« 冬期講習生募集の告知? | トップページ | 神奈川県公立入試理社の重要性 »

冬期講習で勝負せよ

今日もありがとうございます。塾長です。

月曜日からテストを返却された中3生も多いのですが、授業がある日でないと我々には結果はわかりません。

昨日も数名がテスト結果を持ってきたのですが、おおむね上々の出来だと思います。

中3生は来週あたりから学校で三者面談があり、いよいよ内申点を見せられ、一般的には公立の志望校と私立の併願校の話をすることになります。

テストの結果が前回より下がってしまい、内申が下がると予想して志望校を下げようかという相談を受けた講師もいました。

しかしその生徒をいつも見ている講師は、内申が1や2下がろうが実力的にその生徒は現段階での志望校に後期なら合格できると判断し、「落とす必要はない。」と断言したそうです。

それでよし。ですね。

今から弱気になってどうする受験生。

内申の2点3点なんて、2月までの勉強で、軽く当日の学力テストでひっくり返せる力をつけることができます。

とにかく最初から前期(神奈川県では前期入試は内申点と面接で決まります)をあてにすることなど、学習塾としては許容できません。

もちろん、前期を受験するのも自由、合格したら嬉しいです。

しかし、合格しても勉強は続けてもらいます。

それが、生徒たちが高校入学後に困らない唯一の方法だからです。

とにかく冬期講習が最も重要です。

ここでどれだけ勉強し、学力をつけるかが、合否のカギを握っています。

受験生たちには言っています。

「少しくらい内申が足りなくても、うちの冬期講習で、個別の計画書通りに鍛えた先輩たちは、皆(1人を除いて)第1志望校に受かってるから、言われた通りに勉強してくれ。」と。

過去4年しかない実績ですが、約70人の卒業生の98%には納得の結果を出しているので、自信を持って冬期講習をお勧めできます。

ちなみに言い訳ですが、第1志望校に入れなかった生徒は、講習には来ていましたが、宿題や予習復習をしていませんでした。

参加するだけでなく、頭と手を動かし、家でも学習すること、これが第1志望校合格の絶対条件です。

|

« 冬期講習生募集の告知? | トップページ | 神奈川県公立入試理社の重要性 »

冬期講習」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/53311044

この記事へのトラックバック一覧です: 冬期講習で勝負せよ:

« 冬期講習生募集の告知? | トップページ | 神奈川県公立入試理社の重要性 »