« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

【時事問題2011年11月その1】テスト対策

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は、時事問題2011年11月その1ということで、ここ最近の出来事を書いていきます。

テスト対策用に実践問題集が欲しい方は、教室ホームページからPDFファイルをダウンロードして下さい。無料です。

いつものように赤い字がキーワードになっていますので、テストが近い方はよく読んでおいて下さい。

・熊本県の熊本市が、来年4月1日から全国で20番目の政令指定都市になることが決まりました。

政令指定都市は、地方自治法に基づき、政令で指定された人口50万人以上の市で、実際には、将来人口が100万人以上になる可能性のある80万人以上の都市が認められてきました。

2001年からは、人口要件が70万人程度に緩和されています。

・北アフリカの国リビアで、40年以上独裁政権を続けていたカダフィ氏が、潜伏していた都市シルトで死亡しました。

リビアはこれから、国民評議会主導で、暫定政府を作り、その後正式憲法の下で選挙を行い、新政権が作られることになっています。

大阪府知事橋下徹氏が知事を辞職し、大阪市長選挙に立候補することになりました。

11月27日には、大阪府知事選挙と大阪市長選挙が同時に行われます。

ロシアの最大与党「統一ロシア」は、次期大統領候補をプーチン首相にすることを正式に発表しました。

プーチン首相は、2008年までロシアの大統領を務め、統一ロシアの党首でもあります。

・東京で開催された体操の世界選手権で、内村航平選手が、史上初となる男子個人総合3連覇を成し遂げました。

・国連は世界人口が、10月31日には70億人に到達すると予測しています。

トルコ東部でマグニチュード7.2の地震があり、500人以上が死亡したと伝えられています。

これより以前のニュースが知りたい方は、過去の記事を参考にして下さい。

以下にリンクを貼っておきます。

【時事問題2011年10月その2】アメブロ版

| | コメント (0) | トラックバック (1)

10月後半の検索ワード

今日もありがとうございます。塾長です。

この1週間のブログの検索ワードを調べてみました。

最も多いのは時事問題に関する検索です。

それだけ必要としている人が多いのでしょうね。

ちなみに「時事問題」ではなく、「自治問題」で検索してくる人も結構いるんですよ。

年中検索数の多い時事問題についてですが、この時期は、「大学入試」「推薦入試」などというキーワードとからめて検索する人が増えています。

大学入試の面接対策が増えてくる時期だということですね。

以下、検索数は少なくても、気になった検索ワードをいくつか拾ってみました。

『秦野高校 評判』・・・○○高校の評判という検索に関しては、結構あります。

これから受験校を決定する時期が近づいてくると、さらに増えると思いますが、秦野高校は地域のトップ校ということもあり、検索する人が多いようです。

『東海大学 評判』・・・これも地域的に年中ある検索です。

東海大学自体の評判は、一言では言えません。

私も卒業生としてみても、良い所も悪い所もあります。

学部や学科、特定の教員や卒業生など、非常に良い評判や社会的評価の高い人物も結構います。

また、講師で東海大学生もいますが、皆優秀で性格もよく、熱心な講師です。

ただ、地元の住人として見ていると、夜中に酔っ払って騒いだり、道端にゲロを吐く、ゴミを人の家の前に投げ捨てる、など、ろくな行動をしてない奴が結構いるので、学生へのイメージはよくないです。

しかしそういう学生は、どこの大学でもいるのでしょうから、一概に東海大学の学生だから悪いということではないと思います。

一部の学生の悪い行動のせいで、東海大学の学生全体が同じような評価をされるのは、かわいそうだと思いますが、近所で迷惑している人々にとっては、当然の評価です。

『受験生に贈る言葉』・・・これも常時検索の定番です。

当教室のブログでは、小松主任が2年前に書いた「受験生に贈る言葉」という記事が、よく読まれています。

『ハッピーセット』・・・すいません、私事のプラレールに関する記事をいくつか書いたため、この検索で教室ブログにヒットしてしまったのですね。

もう売り切れも近いので、この記事は書かないと思います。たぶん。

『立教 中退 後悔』・・・いわずと知れた私のことですね。

私の通っていた立教(現・立教新座)高校は、埼玉の私立高校御三家の一つで、かなりハイレベルな高校でした。

中退しなければ、最低でも立教大学以上には進学できたので、中退して数年間は非常に後悔しました。

しかし、その後悔があったお陰で、自分の稼いだお金で真面目に通信制高校→大学→大学院と勉強することができたので、今となっては良い経験です。

ここ数年の学習相談や人生相談では、この経験がとても役立っているので、今は「後悔ゼロ」です。

『早稲田育英ゼミナールはいいのか』・・・はっきり申し上げておきましょう。

良い教室も悪い教室もあると思うので、良いか悪いか一概には言えません!

フランチャイズの学習塾は、それぞれのオーナーや塾長の性格、経験、方針などにより、当たりハズレがあります。

なぜ私が「早稲田育英ゼミナールはとても良いですよ。」と一言で言えないのかは、全てのオーナーを知らないからです。

逆に、早稲田育英ゼミナール以外の学習塾でも、知っている塾であれば、正直に感想をお話できます。

ちなみに私は嘘をつかない主義なので、知り合いだろうが頼まれたからだろうが、ダメだと思ったらはっきりダメと言います。

その代わり、きちんと良い理由やダメな理由も話すことにしています。

ただ、良い・悪いだけでは、個人の感情論だと思われかねないからです。

他にも面白い検索ワードがいくつかありましたが、今日はこのくらいにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーセットついに売り切れ

いつもありがとうございます。塾長です。

東海大学前駅のマクドナルドでは、プラレール付きのハッピーセットが終了してしまいました。

残念と思うと同時に、「もう買わなくてすむ。」という安堵感が生まれました。

一体いつまで続ければ全種類コンプリートできるのかと、イライラしながら過ごしていたので、売り切れになったことは、私にとっては良かったかもしれません。

ただ、まだ他の店舗で在庫があれば、出かけたときに買ってしまうかもしれません。

40歳過ぎて、あの不健康そうな食べ物を連日食べるのはちょっと苦しかったので、ある意味やっと解放されたという感じです。

息子自身はあと2種類足りないことなど知る由も無いので、このままで良しとしましょう。

さて、教室の業務とはかけ離れていますが、私自身は今、結構壮大なプロジェクトの仕事に着手しようとしています。

本部の特別顧問の仕事も大きな仕事ですが、私にとってはそれ以上のことです。

今はまだ言えませんが、常に教室運営のことを第一に考えて行動していることだけは変わりませんので、ご安心下さい。

うまくいったら発表したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年度へ向けての準備

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は取引のある教材会社の営業マンが、新しい教材の説明に来ました。

来年度の中学生の、教科書全面改訂に向けて、教材会社も大忙しだそうです。

いくつか新しい教材のサンプルをもらい、内容を確認しましたが、今のところ冬期講習から入試へ向けての新教材はあるのですが、4月からの教材の見本はまだありませんでした。

教科書が分厚くなり、その中から各先生が授業で採用する内容を選ぶということは、各学校によって、定期テストの内容も変わってくる可能性が高いです。

いくつかの学校の生徒が混在する学習塾では、それぞれの学校に合わせてのテスト対策が必要になってくるでしょう。

神奈川県では今の中学校2年生から高校入試の方法も変わります。

学校の先生も大変でしょうが、学習塾も変化に合わせてやっていかなければなりません。

とは言っても、一番頑張らなければならないのは、勉強する生徒たちでしょう。

教科書が変わろうと、入試方法が変わろうと、勉強しなければならないという事実は変わらないのですから。

勉強すればするほど、感情的な思考に支配されること無く、論理的な思考で物事をとらえることができるようになります。

そういう点では、子どもだけでなく、大人であっても勉強を続けたほうが、より良く生きることができるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塾の選び方③ 意欲的な塾長

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は塾経営の相談と、大学受験に関する相談がありました。

経営者で相談してくる方は、非常に前向きな方が多いです。

何とか自分の塾を発展させようという意欲が伝わってきます。

多くの経営者の方に声を掛けていますが、相談をしてこない方は、おそらく経営が順調なのでしょう。

と思って本部に確認してみると、そうでもないことが多いです。

つまり、何とかしようという意欲のある方は、形や体裁にこだわらずに、他人の意見を真摯に受け止めて、経営のやり方を変えていくようです。

そういう塾長がいる教室であれば、安心してお子さんを任せられると思います。

但し、そういう部分は塾生や保護者、外部の方からはわからないので、なかなか塾選びの判断には使えないかもしれません。

一つだけ、その塾長が意欲的かどうか、面談時に調べる方法があります。

それは、面談時にお子様の学習状況以外にも、生活態度や趣味、さらに保護者様のこと、ご家庭での様子などを詳しく聞いてくる塾長は、「その生徒を知って、指導に活かしたい」という思いに溢れていることが多いです。

そのような塾長のいる塾を探してみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の栄養剤=感謝の手紙

今日もありがとうございます。塾長です。

ある塾生の月謝袋の中に、月謝とともに保護者様からのお手紙が入っていました。

その手紙には、最近元気が無かった(皆知らないですよね)私を勇気付ける言葉が書かれていました。

一部抜粋させて頂きます(無許可ですいません)。

以下手紙の抜粋

『早稲田育英ゼミナールの細かく、温かい指導には、いつも感謝しております。新参者にまで、まるで以前から通っている塾生のように扱っていただきありがとうございます。』

抜粋おわり

早稲田育英ゼミナール東海大学駅前教室の講師は、とにかく塾生のために一生懸命です。

講師たちが帰る時間は、ほぼ毎日夜中の12時を過ぎています。

授業は10時には終わっているのに、その後、各生徒の学習状況を記録しながら、個別の指導方針を話し合ったりしているのです。

正直、個別指導の塾には、学生のアルバイト講師が多いです。

私の教室も例外ではありません。

しかし、当教室の講師は、「アルバイト=お金稼ぎ」という本来の目的は2の次で、まず、担当した塾生がどうしたら学力向上するか、満足するかを考えているのです。

皆、嫌な顔一つせず、塾生のことをあれこれ話しています。

これが、他の個別指導塾にない私の教室の最大にして最高の武器なのです。

もちろんその気持ちは授業中にも表れて、塾生たちにも伝わっていると思います。

この保護者様は、それをお子様から感じ取ってくださったのか、わざわざお手紙でお礼を述べて下さいました。

それと、他の塾生(友人)より少し遅い時期に入塾されたことを心配なさっていたようですが、そんなこと全く気にする必要はありませんよ。

なぜなら、お子様は、本当に素直で努力家なので、講師たちも何とか助けてあげようという気持ちになっているからです。

正直、塾に通っていても、やる気も無ければ講師の言うことも聞かないような生徒は、講師もどう接していいか困り、ストレスになります。

昔から通っているからとか、学力があるからという理由で、塾で優遇されることはありません。

講師の言うことを素直に聞き、一生懸命に努力している生徒には、自然と講師も優しく、熱く接するようになります。

Wさん、前回のテストで英語と数学が伸びていましたね。その調子で今回は、主要5科目で、さらに上を狙う作戦を考えます。

内申が決まる最後のテストまで近づいてきましたが、私も全力で応援していきますので、一緒に頑張っていきましょう。

まあ、一番頑張るのはお子様本人なんですけどね(笑)。

昨日は時間をとれず、お手紙の返事を書けなかったので、このブログでお返事とさせて頂きます。

うちの息子のプラレールのことを知ってらっしゃったので、ブログを読んで下さっていると考え、ここに書きました。

もし読んでくださったら幸いです。

そうそう、そのプラレールですが、昨日ハッピーセット4つチャレンジして、全敗でした。

いいんです。受験以外で運を使いたくないので、私のプラレールが揃わないことが厄払いになって、その分塾生に良い結果がもたらされるのですよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業を増やしたらどうなる

いつもありがとうございます。塾長です。

先週から、塾生の「授業科目を増やしたい。」という相談が増えています。

今まで週1回数学のみだったのを、英語もやりたい、または英語のみだったのを、数学もやりたい、という相談が多いです。

個別指導の良い所は、自分の望む科目だけ習うことができることです。

ですから入塾時に1科目のみで入塾される方も結構います。

しかし、しばらくして塾に慣れてくると、科目数を増やす方がいます。

また、今回のように、テストが終わって、塾で習っていない主要科目の得点が低いと、授業を増やす生徒が多いです。

しかし、「この科目は得意だから1人で勉強できます。」という生徒が多いのも事実です。

私としましては、「得意だから自分1人で勉強できる。」というのは、危ない考えだと思います。

得意であっても、受験での戦い方や、さらに得意になる方法などを、学習塾で学んで、思い込みの「得意」を、誰が見ても「得意」になるようにしてもらいたいです。

独学だけで結果を出す人もいるかもしれませんが、それをずっと続けるのは至難の業です。

身近に教えてくれる人がいるならば、例え得意な科目であっても、たまには他の人の勉強法を聞いて参考にすると、より得意になれるでしょう。

あと、授業を増やして安心してしまっている生徒がたまにいるのですが、それも大間違いです。

授業が増えたから成績が上がるのではなく、勉強するから成績が上がるのです。

つまり、授業があろうとなかろうと、さらに得意だろうと不得意だろうと、どの科目も勉強しなければいけないのです。

ではなぜ勉強しなければならないのか、それはまた後日書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺伝か習慣か

今日もありがとうございます。塾長です。

タウンニュースに載った写真が、ローアングルからの撮影だったため、若干評判が悪いような気がします。

まあ、もう載ってしまったものは仕方ないので気にしないということで(笑)。

昨日のお休みでは、予定通り動物園(と呼んでいるホームセンター)に行ってきました。

息子もたくさんの(値段のついた)動物を見て大喜びでした。

私と一緒に車に乗ると、ラーメン屋さんに行くことが多いせいか、息子は車に乗るなり「ラーメン屋さん行く。ラーメン屋さん行く。」を繰り返していました。

なので、ホームセンターの帰りにラーメン屋さんに寄りました。

111022_171501

こんな感じでお子様らーめんセット(おもちゃつき)を堪能している息子です。

これを繰り返しているので、おそらく次に一緒に車に乗っても、ラーメン屋に行かされることになりそうです。

遺伝なのか習慣なのかわかりませんが、息子がラーメン好きになるのは間違いなさそうです。

さて、教室は今週から11月第1週の授業になります。

当教室では、1ヶ月を4週間で運営していて、年末年始やゴールデンウィークなどに休校して、実際のカレンダーを大きくずれないように調整しています。

2学期制の中学校では、3年生の後期中間テストまで3週間となりました。

頑張っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1ヶ月ぶりに

いつもありがとうございます。塾長です。

いよいよ待ちに待った1ヶ月ぶりのお休みの日が来ました。

普段あまり子どもと遊べないので、遊びまくりたいと思います。

と言っても、イオンに行くか、動物園と呼んでいるホームセンターに行くか、近くの公園に行くか、の3択なんですけどね。

あとは家の中でひたすらミニカーとプラレールで遊びます。

連休がとれれば、上昇志向のカタマリ・杉山社長の初出版記念のアマゾンキャンペーンで当たった「会員制リゾートホテル宿泊」に行きたいのですが、それは3月以降にお預けです。

今年度の入試が終わるまでは、年末年始以外に連休はとれません。

もちろん年末年始の連休も、入試が近づいているので、旅行などに出かけるわけにはいきません。

ということで、お楽しみは後にとっておきます。

「子どもの喜ぶ顔が、今の私の幸せです。」と言っていられるのも小さいうちだけですかね。

そのうち、生意気な小学生とかになっちゃうのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウンニュースに載りました

今日もありがとうございます。塾長です。

本日発刊の地元タウン紙「タウンニュース秦野版」に、当教室の記事が載りました。

3年連続全国最優秀教室について取材して頂いたのですが、使われた写真が、ローアングルからの仁王立ちみたいな写真です。

タウンニュースWEB版にも載っています。コチラ

右手に持って掲げているのが、クリスタルの塔ですが、写真では何を持っているのか分からないですね(苦笑)。

2年連続の取材だったのですが、昨年のトロフィーのほうが大きくて、いかにも「賞とったど~」みたいな感じが、昨年の記事写真には表れていました。

どんな写真であれ、取材して掲載して頂いただけでラッキーです。

これからも努力していきたいと思いますので、皆様よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンスター

いつもありがとうございます。塾長です。

うちは一応学習塾なんで、授業中は授業に集中して下さい。

講師は真剣に授業をしているので、講師や他の生徒の邪魔をするような人は、教室には必要ありません。

金払っているからお客さんだとか思っているなら大間違いです。

他のお客様の迷惑になる方はお客様でも塾生でもありません。

一つ覚えておいてください。

地域の人々が塾を選ぶ権利があるのと同時に、私たちにも「生徒を選ぶ権利」があるということを。

というわけで、注意しても規約を守らない生徒は辞めてもらいます。

さようなら、今後の人生どうなっても知りません。

最後に言っておきますが、私を怒らせないほうがいいですよ。

ということで、先ほど読んだyahooニュースでは、数学や物理が得意な人のほうが、年収が高くなるという研究結果を、同志社大や京都大の研究グループが発表したそうです。

そのニュースはコチラで読めます

じゃあ、理科の教員免許を持っている塾長はさぞかしお金持ちなんでしょうね。

と思った方、免許を持っているからその教科が得意とは限らないですよ。

運転免許を持っていたって、運転が下手な人はゴマンといますからね。

どちらかというと私は、年収が低い傾向の「国語が得意」な理科の先生ですから。

ちょっと待てよ。

古文は苦手だから、年収はさらに半減だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと3日で

今日もありがとうございます。塾長です。

あと3日です。

私の個人的な話ですが、1ヶ月ぶりの休みが3日後です。

サラリーマンの時は、どんなに辛くても週末に休みがありました。

会社の役員時代でも、休みは定期的にとれました。

学習塾を始めてから、こんなに休みが取れない仕事だと実感しています。

10月の休みが終わると、次の休みは12月31日までありません。

今度は2ヶ月間休みがないわけです。

もう5年目なので慣れましたが、正直、休みは多いほど嬉しいです。

私は比較的身体が丈夫ではないので、休みがないと辛いです。

しかし、その辛さを緩和してくれるのが、塾生たちの勉強をする姿ですね。

特にテストの結果が良かったり、全国模試で偏差値が上がると、それだけで気持ちが軽くなります。

だからお願いです。

塾生の皆さん、一生懸命勉強して私を楽にして下さい。

私も、1年間で休みが5日しかないほど忙しい、親友の松屋不動産の福嶋社長(コチラのブログを読むとわかります)よりは楽だと思って頑張ります。

今週の体験授業はあと2人。

一生懸命やりますよ~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーセット

いつもありがとうございます。塾長です。

マクドナルドのハッピーセットの景品が、プラレールという電車のおもちゃなのですが、今それを8種類集めるのに苦労しています。

1歳9ヶ月の息子が気に入っているので、何とかコンプリートしたいのですが、8種類の中から好きなものを選ぶことはできません。

昨日は、講師3人と合わせて4セットを買ったのですが、重複しなかったのは1つだけでした。

あと2種類出るまで、一体いくら使い、どれだけチーズバーガーとポテトを食べることになるのか、考えただけで恐ろしいです。

発売初日には、数量限定でそのおもちゃのDVDがもらえるということで、妻が開店前のマクドナルドに並びました。

しかしそのDVD、観てみると、内容はおもちゃの宣伝ばかりでした。

子どもは喜んでいますが、こうやって親はおもちゃを買わされるのだと、つくづくそのメカニズムに感心しました。

プラレールはタカラトミーが製造販売しているのですが、このハッピーセットについてくるおまけは、マクドナルドがお金を払ってタカラトミーから仕入れたとは考えにくいです。

どう見ても、プラレールが今後たくさん売れる仕組みになっているので、タカラトミーは、このハッピーセットのおまけを無料でマクドナルドに配布しても、充分儲かるでしょう。

いや、逆にタカラトミーがお金を払ってマクドナルドにお願いしたのかもしれません。

プラレールが欲しい子どもはハッピーセットを親にねだり、おまけでもらったプラレールは結局それだけでは走れないので、レールやモーター入りの電車を買わされるという流れです。

本当に上手い商売だと思いました。

講師たちは、このメカニズムを塾に採り入れたら面白いと話していましたが、まさにそれが発想の転換で、何か新しいアイデアが思い浮かびそうです。

と、偉そうなことを言いつつ、既にハッピーセットだけで5000円以上消費している塾長でした。

そうだ、マクドナルドでアルバイトをしている卒業生がいるから、何とかならないか、ちょっと頼んでみようかな。

そんなことしたら、塾長の威厳がなくなるからやめるべきですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テストが終わると・・・

今日もありがとうございます。塾長です。

学校からテストが返却されたからでしょうか。

昨日の申し込みも含めて、今週は3人の体験授業が予定されています。

生徒の塾探しの動きは、学校の行事と連動している気がします。

特にテスト後や成績表が出た直後は、動きが活発になります。

10月に入り、授業に多少の隙間ができたのですが、ありがたいことに早々に埋まりそうです。

テスト結果が返却された生徒たちは、一喜一憂といった感じでしょうか。

いつも生徒に話すのですが、「何点だったから良くて、何点だったからダメ。」という一言で終わりにしてはいけません。

大切なのは、「どこをなぜ間違えたか。」「間違えた問題はその後確実に解けるようになったか。」です。

ベテラン講師たちは、生徒の担当科目の解答用紙をじっくりと解析し、どういう理由で何点落としたかを生徒に確認し、対処していきます。

これをしっかりやるのとやらないのでは、次のテストや今後の学力向上に大きな差が出てきます。

新人講師も、これができて一人前になっていきます。

さあ、今すぐ次のテストへ向けて、動き出しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【時事問題2011年10月その2】テスト対策

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は、時事問題2011年10月その2として、最近起こった出来事を書いていきます。

「答えつきの予想問題をくれ!!」という方のためには、時事問題実践問題集を、教室のホームページにアップしました。

PDFファイルでダウンロードできます(無料です)。

学習塾、学校関係者の方も、ご自由にお使い下さい。

いつものように赤い字がキーワードとなっています。

ヨーロッパの大手銀行で、ベルギーとフランスを拠点にしているデクシアが、経営破綻しました。

デクシアは、ギリシャ国債を多く保有しているため、金融危機でギリシャ国債が暴落したことが原因と言われています。

・中国の辛亥革命から100年を記念した式典が北京で開催され、7月に危篤と伝えられた、江沢民元国家主席も出席しました。

タイで大雨による洪水被害が拡大しており、約300人が亡くなりました。

4つの工業団地が浸水し、約330の日系企業も被害を受けています。

ブータンのワンチュク国王が、一般家庭出身の女性ジェツン・ペマさん(21)と結婚しました。

・EUとIMF(国際通貨基金)は、ギリシャ80億ユーロ融資することを決定しました。

・先日、元創業者のスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった、アメリカのコンピュータ会社アップルの新型スマートフォン「iPhone4S(アイフォン4S)」が、国内で販売開始されました。

福島県の佐藤雄平知事は、県産米の放射性物質検査の結果、安全が確認されたとして、福嶋県全域での県産米の出荷が可能になったと発表しました。

但し、放射性物質の確認された一部の米は、県が買い取る予定です。

テスト期間中の方は、先週の記事も確認しておいて下さい。

以下にリンクを貼っておきます。

【時事問題2011年10月その1】アメブロ版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本部経営特別顧問就任

今日もありがとうございます。塾長です。

教室では昨日から、中3生の全国模試を行っております。

学校のテストから続けてのテストになる生徒も多く、表情に疲れが見えます。

この模試が終わっても、ちょうど1ヵ月後にまた学校でテストがあり、そのテストの結果までが高校入試の内申に関わるので、受験生にとっては気が抜けない日々が続きます。

人生の中で、ほとんどの人が高校受験を経験すると思います。

これからたくさんの試練が待っていますが、まず最初の壁を乗り越えて、1段階昇って欲しいです。

数日前に本部から連絡があり、早稲田育英ゼミナールの経営特別顧問に就任することが決まりました。

私の担当はフランチャイズ加盟教室の経営を安定させ、発展させることです。

今まで本部では、それぞれの教室担当教務がいましたが、それにプラスして、現役の塾長である私を投入することで、現場で実践的なサポートをしていこうという考えのようです。

先にお断りしておきますが、私は「本部への愚痴」は一切聞きません。

そんなこと言っている暇があったら、私の言う通りやるべきことを実践して下さい。

先日の塾長研修会でもお話しましたが、私は、自分の教室で色々とデータをとり、有効な結果が出たことしかお伝えしていません。

あとは各塾長さんたちが実践するかしないかです。

もちろん質問も歓迎します。

地域のため、子どもたちのため、その家族のため、そして各教室のために、できる限りのことはお手伝いさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝感謝の1日でした

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日の自習室は予想通り、静かでした。

テストが終わると、毎回こんな感じです。

ただ、来客や体験授業の申し込みなどで、結構慌しい一日でした。

最初のお客様は、ご近所の地元密着型学習塾『学指会』の代表である松田先生と、高等部マネージャーの天童先生でした。

短い時間でしたが、これからの協力体制と新しい試みについて話ができ、とても実のある時間でした。

差し入れまでして戴きありがとうございました。

写真を撮るのを忘れてしまったのですが、講師たちとおいしく戴きました。

今後ともよろしくお願いします。

次のお客様は、地元タウン紙『タウンニュース』の伊藤記者です。

伊藤さんは、私の教室が今回、早稲田育英ゼミナール全国600教室の中で3年連続最優秀教室となったことで、その取材にいらっしゃいました。

その席で、その前に学指会の松田代表と話し合った、「ある試み」について話したところ、非常に興味を持ってくれて、実現したらその記事も取材して下さることになりました。

ありがとうございます。

実はその試みには、まだ数名の協力者が必要なので、その方々の許可をとってからでないと、発表できません。

おそらく塾業界では、日本中探してもほとんどない試みだと思います。

私自身今から楽しみにしております。

また、夜遅くには、親友松屋不動産の福嶋社長と、これまたあることの打ち合わせをしました。

これも実現すればまた面白い展開になることは間違いないのですが、相手があることなので、まだ発表できません。

歩いて数分の距離に、同じ志を持つ同業者と、突き抜けたアイデアを提供してくれる異業種の方がいて、私は恵まれていると感じた一日でした。

そのようなことを私がしていても、講師たちがしっかりと教室を支えてくれているので、授業は滞りなく、ミス一つ無く行われました。

これにも感謝です。

その感謝の心を教えて下さった、師匠である高野山真言宗の三田峰嵩先生にも感謝です。

先日のランチ会では、この「感謝」について、お話をさせて頂きました。

その第5回ランチ会の様子はコチラです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上智短期大学SJ祭

今日もありがとうございます。塾長です。

ちょっとしたことがあり、昨日の教室は結構大変でした。

今日で大根中学校の中間テストも終わるので、あとは高校生たちのテストのみとなり、自習室も多少人数が減るでしょう。

ちなみに地元ではない方へ、「大根中学校」は「おおね中学校」と読みます。

ダイコンではありません。

上智短大の方が、学園祭のポスターとパンフレットを持って来ました。

111013_215901

10月22日と23日に、上智短期大学においてSJ祭が行われます。

お近くの方、お時間のある方は是非遊びに行ってくださいね。

小田急線秦野駅南口よりスクールバス運行中だそうです。

私の教室もスポンサーとして、広告をパンフレットに載せています。

スポンサー広告はほとんどが、地元のお店や企業の宣伝広告なのですが、私の教室のみ「講師募集」という広告です。

大学の学園祭のパンフレットに、「塾生募集」と載せても、効果はゼロに近いと思います。

それならば来てくれた大学生や短大生を、講師としてスカウトする広告の方が、効果はあるのかと考えました。

ちなみに昨年も同じ広告を出しましたが、反響はありませんでした(笑)。

まあ、地元の大学に少しでも貢献したと思えば、広告の効果なんてどうでも良いですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2学期中間テスト初日

いつもありがとうございます。塾長です。

いよいよ、今日から教室の塾生の50%を占める大根中学校の中間テストです。

昨日の授業を見ていると、まだまだ不安な生徒もいましたが、テストは待ってくれませんので、頑張ってほしいです。

そして、明日のテストが終わると、翌日から中3生のみ全国模試を行います。

まさに中3生にとっては今週はテスト漬けの週ですね。

自習室の混雑もおそらく今日まで、明日学校のテストが終われば部活動も再開されるので、やる気のある受験生のみやってくることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第5回ランチ会

今日もありがとうございます。塾長です。

今日は、地元商店会の親友である、松屋不動産の福嶋社長が主催するランチ会です。

ランチ会の詳細はコチラ

毎回講師として参加させて頂いておりますが、私以外は、普段は簡単に会えない、話せないというほど凄い講師陣です。

また、参加してくれる方々の熱心な聴講ぶりは、本当に頭が下がります。

東海大学湘南校舎1号館で行われている現代教養科目の授業で、教室の後ろの方に座って寝ている学生に見せてやりたいほどです。

でも、残念ながらその学生たちは、このランチ会に参加することはできません。

理由は、松屋不動産で物件を借りている人しか参加できないからです。

このランチ会に参加していて、他の講師の方々の話を聴いていると、「こんなこと無料のセミナーで話しちゃっていいの!?」という内容ばかりです。

こういう人脈を持っている福嶋社長も凄いですが、それにノーギャラで、ただ「面白いから。」とか「福嶋さんの所の学生さんのために。」というだけで参加してくる講師の方々も相当なものです。

まさにプライスレスです。

こんなことを書いてから、自分の話す内容を確認してみると。。。

いや、今回はいけるぞ。

やれるだけやります。

教室はまだまだテスト期間中で、『自習室に人が溢れています!』

ああ、来週もこのセリフを書きたいけど、テストが終わると皆来なくなるんですよね。

そうそう、一部の受験生は、ついにスイッチが入ったみたいで、毎日来るようになりました。

毎年のことですが、受験生のスイッチの入る時期には、かなりの個人差がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実るほど

いつもありがとうございます。塾長です。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

偉い人、成功者、学識が深い人ほど謙虚であるということを表す格言です。

私は運が良いことに、今年に入ってから結構な数の「すごい」と言われる人とお会いすることができました。

その方たちのほとんどに共通していたのが、「ぶれない自信」と「謙虚さ」です。

自分が信じたこと、やり方などを実行していく力が卓越していて、それでいて非常に謙虚な方が多かったです。

本当に尊敬できるような人たちで、「だから成功したんだ。」と納得できます。

翻って自分を見ると、全く自信がありません。

いつも、「これでいいのかな。」と半信半疑で試行錯誤しています。

もちろん、そんな状態ですから、謙虚さだけは忘れないようにしています。

数字だけ見れば結果は出ているかもしれませんが、自分が納得できることではありません。

それは、数字が納得できないのではなく、自分のやり方で正しいと断言できないからです。

自分として気をつけているのは、数人だけいた、謙虚ではない人にだけはならないように考えて行動することです。

引き受けた講演会で、最も多い質問は、「どうしたら塾長のようになれるのですか。」というものです。

私は、今まで培った考え方や発想法、他人から聞いた話をどう自分のものに変えていくか説明するとともに、必ず「謙虚に周りの人の話に耳を傾けてください。」と言います。

例え相手が小学生であっても、自分の後輩や部下、いわゆる目上の人ではなくても、相対した人から学ぶことは必ずあると思っています。

明日は、地元商店会の親友である松屋不動産の福嶋社長が主催するランチ会で、また講師を務めます。

明日の話はもう決めてあり、私の人生で2番目の師匠である、高野山真言宗の三田峰嵩住職の話をしようと思っています。

来てくれた学生さんや、他のカリスマ講師たちに満足してもらえるような内容を話したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【時事問題2011年10月その1】テスト対策

今日もありがとうございます。塾長です。

本日は時事問題2011年10月その1ということで、最近起こった出来事を書いていきます。

「テストまで時間がないんだ。予想問題をまとめてくれ!!」という方のためには、時事問題実践問題集を、教室のホームページにアップしました。

PDFファイルでダウンロードできます(無料です)。

学習塾関係者の方々も、どうぞご自由にお使い下さい(適宜修正して下さいね)。

いつものように赤い字がキーワードになっています。

ロシアプーチン首相が、来年3月の次期大統領選挙に立候補することを表明しました。

プーチン首相は、2000年から8年間、ロシアの大統領を務めています。

・今年のノーベル医学生理学賞を受賞した3人のうちの1人、米ロックフェラー大学のラルフ・スタインマン教授は、賞発表の時点で亡くなっていることが後からわかりました。

ノーベル賞は原則として、生存している人にしか授与されないことになっています

今回は特例として、故人に賞が贈られることになりました。

・米コンピュータ会社アップルの創業者であるスティーヴ・ジョブズ氏が亡くなりました。

ケニアの元環境副大臣で、「モッタイナイ」という言葉を世界に広めたノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイさんが亡くなり、国葬が行われました。

・日本とヨーロッパの国際研究グループが実験で、光より速い素粒子が見つかったと発表しました。

素粒子の名前はニュートリノで、2002年にはこのニュートリノの検出をした小柴昌俊さんが、ノーベル物理学賞を受賞しました。

使い捨てライター安全規制がかかり、子どもが簡単に火をつけられる旧型のライターは、販売できなくなりました。

・今年のノーベル平和賞は、アフリカの国・リベリアの女性大統領エレン・サーリーフさんなど、女性3人に贈られました。

3人が受賞した理由は、中東やアフリカ諸国での女性の地位向上に尽力したためといわれています。

前回の記事のリンクを貼っておきます。

【時事問題2011年9月その3】アメブロ版

【時事問題2011年9月その2】アメブロ版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい人だったKさん

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日と今日も、先週に引き続き、中高生を対象にした、テスト対策補講を行っています。

今回は、塾生の半数以上を占める大根中学校のテスト1週間前ということで、補講担当の講師を増員して待っていたのですが。。。

こんなに人数の少ない補講でいいのかよ!!

というくらい、先週に較べても出席者が少なかったです。

受験生は内申点がかかっているのだから、しっかり勉強してほしいのですが、、、皆家で真面目に勉強していることを祈っています。

私はお客さんが来ていたので、教室を出たり入ったりしていました。

HPの製作を頼んでいるオフィス・アカホリさんとは、HPの新しいコンテンツの打ち合わせをしました。

2週間後にはまた、面白いページが増えそうです。

学習塾開業を検討しているKさんという方も来ました。

なんとまたまた、講師用と私の家用に2つのお土産を持ってきてくださるという念の入れよう。

この心配りがある時点で、成功の確率が上がりました(笑)。

111009_023301

私の家族用に頂いたのは、写真の詰め合わせセットです。

詰め合わせの内容にもセンスを感じさせますね。

早速「飲む酢」を飲んでみましたが、これがまた美味かった。

で、講師用に頂いたほうは、まだ開封していませんので写真はまだです。

そのKさんは、私の信頼している人の兄弟だったので、決算報告書など、帳簿も全て見せて、学習塾経営の実情をお話しました。

話していて思ったのですが、頭がすごい切れる人でした。

こちらが言ったことをすぐに理解してくれて、さらに全てメモをとるという行動も好印象。

思ったのは兄弟で性格が似ていますね。

塾経営者としては、成功するタイプだと思います。

ただ、違う業界にいるので、まずは塾業界を知るために、どこかに丁稚奉公に出ることをオススメしました。

もちろん私の教室でも構わないのですが、色々な事情によりそれはできないようです。

とにかく、話していて、私自身がKさんの塾をどのようにプロデュースしたらいいかイメージがわいてきたので、全面的にバックアップするつもりです。

何より、性格がよさそうなことが、最も私にやる気を起こさせた原因です。

まだ若いし、将来が楽しみな人でした。

前日の学指会の松田代表といい、昨日のKさん、アマゾンランキング7位の杉山さんなど、最近「いいひと」にめぐり会うことが増えています。

人脈はお金では買えないので、運命的な出会いに感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100メートル先の同業者

今日もありがとうございます。塾長です。

質問:100メートル先にある同業者は、ライバルですか、仲間ですか。

ということで昨日は、うちの教室から100メートルしか離れていない学習塾『学指会』の代表である松田さんとお会いしてきました。

学指会さんは、「地元密着はダテではない」をキャッチフレーズに、地元秦野市で3軒の教室を展開されています。

もう25年以上も経営の歴史があり、開校して4年しか経っていない私の教室のような新参者には、恐れ多くて、なかなかお近づきになれなかったのですが。

たまたまあることがあって、私が代表者の方とお話したいということを人づてに聞いた松田先生が、快諾してくださり、実現しました。

最初は、どんな恐い人が出てくるんだろうと不安だったのですが、出てきた松田先生は満面の笑みで迎えてくださりました。

さすが「地元密着塾」の貫禄ですね。

私がお話させていただいた10分くらいの間にも続々と生徒が自習に来ていました。

今度は松田先生がうちの教室を訪ねてくださることになり、仲良くしていただいた今後の展開が楽しみです。

ここまで読んで、不思議に思った方も多いと思います。

自分の店(会社)から100メートルしか離れていない同業者と、何でそんなに仲良くするの。

お客を取り合うライバルでしょ。

と思われるかもしれません。

しかし、私は、常に地域全体での幸せを考えているので、仲良くしてもらったほうがいいのです。

子どもたちの学力向上や健全な成長を考えると、家庭、学校、塾、地域などのどれが欠けてもうまくいきません。

それらの連携も必要になってきます。

さらに、塾同士の連携があれば、今までできなかったような色々なことができるようになり、発展します。

お客さんは取り合うのではなく、それぞれに合ったお店に行けばいいのです。

私は、以前から書いていますが、入塾面談時に、自分の教室に会わないと思った生徒は、他の塾や家庭教師、勉強方法などを紹介しています。

それがその生徒の幸せのためだからです。

いくら生徒が入塾したいからと言っても、うちの教室が最適でないとわかっていて入塾させれば、誰も幸せにはなりません。

そんなお金儲けだけ考えているようでは、誰も幸せにできないし、自分も幸せになりません。

だから近所の他塾の存在は必要ですし、仲間となって、いざという時に協力し合う関係を作っておきたいのです。

ということでこれからは、学指会さんとも仲良くしていきます。

一番最初の質問の答えは【仲間】です。

私が何の職業であってもそう答えます。

ということで、秦野市内で学習塾をお探しの方、松田代表という素晴らしい方の経営する地域密着型の学習塾『学指会』さんをよろしくお願いします。

HPのリンクも貼っておきます。

地元密着の学習塾『学指会』さんのHPはコチラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

良い賞当たりました

いつもありがとうございます。塾長です。

とにかく混雑。

今週の自習室です。

「お前らテスト前だけ来やがって、もっと普段から勉強しに来いよ!!」

と言いたくなるのを抑えて、テスト勉強に励んでもらっています。

嬉しいのは、高校生もテスト期間なので、卒業した生徒たちが自習室に来てくれることです。

昨日も高1のMさんが、久しぶりに来てくれました。

化学で悪戦苦闘していたのですが、よく見ると、中学校で習う計算でした。

久しぶりに来たのに「しっかりしろよ。」と喝を入れてしまいました。

一昨日のことですが、先日アマゾンキャンペーンを行った、不動産会社社長の杉山さんの出版記念パーティーが都内で行われたのですが、ちょうど私も、自分の教室の表彰式と重なって、出席できませんでした。

昨日になって知ったのですが、その出版記念パーティーで行われたキャンペーンの抽選会で、ある賞に当選しました。

このキャンペーンの賞品は、例えば著名人とのランチ賞など、お金では買えないような価値のあるものばかりなのですが、私が当たったのは、おそらく最も倍率が高いと思われる『高級ホテル宿泊券』でした。

ここで運を使い果たしたかのような強運でした。

申し訳なかったのは、パーティーに出席できなかったのに、そんなに良い賞が当たってしまったことです。

杉山さん本当にすいませんでした。

そして、出版とお誕生日おめでとうございます。

キャンペーンの当選結果が載っている杉山社長のブログはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表彰式でした

今日もありがとうございます。塾長です。

相変わらず自習に来る生徒が多い今週です。

昨日は、本部の人が来て、3年連続全国最優秀教室の表彰をしてくれるということで、自習の生徒はしばらくの間、教室の中に入ってもらいました。

そして表彰で頂いたのがこちらです。

111005_225002

今年はトロフィーではなく、クリスタルの塔?でした。

表彰式に来てくれた本部総務の上野さんによると、何でも昨年のトロフィーの4倍の値段したらしいです。

そう聞くと、丁重に扱わなければと、大事にカウンターに飾りました。

来月発行の全国に配布する通信に、写真とともにコメントも載せたいとのことで、インタビューも受けました。

私に時間がなかったので、インタビューの一部は、原稿にしてメールで送るという形にしてもらいました。

また、本部からの特命の話(今はまだ言えません)もあり、今後もなかなか面白い展開になりそうです。

一連の本部の動きを見ていると、今後まだまだ伸びる余地のある企業だと思いました。

なぜなら、私の教室の担当である名取副部長をはじめ、総務の上野さんなど、改革派が真剣に組織を変えようとしていることが伝わってくるからです。

そして、その改革案を上層部が了承するからこそ、私の提案したいくつかの話が現実化しています。

さすがに業界トップは狙えないかもしれませんが、この調子ならば、10年後に業界で5本の指に入るくらいの会社には成長できると思います。

自分の教室が成長することも嬉しいですが、所属する組織が成長することも、私にとっての喜びです。

先ほどから、本部に対してかなり上から目線で話をしていますが、3年連続で600教室の頂点に立ったんだから、このくらい言っても怒られませんよね。

もっと偉そうなことを言えるように、私もさらに努力を続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一方通行

いつもありがとうございます。塾長です。

一方通行って辛いですよね。

道路の話ではありません。

コミュニケーションの話です。

メールというのは便利なツールですが、どちらかというと一方的に送るというイメージがあります。

何か物事を誰かにお願いするのでも、電話なら、まず相手の状況などを聞いて、その上でこちらから頼みごとをできますが、メールだと、まず最初に一方的に用件を伝えることになります。

さらにメールだと、いつ返信がくるかわからないので、用件がいつ完結するかわかりません。

現代人はそれが日常だから何とも思わないかもしれませんが、私はなるべく相手とコミュニケーションをとりながら、何事でも進めたいと思う派です。

しかしメールは、相手の状況に関係なく送れ、相手も、自分の都合の良い時に読むことができるので、とても便利なツールです。

ですから、時と場合を考えて使い分けをしたいと思っています。

さて、一方通行の話ですが、ある相談を受けてそれを解決すべく動き、対処をし、何とか良い方向にいきました。

しかし依頼人が私に頼みっぱなしで、私が声を掛けた人に連絡をしてくれていないようです。

私もこれ以上どうしていいかわかりません。

人間は1人では生きられないのですから、個人個人が、自分の周りの人々を敬い大切にしていかないと、最終的には自分に返って来ます。

私も、そのことがあって以来、誰かに頼みごとをする時には、失礼のないように気をつけています。

が、忘れっぽいので、時々うっかりやってしまうこともあります。

これからは気をつけていきたいと思います。

さしあたって今週は、御礼状を書いたり、ある人を訪ねたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しかったモノ、嬉しかったコト

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日講師の実家から教室に届け物がありました。

北海道産のイクラと豚肉です。

お手紙も頂きました。

何でも、今期講師が大学院進学のため何度か帰省したので、きちんと仕事に入れなかったお詫びということでした。

私は、個別指導塾は、どうしても学生の講師が多いため、テスト期間や就職活動などで仕事に入れないことがあるのは理解しています。

また、そうなっても授業に支障をきたさないように、普段から準備をしています。

ですから、その講師自体が仕事にあまり入れなかったことについて、ストレスを感じたことはありませんでした。

しかし、ご実家の方が気を遣って下さり、かえって申し訳ないという気持ちです。

早速お礼の電話をして、少しお母様と話をさせて頂きました。

その中で、講師が帰省するたびに、教室での仕事のことを楽しそうに話していると聞いたことが、品物を頂いたことよりも、何倍も嬉しいことでした。

本当に今の教室に満足して働いてくれているのだと、そのお母様の話で納得できました。

本当にありがたい出来事でした。

111003_222201

さて、この頂いた品々ですが、講師たちと協議した結果、週末に教室で北海道美食倶楽部を開催し、食べることにしました。

問題は、高級豚肉をどうやって調理するかですが、これは、贈り主の息子であるM講師に明日解決策を聞くことにします。

写真の奥には、昨日の塾長研修会で、早稲田育英ゼミナール松原六丁目教室のオーナー夫妻に頂いたお菓子が写っています。

会うたびに高級なお菓子を下さるので恐縮しています。

しかしこちらも嬉しいのは、モノを頂いたからではなく、頑張って教室経営をされて、その結果がついてきているという報告を受けたからです。

オーナーご夫妻のやる気とスマイルが最高にいいので、これからもっと伸びていく教室だと思います。

私がお礼にできることは、研修会でお話したり、何か相談事があるときに相談相手になることぐらいですが、これからもよろしくお願いします。

ということで、モノに込められた感謝の気持ちを十分に頂戴した1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早稲田育英ゼミナール10月塾長研修会

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日教室では、土曜日に続いてテスト対策補講を行いました。

そして補講は2人の主任と2人の講師に任せて、私は新宿の早稲田育英ゼミナール本部へ行ってきました。

久しぶりに会う塾長たちも多く、再会の挨拶もそこそこに、研修会のスタートとなりました。

Dscf95830001

本部の中で私がかなり頼りにしている総務の上野さんがアシスタントでついてくれたので、非常にスムーズに研修を進めることができました。

Dscf97010001

皆真剣に話を聴いてくれたので、ついいつものクセでエキサイトしてしまい、第1部で予定時間を10分オーバーしてしまいました。

休憩時間には、私がいつもお願いしている、「塾長同士の名刺交換で仲良くなろうタイム」をして、塾長同士の交流を深めてもらいました。

Dscf96840001

第2部は、時間が削られたにも関わらず、またまたヒートアップして、つばを飛ばしながら喋り捲りました。

質疑応答でも、たくさんの質問を頂き、参加した塾長さんたちの真剣さが伝わってきました。

研修会が終わった後は、本来ならば参加してくれた塾長さんたちとお話をしたかったのですが、教室に戻らなければならなかったので、早々と帰路につきました。

今回私が話したのは、1.講師について、2.冬期講習について、3.ネット戦略についてでした。

まだわからないことがある塾長さん、私の所へいらっしゃるか、お電話してくだされば、ご質問にお答えします。

是非頑張って、全国の早稲田育英ゼミナールを発展させて下さいね。

2時間喋りましたが、塾長さんたちの前向きな姿勢を感じ、逆にエネルギーを頂いたようです。

教室に戻って主任から1日の報告を受けましたが、ある「お届け物が到着した」こと以外は、全く問題なく補講は終わっていました。

また講師たちに感謝です。

ということで恒例の時事問題は後日アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聞くだけでなく実践を

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日のテスト対策補講は、まあまあの人数でした。

今日も同じくらいの生徒数を予定しています。

私は、教室の管理を主任たちに任せて、早稲田育英ゼミナールの本部へ行きます。

塾長研修会のためです。

5月末以来なので、4ヶ月ぶりに、知り合いの塾長さんたちに会えます。

参加者リストを見ると、初めてお会いする塾長さんも半分くらいいて、新しい出会いが楽しみです。

今回講師を引き受けるにあたって、2つの講演テーマを考えました。

2つとも即実践できる内容に仕上げたので、話を聞いた方々には、すぐに実践して欲しいと思います。

よく、セミナーや講習に行っただけで、何もしない人がいますが、はっきり言ってもったいないです。

特に私は、再現性の高い話をするので、誰でも同じやり方ができるはずです。

「あの人だからできるんだよ。」とか、「そんなこと真似できないよ。」と言われるような話は一切しません。

ただ、「やる」か「やらない」かは、聞いた人が決めることなので、私にはどうすることもできません。

せっかく、部外秘にしている話をするのですから、実践して頂きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

模試は受けろ

いつもありがとうございます。塾長です。

今日は近隣地域の中学校の中間テストが近いため、テスト対策補講を行います。

午後1時から7時まで、塾生なら誰でも参加できます。

大学受験の高校生には、参加を強制にしています。

既に第一志望の大学に推薦合格が決まっている数名にも来るように伝えました。

が、

1人は剣道の昇段審査が近いからその練習に行くと言っていました。

昨年もそうだったのですが、推薦で合格すると、教習所に行ったりアルバイトを始めたり、勉強以外のことに力を入れる生徒が多いです。

昨日も書きましたが、そんなことをしている間も、4月から同級生となるはずの全国の受験生たちは必死で勉強しているのです。

その「未来の同級生」と学力差がつかないためにも、今は勉強するべきです。

その生徒に、大手予備校の模試を受けるように言ったら、「ひどい結果が目に見えているので受けたくないです。」との返事が。

それを聞いた瞬間につい説教をしてしまいました。

模試は、自分の今の学力を客観的に把握できるものなので、できないからと言って受けないのではなく、受けて「できない」という現実を目の当たりにすることが大事です。

そして、その結果を少しでも改善するために勉強を続けていくのです。

例え既に合格しているからと言って、模試を受けないならば、勉強を続けていても学習効果は半減するでしょう。

どうせ結果が目に見えているから受けないなんて、単なる逃げ口上でしかありません。

そんなセリフ、うちの塾生には2度と言わせません。

競争社会、不景気でも生きていける力をつけるために、今は、少しでも多く勉強をするべきで、その学力は数字によって客観的に判断するべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »