« 実家と連絡とれました | トップページ | ライバルの存在 »

学習塾HP考察【エディブロ】

今日もありがとうございます。塾長です。

5月に行われた早稲田育英ゼミナール本部のセミナーで、私は講師を務めました。

その時に最も強調して言ったことは、「ホームページとブログの重要性」でした。

これは、皆さんが何か買い物や旅行、調べ物をする時を考えれば理解してくれると思います。

今ではほとんどの方が、何か調べる時には電話帳などよりも、とりあえずネットで検索する人の方がはるかに多いからです。

塾を探す時ももちろん、ネットで検索される時代です。

ですから、ホームページを持たない塾は致命的で、あってもお飾り程度のコンテンツだと意味をなさないのです。

というようなことから、手っ取り早くホームページを始めるのに最適な、エディブロというものを紹介しました。

早稲田育英本部が元々推奨しているもので、普通のホームページを作るとかかる初期費用がほとんどかからずにすむのです。

また、SEO対策も万全らしく、「駅名+塾」や「地名+塾」で検索すると、ほとんどの地域で、エディブロを使っている学習塾が上位表示されます。

そんな便利で頼もしいエディブロを、なぜうちの教室が使ってないかと申しますと、エディブロと出会う前にホームページを既に持っていたからです。

今から始める学習塾の方は、絶対に使ったほうがいいですよ。

という話をしてから2ヶ月、セミナーに参加した教室のホームページ状況を見てみると、半分くらいは、存在しませんでした。

結局話を聞くだけでは、何も変わらないですね。

最近、塾経営をスタートさせる人に何人か会いましたがホームページのことを聞くと、塾がスタートしたら、3ヶ月後くらいにやる。という返事が多かったです。

逆ですね。開校するなら、教室が出来上がる前からホームページでどんどん宣伝しておくべきでしょう。

皆、ホームページやブログの効果を知らないから侮っているのかもしれませんが、効果を知っている私にとっては、やらないことほどもったいないことはないですね。

便利なエディブロですが、実は、ただホームページを開設すればよいというものでもありません。

せっかくクリックしてもらえたのに、コンテンツが充実していなければ、見た人はすぐに、次の塾のホームページに行ってしまいますよ。

エディブロを使った効果的な教室HPの例は、この塾が最高だと思います。

もしエディブロを使っているのに、いまひとつ問い合わせが少ないとお思いなら、このホームページを参考に改良してみて下さい。

但し、見た目だけ真似るのではだめです。

なぜこのような配置、コンテンツになっているのかをよく考えてから改良してみて下さい。

この教室は、ネットからの募集のみ(折込広告費などの経費ゼロ)で、満席に近い状態となっています。

もちろん、HPに劣らない、経営者のマインドがあってこその盛況ぶりだと私は思います。

|

« 実家と連絡とれました | トップページ | ライバルの存在 »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/52377683

この記事へのトラックバック一覧です: 学習塾HP考察【エディブロ】:

« 実家と連絡とれました | トップページ | ライバルの存在 »