« 第4回ランチ会のお知らせ | トップページ | 感心するほどの仕事っぷり »

台風でも来る人、いつかは去る人

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日のランチ会は、台風の中、無事に終了しました。

次回のゲストのはずの、Amazonランキング7位の本の著者杉山社長がいらっしゃったのには驚きましたが。

大荒れの天気と同じなのか対照的なのかよくわかりませんが、会場は熱気がありました。

そのランチ会の様子は、松屋不動産福嶋社長のブログで見ることができます。

怖いものが見たい方は、私の映像&話も、3分間だけですが視聴できますよ~。

ランチ会が終了したのが、午後3時、教室のある秦野市東海大学前は、台風の影響で暴風雨の真っ只中でした。

教室に戻り、台風の進路予想図などを見つつ考えた末、塾生の安全を考え、全ての授業を休講にしました。

そこからが大変でした。

まず、担当講師に休講を伝え、翌日からの振替授業に出られる講師の確保をしました。

次に塾生への休講の伝達なのですが。

うちの教室は、全塾生がメールシステムを利用しているわけではないので、確実に休講を伝えるために、各家庭に電話をかけました。

1時間以上かかって、全員に伝え終わった時には、電話の子機の充電がなくなりかけていました。

そうこうしているうちに、暴風域に入り、一人教室で耐え忍んでいました。

夜7時頃には風雨も止んだのですが、小田急線も止まっている様子で、休講にして正解でした。

来月行う予定のセミナーの原稿を作成し、本部にメールで送った後の夜11時頃、帰り支度をしていると、講師が1人やってきました。

大学院の受験のために郷里へ帰省していたM先生が、お土産を持ってきたのでした。

試験の感触を聞くと、「間違いないです。」

と頼もしい返事。

しかし、合格=郷里へ帰る=うちの教室を辞める事になるので、私の心中は複雑でした。

もう3年以上もうちの教室に尽くしてくれた講師ですから、ただ単に戦力が減るということではなく、友として、別れは辛くなりそうです。

まあ、前途ある若者の幸福を願えば、半年後の別れは仕方のないことかもしれません。

学生を多く雇用している私の教室では、毎年繰り返されていることでもあるのですが、何回繰り返されても、この別れの辛さは慣れはしませんね。

慣れたいとも思いませんし。

その講師以外にも、半年後に卒業が決まっている講師が数名います。

後半年、今教室に通っている中学・高校・大学受験生の全員第一志望校合格という、置き土産をして、新天地へ旅立っていって欲しいと思います。

少しプレッシャーをかけすぎたかな(笑)。

|

« 第4回ランチ会のお知らせ | トップページ | 感心するほどの仕事っぷり »

イベント」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/52796808

この記事へのトラックバック一覧です: 台風でも来る人、いつかは去る人:

« 第4回ランチ会のお知らせ | トップページ | 感心するほどの仕事っぷり »