« センター試験トラブル続出 | トップページ | 安岡先生の誕生日 »

【時事問題2011年総括】受験対策

いつもありがとうございます。塾長です。

中学受験や高校推薦入試で、昨年1年間に起こったことで印象に残っていることを尋ねられる場合があります。

2011年時事問題受験対策として、昨年1年間を振り返ってみますので、参考にして下さい。

・東日本大震災について

これが昨年の最も大きなニュースだと思われます。

3月11日、三陸沖を震源とするM(マグニチュード)9.0の巨大地震が発生し、それによる津波で、たくさんの人が亡くなりました。

理科の時事問題で問われるのは、日本が4つのプレートの上にあるということでしょう。

東日本は北米プレートの上、東日本の太平洋側は太平洋プレートの上、関東から西日本にかけての太平洋沖合いはフィリピン海プレート、西日本と日本海側はユーラシアプレートです。

この4つのプレートの境界で地震が発生しやすいため、日本は地震が多く、東日本大震災も、プレート境界型地震でした。

・福島第一原発事故について

東日本大震災による津波の影響で、東京電力の福島第一原子力発電所は、大きな被害を受けました。

この事故による放射能漏れが深刻な問題となっています。

地震から8ヶ月以上経過した今も、放射能に関するニュースが毎日流れています。

放射線が人体に与える影響の度合いを表す単位を「シーベルト」、ある物体がどれくらい放射線を出しやすいかを表す単位を「ベクレル」と言います。

・平泉と小笠原諸島が世界遺産になったことについて

ユネスコ(国連科学教育機関)の世界遺産委員会は、岩手県の平泉と、東京都の小笠原諸島を世界遺産登録することを決定しました。

平泉は文化遺産、小笠原は自然遺産に登録されました。

・野田内閣が誕生したことについて

全く大したニュースではありません(笑)

これだけ毎年首相がコロコロと変わる国家も珍しいでしょう。

現在の総理大臣の名前くらいは覚えておきましょうか。

野田佳彦です。

野田内閣が誕生して大きな功績を挙げているのであれば、覚える必要もありますが、小中学生が知っておかなければならないようなことは何一つしていません。

一つ覚えておいたほうがいいのは、日本の政治は国民のためよりも政治家や官僚のために行われているという印象が強いということですかね。

・EU(ヨーロッパ連合)の経済危機について

ギリシャで始まった経済危機が、イタリアやスペインに飛び火し、EUの共通通貨であるユーロの価値は大幅に下がりました。

ユーロが安くなると、日本の円は高い状態(円高)になります。

・タイの洪水被害について

10月からタイで洪水の被害が広がりました。

タイには日本企業の工場などが多く存在するので、この洪水により、日本企業の製品の生産にも大きな影響を与えました。

・全国で地デジ化スタート

7月、東日本大震災で被災した、岩手・宮城・福島の3県を除く全国で、地上波テレビ放送が、アナログ方式からデジタル方式に切り替わりました。

地上波デジタル=略して「地デジ」です。

・北朝鮮の金正日総書記が12月に亡くなりました。

後継者は総書記の3男の金正恩氏だと言われています。

・なでしこジャパンの活躍について

サッカーの女子ワールドカップで、日本代表(通称:なでしこジャパン)が優勝しました。

得点王とMVPに輝いた澤穂希(さわ ほまれ)選手を始め、メンバーの活躍は記憶に新しいところです。

なでしこジャパンには、団体としては史上初となる国民栄誉賞が贈られました。

その他にも色々なことがあった2011年ですが、より詳しく確認したい方は、ブログの「時事問題」カテゴリーで、昨年の時事問題を読んでみて下さい。

|

« センター試験トラブル続出 | トップページ | 安岡先生の誕生日 »

塾長の記事」カテゴリの記事

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/53755408

この記事へのトラックバック一覧です: 【時事問題2011年総括】受験対策:

« センター試験トラブル続出 | トップページ | 安岡先生の誕生日 »