« 【時事問題2011年8月その1】テスト対策 | トップページ | 必ず後悔します »

週末は秦野市議会議員選挙

今日もありがとうございます。塾長です。

教室のある地域では、夏休みもあと1週間をきりましたが、今年は学校の課題を教室で終わらせる生徒が少ないです。

はりきって講師たちに輪番で自習室担当を頼んだのに、あまりに自習室に来る生徒が少ないので、ほとんど自習室での仕事がなくなっています。

私は私で、新規入塾の方たちを、どのように授業に組み込んでいくか頭を悩ませています。

今夏で開校以来最多の塾生数となるので、色々と大変です。

昨日ポストに、日本共産党のチラシが入っていました。

私の住む神奈川県秦野市では、今週末が4年に1度の市議会議員選挙なのです。

チラシを読んで初めて知ったのですが、秦野市は、子どもの医療費無料の年齢制限が6歳までなのですね。

子どもがいなければ気にも留めない話なのですが、子どもがいるので、どうしてもそういう話題には敏感になってしまいます。

そのチラシによると、近隣の中井町や厚木市では、何と中学3年生まで医療費無料、平塚市や伊勢原市でも小学校3年生まで無料なのだそうです。

これだけ見ると、隣接市に引っ越したくなります。

このチラシによると、秦野市は近隣に較べてあまりにもお粗末で、その他の政策でも、近隣地域に遅れをとっているのは否めません。

だから共産党の議員に投票するかはわかりませんが、少なくとも自分たちの生活が向上するような市政であって欲しいと思います。

特に子どもや高齢者に関する厚生は、党派を超えて考えてもらいたいことです。

できれば、社会科で公民を勉強している中学3年生などにも、こういう現実があることを知ってもらい、より良い秦野市にするためにどうしたらいいか考えてもらいたいですね。

本気で引越しを考えた私でした。

|

« 【時事問題2011年8月その1】テスト対策 | トップページ | 必ず後悔します »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/52545210

この記事へのトラックバック一覧です: 週末は秦野市議会議員選挙:

« 【時事問題2011年8月その1】テスト対策 | トップページ | 必ず後悔します »