« 新サービス「ハーフ&ハーフ」のお知らせ | トップページ | 狭くなった教室で »

社会人としてのマナー①

いつもありがとうございます。塾長です。

毎年2月から3月にかけて、講師の応募者が増えます。

年間で50人以上の応募がありますが、その6割がこのシーズンに集中しています。

今週も既に4人の応募者の面接が決まっています。

こちらも講師を募集しているわけですから、当然優秀な講師が欲しいのです。

しかし、応募してくる人の半分が、学力試験で不採用となります。

残りの半分のうち、履歴書で不採用になるのがそのまた半分、面接で不採用になるのが同じくらいです。

つまり50人のうち採用されるのは、多くて5人、少ない年だと2人くらいです。

こちらも意地悪で不採用にしているわけではないのですが、私の教室の採用基準が高すぎるのか、合格してくれる人が少なくて困っています。

せめて履歴書や面接くらいはパスして欲しいのですが、入試の願書や面接に較べて、明らかになめられているとしか思えません。

よく電話で、「服装はどうすればよいでしょうか。」と尋ねる応募者がいるのですが、「あなた入試の時に志望校に電話して服装を確認するのですか。」と言いたいくらいです。

少し考えればわかりますよね。

確かに私の教室の講師は、出勤時はスーツ着用が義務ではありません。

というか、ある理由があって、なるべくスーツにしないようにしています。

私自身も、わざとスーツは着ていません。

もしそれを知っていたとしても、採用してもらえるかどうかの時に私服で来るのは、面接官の印象を悪くするだけだと思います。

学生だから、若いから許されると思っていたら大間違い。

アルバイトでも「働く」ということは、社会人としてのマナーや礼儀が要求されるのです。

自分をアピールできる最高の舞台が用意されているのに、そこにわざわざ汚い格好で行く人がいることが信じられません。

ちなみに、過去にスーツで来なくても採用された人も何人かいます。

つまり、スーツで来なくても採用されることはあるということで、格好が最も重要なファクターではないということです。

しかし一般的に考えて、格好がだらしない人は、だいたい履歴書や試験結果も良くないことが多いということです。

次回は履歴書について書こうかと思いますが、スタッフの反対があったら、この記事は削除し、続編も書きません。

ただの愚痴ということでご容赦を。

|

« 新サービス「ハーフ&ハーフ」のお知らせ | トップページ | 狭くなった教室で »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/54029373

この記事へのトラックバック一覧です: 社会人としてのマナー①:

« 新サービス「ハーフ&ハーフ」のお知らせ | トップページ | 狭くなった教室で »