« まだまだ続く土日の補講 | トップページ | 笹丘教室の深川塾長ご来校 »

受験生への思い①

今日もありがとうございます。塾長です。

教室では本日から3月第1週となります。

高校受験を終えた生徒のうち、半数以上は2月をもって卒業です。

一部の意識の高い生徒は、高校入学後に好スタートを切りたいとの思いから、3月は高校準備講座を受講しています。

また、3月は休むけれど、4月から継続するという生徒もいました。

学習塾の新年度は、3月から始まるような印象も強いです。

私も新年度へ向けて、昨日のテスト対策補講中に旧年度の書類の整理などをしていました。

そこで出てきたいくつかの物から、今回の受験生たちと過ごした日々を振り返ってみました。

これから何回かに分けて、その思い出を綴ろうと思います。

最初は、今回の受験生の中で、最も私の思い入れが強く、そして最も私の寿命を削ってくれた生徒についてです(笑)。

仮にBさんとしましょう。

他の受験生よりも遅れて入塾したのですが、志望校から考えると、学力的にもう少し早く入塾してくれればと思っていました。

しかしBさんは本当に努力家で、常に一生懸命勉強していました。

おそらく、自分の弱点や位置がわかっていたのでしょう。

そして、保護者様もそれを熟知されていて、Bさんを叱咤激励していたようです。

保護者様はいつも、私宛にお手紙を下さいました。

これがその一部です。

120227_015401

そこに書かれていたのは、常に私や講師たちへの感謝の言葉で、何一つ要求もクレームもありませんでした。

ただひたすら、我々のBさんに対する指導についての感謝が述べられていたのです。

私はそれを読むたびに、何とかBさんの学力をもう一段階上げたい、そうしなければ保護者様に申し訳ないと思っていました。

また、Bさんは非常に人懐っこく、担当以外の講師とも仲良く話したりできるので、講師たちも進んでBさんに自習室でも指導しているのを私は見ていました。

しかし、我々の思いとは裏腹に、Bさんは頑張っても頑張ってもなかなか成績が上がっていきませんでした。

内申は、志望校の前期のボーダーラインくらいでしたが、前期では合格できませんでした。

Bさんの志望校は地域のトップ校で、今年度から前期の定員を減らしたので、ボーダーラインが上がってしまったのです。

前期の発表の日に、親子でいらっしゃり、「後期で頑張るのでこれからも厳しく指導して下さい。」と保護者様がおっしゃっていました。

私は内心、前期がだめだとかなり苦しいと思っていました。

しかしそこからBさんの努力もあり、学力は伸び始めました。

苦手な数学では、入試本番で5科目中最高得点を取るなど、驚くほどに成長しました。

ただ、他の科目で得点が伸びなかったこともあり、発表の日まで私はかなり気を揉んでいました。

合格発表の日、続々と合格の知らせが入る中、Bさんからはなかなか連絡がありませんでした。

合格の挨拶に来る保護者様の応対を次々とこなしながら、Bさんから連絡がないことをずっと気にしていました。

やっと連絡があり、電話口で「合格しました。」の声。

今まで背負っていた重い何かが取れたような瞬間でした。

後で聞くと、着信履歴にもあったのですが、最も早く午前中に電話をくれたのがBさんでした。

また、教室が開く前にもお立ち寄り下さったみたいで、大変失礼をしてしまいました。

今回のことで私が感じたのは、保護者様のお子様に対する思いと、我々をとことん信頼して下さっているということです。

このような家庭で育ったBさんは、おそらく自分が親となった時にも、同じように子どもに接することができると私は確信します。

塾生の合格は、誰でも平等に嬉しいものですが、Bさんの合格はこれまでの経緯があったので、喜びもひとしおでした。

今後は、3年後に講師として教室でアルバイトできるくらいの学力をつけて帰って来て欲しいですね。

これだけの苦労をしたのだから、きっと良い講師になると、本人の希望など関係なく勝手に期待している私です。

頂いたお手紙は、机の中にしまっておき、今後落ち込むことがあった時に読み返そうと思います。

それほど塾屋にとって嬉しい内容の手紙です。

Bさん、試練を一つ乗り越えたけれど、3年後の次の試練が待っているから、引き続き頑張って下さいね。

そしてお母様、たまにはまた、私宛に『ラブレター』を書いて下さいね。

|

« まだまだ続く土日の補講 | トップページ | 笹丘教室の深川塾長ご来校 »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/54086928

この記事へのトラックバック一覧です: 受験生への思い①:

« まだまだ続く土日の補講 | トップページ | 笹丘教室の深川塾長ご来校 »