生でしたが、今回めでたく卒業となります。

本人は大学院進学を希望していたのですが、彼の優秀さを知っていた研究室の隣のゼミの教授が、某有名大学の附属小学校への就職の話を持ってきたので、そちらへ進むことになりました。

私としてもあと2年は働いてもらえると思っていただけに残念でなりません。

しかし、彼ほど優秀な人材であれば、他から声が掛かるのは当然のこと、それを引き止めるだけの私の会社に甲斐性がないので、致し方ありません。

とにかく新しい職場で羽ばたいてくれることを祈っています。

イワモト先生、生徒時代から通算5年間ありがとうございました。

私の教室の1期生そして元主任講師として、これからも飲み会などには参加してくださいね。

今後のご活躍をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全県模試を行います

今日もありがとうございます。塾長です。

神奈川県の模試では、結構規模の大きな全県模試というものがあります。

本日は祝日のため、新中3生と新中2生を対象とした、全県模試合格力判断テストが、神奈川県内の多くの学習塾で行われます。

当教室も会場になっているので、塾生以外でも受けることができますが、教室の収容人数の問題で、一度に20人までしか受けることはできません。

各中学校から生徒たちには、案内が配られているのですが、一般で申し込むと、非常に遠い会場まで行かなければならないそうです。

教室では、数名の塾生以外の生徒も受け入れる準備をし、実際に申し込んできた生徒もいます。

神奈川県の公立高校入試制度は、新中3生の受験(平成25年度入試)から大きく変わるので、今まで入試本番と同じような内容だった模試ですが、果たしてどこまで本番に近づけるのか、それは誰にもまだわからないと思います。

手探り状態ですが、受けないよりは受けたほうが、次の作戦を立てやすいので、受ける生徒には真剣に頑張ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

罪悪感

いつもありがとうございます。塾長です。

教室自体は昨日は休校でしたが、新年度及び春期講習の準備があるため、少し仕事をしました。

そして教室に本棚が必要だということで、夕方ホームセンターに行ってきました。

よく行くホームセンターといえば、私が息子に「動物園」と教えているカインズホーム秦野店です。

昨日も、「動物園行くよ。」と、純粋無垢な幼児を騙して連れていきました(笑)。

陳列されている商品としての動物を見て、無邪気に喜ぶ息子。

それを見て少し罪悪感を感じるダメな父親の私です。

その罪悪感を払拭するべく、その後はファミリーレストランでお子様ランチを振舞いました。

ファミレスに行くと、必ずおもちゃ売り場とガチャガチャの機械が置いてあるんですよね。

子供連れを呼び込む罠にまんまとはまる鈴木家でしたが、楽しかったのでよしとします。

帰宅し子どもと遊んで、寝かしつける時に、うっかり寝てしまったため、夜中に起きてまた教室に行くはめになりました。

結果的に普段の日より遅い帰宅時間となりましたが、まあ、こんな日もあっていいでしょう。

教室では今週末から春期講習ですが、3月で卒業する生徒たちにとっては最終授業の週となります。

良い形で、新しい中学、高校、大学生活を送ってもらうために、講師たちには、最後まで緩めることなく厳しい授業をしてもらおうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミーティングと歓送迎会

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は講師ミーティングでした。

ベテランから新人まで、東北へボランティアや海外へ短期留学に行っている講師を除き、ベテランから新人まで15人以上の講師が集まりました。

新年度から中学生が新しい教科書に変わるので、新しい教材の採択についての話し合いなどもしました。

全塾生に配布する教材は確定し、準備もできているのですが、個別指導の学習塾としては、それだけでは不足です。

各塾生の理解度、到達度に合わせて、配布した教材以外をその場その場で提供できるようにしなければなりません。

そこで、講師たちが選べるだけの種類の教材を、教室用として準備しておく必要があります。

昨日の話し合いでは、結局本棚が一つ足りないということになりまして、増やすことにしました。

ミーティングでは、特に新人の講師に対して、いかにしてすぐにハイレベルな仕事ができるようになるかということを細かく話しました。

誰でも最初は新人ですが、学習塾業界に限らず、新人だから仕事の質が低いということがあってはなりません。

常に細心の注意を払って、最高のサービスを提供できるように頑張ってもらいます。

ミーティングの後は、地元商店会でいつも利用している居酒屋剣友楽において、歓送迎会を行いました。

今回卒業する講師は4人です。

毎年のことですが、ベテランでエース級の活躍をしている講師が抜けるのは、教室にとっては大きな痛手です。

しかし、彼らのより明るい将来を考え、毎年笑顔で送り出すことにしています。

そして、新しく来た講師には早くスキルを上げ、また、他の講師たちと仲良くなってもらいたいところです。

歓送迎会には、数年前に送り出された元講師も数名参加してくれました。

ミーティングでも話したのですが、人と人との出会いは、本当に「縁」だと思っています。

ですから私は、出会った人とは何らかの縁で結ばれていると思い、その縁を大切にしていきたいと考えます。

うちの講師が皆、長く勤務してくれる理由の一つに、快適な職場の人間関係があるのは間違いないです。

そこでこれからも、塾生も大切にしますが、それと同じくらいに講師のことも大切に思って接していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のような

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は、先日晴れて教室を卒業したAさんとMさんが教室に遊びに来ました。

勉強ではありません(笑)。

講師たちと色々話をしに来たのです。

私は少ししか話ができなかったのですが、担当だった講師たちと授業の前の時間に談笑していました。

先日まで受験生だった時は厳しく接していましたが、卒業してしまえば可愛い我が子のような存在です。

卒業しても我が家のように思って来てくれる生徒がいることは、私にとってとても幸せなことです。

講師も生徒も卒業してもずっと仲良しでいたいですからね。

しかし卒業生が気軽に寄れる塾としては及第点ですが、「気軽に勉強に来てくれる塾」としてはまだまだですかね。

来週はもっと大人数で来てくれると言っていましたが、できれば勉強道具を持ってきて欲しいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山積みダンボール

今日もありがとうございます。塾長です。

自習室は今、ダンボールが山積みになっています。

それらには新年度用の教材が入っています。

週末の講師ミーティングの時に全て仕分けし、その後各塾生に配布するのですが、それまでは他に置き場がなく、体験授業の時でもそのままにしています。

4月から中学校の教科書が全面改訂となるため、教材も全て新しくなります。

講師用の物も全て新しくなるので、その入れ替えにもひと苦労しそうです。

特に、学校のテスト対策に使用する教科書準拠の教材は、多くの種類を置いているので、その全てを新しくするのには費用も相当かかってしまいます。

幸いにして?この時期はあまり自習室を使用する生徒がいません。

昨日も2人ほど勉強していたくらいです。

新中3生には、今からでもすぐに自習室を利用して欲しいと願いつつ、ダンボールの整理をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさか、これが!?

いつもありがとうございます。塾長です。

新年度へ向けて生徒の動きが活発になってきており、当教室でも無料体験授業が続いています。

体験授業のお申し込みを頂くのはありがたいことなのですが、昨日あたりから困ったことになりました。

体験授業中は、私が保護者様と面談し、生徒様のご家庭や学校での様子などを細かく聞いて、今後の最善の方針を考えていきます。

非常に大事な1時間なのですが、昨日から鼻水が止まらなくなり困っています。

数年前に耳鼻科で血液検査をした時、花粉に対するアレルギー反応が出ていると言われました。

花粉の飛散する季節になって、もし我慢できなくなったら薬をもらいにいこうと思って過ごしていたのですが、幸いにしてここ数年では、特に花粉症の症状は表れませんでした。

しかしここ数日様子がおかしいと思い、耳鼻科で検査をすると、花粉症以外に考えられないというようなことを言われました。

そう言われたからなのか、急に花粉症の症状が出てきてしまいました。

薬は処方されたのですが、飲んでも効いていないようです。

他の仕事は何とかこなせますが、面談は結構辛いですね。

まだ花粉症と確定したわけではありませんが、もしそうなら、これからずっとこの季節は辛く過ごさなければならないようです。

とりあえず薬が効くことを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケシFOREVER

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日はタケシの最終授業でした。

タケシは生徒ではありません(笑)。

当教室の看板講師で、事務長という重職(事務方のトップ)についている先生の愛称です。

仲間の講師たちからは、先生と呼ばれずにタケシ・タケちゃんと呼ばれていました。

おそらくタケシを嫌いな人はこの世にいないのではないかというくらいに、温和で人懐っこい性格の先生です。

サンドバッグのように打たれ強く、広い心を持って生徒に接していました。

普段は英語や国語の授業が多かったので、生徒は殆ど知らないと思いますが、タケシの本職は社会の先生です。

中学高校の社会科(地理歴史)の教員免許を持っていて、季節講習での社会の授業は、生徒を陶酔させるくらい魅力のあるものでした。

タケシ曰く、他の講師から盗んだ技も結構あるらしいのですが(笑)。

また、事務長に就任しただけあり、その長い手を生かした事務作業は、他の講師が真似できないほど完璧なものでした。

と書きたいところですが、たまに失敗をしたのも事実です。

しかし不思議なことに、彼の持つ何かが、彼を許す気にさせるのです。

本当に不思議な男でした。

教室の書類は結構手書きに拘っていて、塾生や保護者様宛の手紙や年賀状など、多くの宛名書きがあるのですが、ここ2年間は主にタケシが担当していました。

書道で北海道2位の腕前だけあり、かなりの達筆で、私は随分彼に助けられてきました。

勉強熱心な彼は、この春からまた、国立大学の大学院で教育についての研究をするそうです。

飛行機でないと行けない距離のため、さすがに慰留はできませんでした。

昨日の最終授業では、教え子である高校生数名が、わざわざ挨拶に駆けつけるほどでした。

それほど多くの生徒、講師に愛されたタケシを、私は笑顔で送り出したいと思います。

何かあったら、きっと彼は教室を助けに来てくれると信じて、毎日教室の明かりをつけて待っていようと思います。

タケシ、今までありがとう。

そして、これからもよろしく(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負荷をかけろ

いつもありがとうございます。塾長です。

まだ10人ほど新高1生が授業をとっています。

ちょうど先週末あたりに中3生の卒業式があり、その時を境に彼らは、中3生から卒業生または新高1生と呼ばれるようになりました。

その新高1生の中でも、教室近くのある公立高校に入学する生徒は、学校からの課題が大変そうです。

波状攻撃のように、第1弾、第2弾と続いていて、英語・数学・国語に加え理科や社会の課題も渡されるそうです。

それを聞いて私は嬉しくなりました。

学校側が生徒にどんどん負荷をかけてくれれば、自然と生徒たちも力がつくというものです。

そういう高校が増えてくれれば良いと密かに願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災を考える

今日もありがとうございます。塾長です。

早いもので、あの大震災からもう1年経つのですね。

震災後は、余震や停電で教室も結構大変でした。

ブログを読み返すと、当時の毎日毎日が必死だった教室の運営状況が思い出されます。

特に計画停電で、授業がいつ中止になるかわからないという状況だったのをよく覚えています。

しかし、津波などで亡くなられた方や、今も避難生活を続けている方から較べれば、この教室の苦労など微々たるものです。

昨日は1日、震災関連の報道が続きました。

忘れたくても忘れられない出来事であり、忘れてはならない出来事でもあります。

かつて国家的な苦難を幾度も乗り越えてきた日本人ですから、必ず今回も復興、復活できると信じています。

もちろん我々も、その復興に協力していかなければなりません。

大学生の講師たち数人は、この春休みに被災地へボランティアに行っています。

私自身にできることは、震災などの国難に負けない力を持った青少年の育成だと思っています。

学習塾だから学力だけというわけではなく、一人ひとりが生きる力を持った人材の育成を目指して、これからも教室の運営を続けていきます。

震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々に改めてお見舞い申し上げます。

合掌

塾長 鈴木鯛功

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとお出かけ

いつもありがとうございます。塾長です。

今日はちょっとした所に出かけております。

教室のほうは生徒は来ず、先生たちが数名仕事をしに来るそうです。

さて、塾長がどこへ行ったのか、明日以降のブログでわかるかもしれませんよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春期講習で差をつけろ

今日もありがとうございます。塾長です。

神奈川県の新年度からの入試スタイルは大きく変わります。

それを考えると今の中学2年生は、例年以上に勉強をし、学力を養わなければなりません。

春期講習は、そのような勉強の時間をたくさんとれる時間です。

しかし、例年より申し込みが少ないような気がします。

せっかくライバルに差をつけられるチャンスなのですから、ここで一気に力をつけて欲しいと願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜帰宅は続きます

いつもありがとうございます。塾長です。

入試が終わって一息つけるのかと思いきや、新年度へ向けての動きがあり、なかなか休まる暇がありません。

昨日も、小学4年生と中学1年生の体験授業及び保護者面談を行いました。

基本的に私は、体験授業に来た方全員に、他塾で体験授業を受けてくることを勧めています。

そのほうが、例えその生徒が他塾に入塾したとしても、皆が幸せになる確率が上がるからです。

ただ昨日は、体験が終わって保護者様と生徒さんが少し話してすぐに、入塾したいとの申し出があり、他塾の体験授業を勧めてもダメでしたので、その場で入塾を受け付けることにしました。

ある卒業生が保護者様と一緒に、ご兄弟の入塾手続きと、塾へのお礼の手紙を持って来て下さいました。

読むと、私の知らない所で、その卒業生はそういう風に思っていたのかと、初めて知って感動する内容もありました。

まだ高校生は学年末テスト期間中ですので、数名が自習に来ていますが、自習室は面談のため使えず、教室内での自習となっています。

入塾受け付けや春期講習の説明なども含めると、授業時間中は殆ど事務仕事ができないので、生徒が帰ってからの仕事がたまってしまいます。

昨日も帰宅は午前2時30分でした。

通常は、1時半くらいまでの仕事はよくありますが、さすがに2時を超える仕事が最近続くので辛いと思い始めました。

それでも例年のことなので、愚痴ってはいけないのですけどね。

しかしこの仕事を全てこなしていかないと、新年度の運営がうまくいかなくなります。

気の利いた記事も書けない状況ですが、普段から大した記事ではないので、それはあまり気にせずに、日々淡々と仕事をこなしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つのプライスレス

今日もありがとうございます。塾長です。

地元の親友、松屋不動産の福嶋社長から電話があり、行ってみるとそこにはなんとあの、超カリスマセミナー講師の谷田貝孝一先生がいらっしゃっていました。

この本の著者の方です。

相変わらず福嶋さんすごい人脈持ってるなと感心しつつ、少しだけ谷田貝さんとお話させて頂きました。

短い時間だったのですが、普段セミナーではお話にならないようなことを聞かせて頂き、衝撃的な刺激を受けました。

まさにプライスレスの出来事でした。

福嶋さん、谷田貝さんありがとうございました。

夜、少しだけ教室を抜け出して、教室前の焼肉東海亭へ。

理由は、ある受験生に「受かったら焼肉おごってやる。」という約束を果たすためです。

もちろんその受験生1人ではなく、同じ学校の仲良しグループ5人と、その中学校出身の講師も呼びました。

私、たまに受験生にハッパをかけるために、結構色々と約束してまうことがあるのですが、それはそれで、実際に合格できたのならばめでたいことなので、焼肉くらい安いものですよ。

それに、集まった生徒たちの笑顔や、会話の内容を聞いていたら、本当につくづく塾をやっていてよかったと思いました。

それほど生徒たちが、教室や講師のことを信頼していたことを感じられるひと時でした。

まさにプライスレスの時間を過ごすことができました。

塾生たちよ、ありがとう!

ということで、昨日あった、2つのプライスレスについてでした。

今日もきっと、プライスレスな出来事が待っていると思い、2名様の体験授業と保護者面談、そして講師研修などをこなしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春は別れの季節

いつもありがとうございます。塾長です。

そろそろ、講師の卒業も近づいてきました。

個別指導塾の講師は、どこの教室でも殆ど大学生と大学院生なので、この時期は生徒も講師も卒業する人たちとはお別れです。

私の教室の場合、生徒は卒業しても頻繁に教室に来てくれるので、そんなに別れが辛いと思ったことはありません。

しかし講師は、就職などで全国各地へ行ってしまうので、なかなか会える機会がありません。

残された数週間の1日1日を、たわいもない会話をしながら、しみじみと昔を振り返りつつ過ごすことになります。

今回は、約4年間勤めてくれた主力の講師が数名卒業します。

私の教室を黄金期へと導いてくれたスタッフたちです。

別れは惜しいですが、それぞれの明るい未来を思い、送り出そうと思っています。

3月中に行われる送別会では、過去に卒業した元講師たちが数名集まってくれることになっています。

私の教室の元スタッフは、このように何かイベントがあると全国から駆けつけてくれます。

この気持ちが嬉しいですね。

今回卒業する講師たちも、遠くは北海道へ行ってしまいますが、何か教室でイベントがあるときには、きっと駆けつけてくれるでしょう。

このような仲間を大切にする気持ちを持っているスタッフが運営してきたからこそ、私の教室は今まで成長してこられたのでしょうね。

生徒たちを見ていても、各講師とは仲良く授業をしている光景をよく見かけます。

講師たちは塾生のためを思い、時には厳しい言葉をかけていますが、それだけ講師が塾生と真剣に向き合っているからそうなってしまうのです。

そういう経験をした生徒たちが数年後に、講師として戻って来てくれれば、例えスタッフが変わっても、教室は常に明るく楽しく時には厳しく、塾生たちにとってなくてはならないオンリーワンの場所になるでしょう。

毎年この時期は辛いですが、皆の明るい未来を思い、耐えて春を迎えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みさと台セミナー田中塾長ご来校

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は、千葉県成田市のみさと台セミナーの田中塾長が、教室にお越し下さいました。

田中先生は、全国的な学習塾同士のつながりと、塾探しをしている方たちへの情報提供を目的とした学習塾経営者が作る学習塾リンク集を主宰している方です。

ブログを読むとわかるのですが、この人はとにかく勉強そして研究熱心です。

ただそれだけでなく、吸収したものを他の人々へ向けて発信する能力にも長けています。

私より一回り年下ですが、非常に熱意があり、そしてやり手の経営者だと感じました。

初めて直接お会いしたのですが、とても話が弾みました。

当初、ブログでの発言内容から、もっと過激な人なのかと思っていましたが、実際にお会いすると、温和で謙虚な方で、とても好印象でした。

もっとお話をしたかったのですが、次の予約のお客様がいらっしゃったので、2時間ほどでお別れとなりました。

また再会を約束し、せっかく東海大学前まで来て頂いたのだから、学前のジョブズこと松屋不動産の福嶋社長にも紹介し、会ってもらいました。

同じような発想力を持つ二人なので、きっと話が弾んだことでしょう。

次は3人でゆっくりとお話をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めでたく記録が途絶えました!

いつもありがとうございます。塾長です。

連続記録は途絶えました。

何の連続記録かって、勤務です。

1月4日からずっと働きづめでしたが、ついに昨日、お休みをとりました。

ちょうど60日連続勤務でした。

開校以来毎年のことですが、11月から3月までは、年末年始の4日間しか休んでいません。

学習塾ですから、入試時期に塾生のために教室を開けるのは当然ですよね。

そして私が昨日したことといえば、息子と遊んだことのみです。

天候の関係もあり、公園には行けなかったのですが、家の中で遊びまくりました。

そして、近所にある大手おもちゃチェーン店に家族で行き、その広いフロアでまた遊びました。

何も買わないのにずっと滞在して、お店としては迷惑な客だったかもしれません(笑)。

そして息子に、次にどこに行きたいかと尋ねると、「ラーメン屋さん。」と即答。

ということで、いつも子どもと一緒の時に行くラーメン屋さん幸楽苑に行きました。

120304_174401

ご満悦で舌を出している様子です。

この後帰宅してから寝るまでまた、ずっと遊んでいました。

ただひたすら、何も考えずに子どもと遊んだことで、かなりストレス解消となった気がします。

さて今日は、千葉県からある塾長さんをお迎えする予定です。

今週も、新年度そして春期講習に向けてたくさんの仕事がありますが、子どもから吸い取ったパワーで乗り切っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ヶ月ぶりの休みはあるのか

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日はコピー機の入れ替えなどがありまして、教室で仕事をしていました。

さすがに授業がなかったので、いつもより早く帰ることができました。

色々と新年度や春期講習の準備があるのですが、何とか今日は休みたいと思っています。

といっても必ず何か教室での用事ができてしまうことが多いので、あまり期待はしていません。

本当に休めたかどうかは、明日のブログでわかると思います(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験生への想い②

いつもありがとうございます。塾長です。

1月3日以来2ヶ月ぶりに、生徒の来ない教室です。

生徒が来なくても、私は教室にいるわけで、つまり仕事はしております。

昨日は、1年半前まで半年間塾に在籍したC君とそのお母様が、第一志望校合格の報告にいらっしゃいました。

C君は元々、近隣の他塾に通っていたのですが、その塾が業績不振で撤退することになり、在籍していた約10名の塾生をその塾が「調査した結果、この地域で最も信頼できる塾」ということで私の教室に紹介したのがきっかけで、入塾して頂きました。

当時、その撤退した塾からは、他にも8人くらいの方が転塾してきました。

入塾すると、C君に合っていたのか、部活動と両立しながら一生懸命に勉強し、少しずつですが学力がついてきました。

私としては、もっとしっかりと学力をつけてあげないと、紹介して頂いた塾に申し訳ないという気持ちでいたのですが、お母様の話だと、その半年間でかなり学力が上がったそうで、当時とても感謝されたことを覚えています。

そのように上り調子だったのですが、家庭の事情で引っ越さなければならなくなり、通いきれないので教室をやめることになりました。

私はC君とお母様に、困ったらいつでもうちの教室を頼るようにと念を押して送り出しました。

C君のお母様は、その半年間の教室の姿勢をきちんと見てくれていたようで、引っ越す前のご近所さんたちに教室の話をしてくれ、お陰で数名の紹介入塾がありました。

引越し先で塾に通い始めたC君ですが、テスト直前でその塾が土日の補講をやっていない時などは、私の教室の補講に参加してくれました。

その補講には、C君のお母様が紹介して下さった、元クラスメイトの塾生たちも参加しており、補講の後は、その塾生たちの家で楽しいひと時を過ごすこともあったようです。

公立高校前期入試前には、面接の練習にも来ました。

私が担当で面接練習をしたのですが、彼の応対は立派なものでした。

1年半前から較べると、よくここまで成長してくれたと感慨深いものがありました。

しかし内申点という壁に阻まれ、残念ながら前期での合格はなりませんでした。

それでも、そこから後期の入試へ向けて気持ちを切り替え、土日の補講やリスニング対策に参加してくれ、彼は最後の3週間で、学力だけでなく強靭な精神力も身につけたように思います。

合格発表日の夜、電話で合格の報告をもらった時は、自分の塾生が合格した時と同じくらい嬉しかったです。

いや、引っ越して塾生ではなくなったC君でも、私の心の中では、大事な塾生の1人だったのです。

昨日会ったC君は、身長もそうですが、また一回り大きくなったような気がしました。

それは、後期入試を経験して、何かを得て成長した彼の姿が、そう見せたのでしょう。

もちろん私は、これからも卒業生として、大学卒業の22歳まで、どんな相談でも引き受け、力になることを約束しました。

月謝を払っているから塾生・卒業生なのではありません。

彼が私の教室を愛してくれる心が、塾生・卒業生としての要件を十二分に満たしているのです。

C君、立派な高校生になって、苦労をかけたお母さんに、いつか恩返しをしてあげて下さいね。

お母様、いつも塾生をご紹介頂きありがとうございます。

C君が成人するまでは、どんなことがあっても私の教室が力になりますので、ご安心下さい。

但し、C君が恋愛の相談をしてきた時には、お母様には秘密にさせて頂きますよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県2013年新入試に対応した塾とは

今日もありがとうございます。塾長です。

本日、最も遅い中学校の学年末テストが終了します。

ということは部活動も再開され、それにより静かな自習室が戻ってきそうです。

昨日も体験授業の保護者面談のため、自習に来ていた生徒たちに教室内に移動してもらうなど、定期テストや入試期間中は、狭い教室を恨みながらの営業でした。

アクセス解析を見ると、「神奈川県の新年度からの公立高校入試に対応している学習塾」を検索で探している方が結構います。

これについて私の見解を述べます。

神奈川県内の学習塾で、平成25年度から始まる新形式の公立高校入試について、何の対応もしていない所は無いと思います。

それを全面的にアピールした広告をバンバン出す大手学習塾も、広告を出さない当教室のような塾でも、新形式入試に対応した授業に組み替えていなければ、塾として失格です。

ですから、現在学習塾をお探しの方々は、安心して塾選びをしてよいと考えます。

教材会社も、新年度から変わる中学校教科書について、それに対応したテキストを製作していますので、例え学習塾のほうが意識が低くても、きちんとしたテキストは手に入るのでご安心下さい。

最後に一つ、学習塾選びの決め手は、「自分の目で確かめること」に尽きます。

きれいなパンフレットや、電話での内容に惑わされずに、必ずお子様だけでなく保護者様も学習塾に出向いて、納得の上入塾するようにして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ来ない静かな日常

いつもありがとうございます。塾長です。

今週から授業数は減ったものの、学年末テスト中の生徒たちが自習に来て、相変わらず賑やかな教室です。

しかしテストが終わった来週からは、しばらくは静かになるでしょう。

10月から続いた学習塾特有の忙しさも終わり、やっと一息つけるかと思ってはいるのですが。

それでも立て続けに体験授業などが組まれているので、静かな日常となるのはまだ先のようです。

昨日も残業中の深夜0時過ぎに、私の親友で同じく繁忙期の、松屋不動産福嶋社長がいらっしゃいました。

学習塾よりも1ヶ月程長い繁忙期のため、3月末までお休みなしだそうです。

「こんな時間までよく仕事してるね。」と言っていましたが、「この時間に不動産屋さんが働いていることの方が異常でしょ。」とお互い笑うしかないような会話をして、お互いの健康を祈りあうという夜中の光景でした。

仕事が多いのはありがたいことと思い、ひたすらこなしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »