« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

今から夏休みの宿題

今日もありがとうございます。塾長です。

野田新総理が誕生しました。

54歳、戦後3番目の若さです。

色々と柵はあるみたいですが、がんばって欲しいと思います。

夏期講習が終わって通常授業に戻った教室は、とても静かに感じます。

授業の時間も講習時より短いですし、授業に来る生徒の数も講習より少ないからでしょうか。

そのような中で、普段は自習室に来ない生徒たちが、ここ数日自習室に来ています。

夏休みの学校の宿題を終わらせるためです。

講習中にしつこく言ったのに、全く聞く耳を持たなかったのですが、提出を間近に控えて焦っていました。

毎年そういう生徒がいるので、驚きもしませんが、そういう生徒が何年経っても減らないことは、世の常なのでしょうか。

私自身、嫌なことは先に済ませてしまうタイプなので、最後までやらないという感覚は理解できません。

しかし塾講師をやるようになって、そういう生徒が毎年必ずいるので、「嫌なことは最後までとっておく派」が世の中にいることは理解できるようになりました。

学校の先生がそれを理解してくれるとは思いませんけどね。

神奈川県は今の中学2年生の高校受験から、県立高校受験者全員に学力テストを課します。

より学力重視の入試になるので、提出物うんぬんより、しっかりとした学力をつけることが重要になってきます。

しかし、提出物をしっかり提出できないような生徒は、学力試験においてもライバルには勝てないでしょうね。

ということだけは、しつこく生徒に伝えていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秦野市議会議員選挙結果

いつもありがとうございます。塾長です。

2015年の開票結果の検索が、このページに繋がってしまっているようなので、ここに最新のリンクを貼っておきます。

平成27年 秦野市議会議員選挙結果

以下は2011年の記事です。

秦野市議会議員選挙の結果が出ました。

昨日のブログ検索ワードの80%以上が選挙結果についての検索でした。

結果の載っているHPを掲載しておきます。

毎日新聞の記事

投票率は、前回過去最低だった50.85%を大きく下回り、43.84%でした。

午後4時くらいに市役所からのアナウンスで、投票率がまだ20%台であることを知り、市民の関心の低さがわかりました。

といっても、26議席に立候補者が27人と、誰を選んでもほとんど当選なのですから、投票に行かなくてもいいと思ってしまう人も多かったのではないでしょうか。

私も、模試が終わってから投票所に行きましたが、7人ほどの選挙管理スタッフだけが静かに座る投票所でした。

ちなみに、落選した候補者は376票、最下位で当選した候補者は568票、1位で当選した候補者は5285票でした。

よりによって、演説がうるさくて授業ができなかった候補者が1位当選でした。

確かに演説はうるさかったけれど、内容は私にとっては良かったです。

若さもあるし、期待した人も多かったのでしょう。

是非、その「うるさいほどの情熱」で、秦野市を変えて欲しいと思います。

最後にふと思ったのですが、600人くらいの票を集めれば、秦野市の市議会議員になれるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【時事問題2011年8月その2】テスト対策

今日もありがとうございます。塾長です。

本日は、時事問題2011年8月その2をお送りします。

夏休みが終ったらすぐにテストという方もいると思いますので、チェックしておいて下さい。

いつものように赤い字がキーワードです。

民主党の代表選が8月29日に行われ、野田佳彦財務大臣が新しく代表になりました。

現在では、新しい民主党代表=次の総理大臣ということになります。

ミャンマーの民主化運動指導者のアウン・サン・スー・チー氏が、ミャンマーのテイン・セイン大統領と初の会談を行いました。

・北アフリカのリビアでは、カダフィ政権軍と戦闘を続けている反体制派が、首都トリポリをほぼ制圧しました。

・政府は、福島、岩手、栃木県全域の肉牛の出荷停止を解除しました。

先に出荷停止を解除されていた宮城県と合わせて、これで肉牛の出荷停止地域はなくなりました

ロシアメドベージェフ大統領と、北朝鮮金正日総書記が、東シベリアで会談しました。

・アメリカ東海岸を北上していたハリケーンアイリーン」は、熱帯低気圧となってニューヨークに上陸しました。

ハリケーンがアメリカ北東部のニューヨークまで接近するのは非常に珍しいことです。

・北海道電力の泊原子力発電所3号機が、全国の原発では東日本大震災後初めてとなる、営業運転再開をしました。

・第93回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)の決勝は、節電のため、大会史上初めて午前中に試合が行われました。

結果は、西東京代表の日大三高が、青森県代表の光星学院を破り、10年ぶり2度目の優勝を果たしました。

先週の記事も確認しておいて下さい。

以下にリンクを貼っておきます。

【時事問題2011年8月その1】アメブロ版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は秦野市議会議員選挙

いつもありがとうございます。塾長です。

今日は全国模試2日目です。

昨日は受験者が多く、急遽自習室の机を使って受験する生徒もいました。

生徒数が増えている分受験者も増えるわけで、そこまで考えて準備をしておいてよかったです。

今日は、地元秦野市の市議会議員選挙の投開票が行われます。

定数26に立候補者が27人と、選挙といえないような選挙です。

昨日もテスト中に、教室のすぐ近くで演説をする候補者がいて、うるさくて困りました。

ある候補者が言っていたのですが、議員定数を削減することに反対した現職議員が16名いて、その案は通らなかったそうです。

定数を削減すればそれだけコストが減り、税金の無駄遣いが減ることになるので、私としては賛成なのですが、どの候補者(現職議員)が反対したのかがわかりません。

選挙では、良いことばかりではなく、「私は議員定数削減に反対しました。」など、有権者にわかる情報をきちんと伝えて欲しいです。

選挙といえば、民主党の代表選挙も週明けにありますね。

現在は、民主党の代表=日本の総理大臣なのですから、是非きちんとした人になってもらいたいです。(そんな人いるかな)

できれば、総理大臣は国民投票で決めるようにして欲しいですね。

でないと、権力争いで議員たちが右往左往して、肝心の政策がお粗末ということになりかねないです。

結局、「誰がなっても同じだった。」という声が3ヵ月後に聞こえてくるのが目に見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期講習終了しました

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日で夏期講習の全日程が終了し、今日と明日は全国模試です。

夏期講習の成果を思う存分発揮してもらいたいと思っています。

秦野市では、来週初めから学校が始まる所が多いのですが、まだ夏休みの宿題が終わっていない人もいるかもしれません。

この週末で、しっかりと終わらせて、提出して下さい。

2学期制の学校では、期末テストも近いですね。

夏休みの学習で、ある程度テスト対策もできたかもしれませんが、これからさらに気合を入れて勉強して下さい。

小学生でも中学生でも高校生でも、もちろん大学生でも、勉強しなければ力はつきません。

それは、単なる学力だけではなく、勉強を通して、「大人になって1人でもきちんと生きていける力」なのです。

大人たちは子どもたちを苛めるために勉強を強要しているわけではありません。

しかしそのことを子どもたちが理解できるのは、大人になって自分ひとりで問題を解決しなければならない場面に遭遇した時でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ちて当然

いつもありがとうございます。塾長です。

結果が目に見えてることってありますよね。

昨日の私がそうでした。

大学のAO入試を翌日に控えた生徒の手伝いをしていたのですが、ちょっと準備が足りなさすぎだろと、本人を叱りました。

というくらい、準備をしていなかったのです。

正確に言うと、自分では準備ができないくらい能力が低かっただけかもしれませんが。

まあ、今回の試験はだめでしょうね。

これで受かったら、その大学に全く価値がないことが証明されます。

常日頃私は、何事にも準備が大切だということを話しています。

受験においても仕事においても、それこそ遊びや旅行、常日頃の何気ないことでも、準備をしっかりとしておくことが、成功につながると思っています。

本人に能力が無くても、努力をすれば、道は開ける場合もあります。

また、その努力を見て周りの人間が手を貸してくれることもあるでしょう。

しかし、それをやらないで、直前になって慌てているようでは、例え運よく合格しても、その先に待っているのは、大した未来ではありません。

自分の教室の生徒なので、合格すれば一つ肩の荷が下りるのですが、その生徒の将来を考えると、今回は不合格で良いです。

これで受かったら、人生を甘くみて、将来痛い目にあうでしょう。

残酷なようですが、私は愛情を持って、本気でそう考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そこにあるのは

今日もありがとうございます。塾長です。

ガラスを掃除したら、無くなってしまいました。

正確に言うと、そこにガラスがあることがわからないほどきれいになりました。

汚いから存在を感じ、きれいになると存在を忘れられてしまう。

世の中の不条理と重なるような気がします。

汚くても存在を認めてもらうことと、忘れ去られてしまってもきれいでいること、どちらが幸せなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必ず後悔します

いつもありがとうございます。塾長です。

夏期講習も残りあと3日となりました。

週末には、全国模試が控えています。

この全国模試で、夏期講習でどれだけ力をつけたのかを見ることができます。

努力した人もしなかった人も、それなりの結果になると思います。

そして、大事なことは、その結果をどのように受け止めてこれからの勉強に活かしていくかです。

特に受験生は、入試の本番で最高の実力を発揮できるように、毎日を過ごして下さい。

周りに昨年受験生だった人がいるなら、「受験で後悔したことは何ですか。」と聞いてみて下さい。

おそらくほとんどの人が、「もっと勉強しておけばよかった。」と答えるはずです。

私も受験生時代を思い出してそう思いますし、ほとんどの方は当時を振り返ればそう思うでしょう。

そうやって先輩たちが、同じ轍を踏まないように経験談を話しても、何故だか現役の受験生には響かないのですよね。

でも、我々は言い続けるしかないのです。

「今勉強しなければ必ず後悔するよ。」と。

今日も、そして明日も私はこのセリフを言い続けます。

それが私たちの仕事であり、使命だからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末は秦野市議会議員選挙

今日もありがとうございます。塾長です。

教室のある地域では、夏休みもあと1週間をきりましたが、今年は学校の課題を教室で終わらせる生徒が少ないです。

はりきって講師たちに輪番で自習室担当を頼んだのに、あまりに自習室に来る生徒が少ないので、ほとんど自習室での仕事がなくなっています。

私は私で、新規入塾の方たちを、どのように授業に組み込んでいくか頭を悩ませています。

今夏で開校以来最多の塾生数となるので、色々と大変です。

昨日ポストに、日本共産党のチラシが入っていました。

私の住む神奈川県秦野市では、今週末が4年に1度の市議会議員選挙なのです。

チラシを読んで初めて知ったのですが、秦野市は、子どもの医療費無料の年齢制限が6歳までなのですね。

子どもがいなければ気にも留めない話なのですが、子どもがいるので、どうしてもそういう話題には敏感になってしまいます。

そのチラシによると、近隣の中井町や厚木市では、何と中学3年生まで医療費無料、平塚市や伊勢原市でも小学校3年生まで無料なのだそうです。

これだけ見ると、隣接市に引っ越したくなります。

このチラシによると、秦野市は近隣に較べてあまりにもお粗末で、その他の政策でも、近隣地域に遅れをとっているのは否めません。

だから共産党の議員に投票するかはわかりませんが、少なくとも自分たちの生活が向上するような市政であって欲しいと思います。

特に子どもや高齢者に関する厚生は、党派を超えて考えてもらいたいことです。

できれば、社会科で公民を勉強している中学3年生などにも、こういう現実があることを知ってもらい、より良い秦野市にするためにどうしたらいいか考えてもらいたいですね。

本気で引越しを考えた私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【時事問題2011年8月その1】テスト対策

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は、時事問題2011年8月その1ということで、最近起こった出来事をまとめてみたいと思います。

2学期制の地域では、休みが終わってすぐに期末テストになるでしょう。

今のうちから少し時事問題を研究しておきましょう。

いつものように赤い字がキーワードになっています。

・8月15日は、66回目の終戦記念日でした。

日本武道館では、天皇・皇后両陛下や菅直人首相が出席して全国戦没者追悼式が行われ、戦争で亡くなった約310万人に祈りを捧げました。

・菅内閣は、原子力安全庁を来年4月から新設することを決定しました。

福島県内の子ども約1150人を対象に3月下旬に政府が行った、甲状腺の内部被曝検査で、45%の子どもが被曝していたことが明らかになりました。

・サッカーの女子ワールドカップで優勝した日本チーム(通称:なでしこジャパン)に、国民栄誉賞授与が決まりました。

団体としての受賞は、史上初となります。

・静岡県天竜川川下り船転覆事故で、5人が死亡しました。

・7月23日、中国の高速鉄道が追突事故を起こし、約40人が亡くなりました。

民主党内では、菅首相の退陣に備えて、後継者選びが活発化しています。

・政府は、7月末に新潟と福島で発生した、集中豪雨による被害を激甚災害に指定しました。

民主党内の動きは、今後新しい代表が決まるまで活発化すると思われます。

また、新しく選ばれた代表によっては、自民党や公明党と連立政権を組む可能性もあります。

ニュースなどをこまめにチェックしておきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

増える受験生の入塾申し込み

今日もありがとうございます。塾長です。

ここ1週間、入塾の問い合わせが増えています。

特に、高3生や中3生など受験生からの問い合わせが多いです。

夏休みも終盤にさしかかり、いよいよ焦って勉強をしようと思っているのでしょうか。

夏休みから勉強しているライバルに追いつくかどうかはわかりませんが、少なくとも勉強しなければ学力は上がらないので、少しでも早くとりかかったほうが良いでしょう。

私の教室では、現在中3生の入塾はお断りしています。

理由は、これ以上中3生が増えると、一人ひとりに細かい受験指導ができなくなるからです。

学習相談で話を聞くと、何とか受け入れてあげたいと思うのですが、今いる受験生たちのために、それはできません。

その代わり、私の信頼している塾長が経営する学習塾を紹介することがあります。

せっかく知り合ったのですから、満員だからと冷たく断るのではなく、その方にとって最善の方法を提示できるようにしています。

現在入塾待ちの方にはご心配をおかけしますが、1人でも多くの方を受け入れられるように調整していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨の中の講習

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は豪雨で、教室周辺の道路が水没してしまいました。

ちょうど出勤時間だったため、膝まで水に浸かりながら、なんとか教室にたどり着きました。

勢いよく交差点に突っ込んできた車が、その水のせいで立ち往生してしまい、消防が出動して助け出していました。

教室に入ってくる講師も生徒もびしょぬれで、大変な授業のスタートになってしまいました。

私も靴下を脱ぎ、裸足で1日を過ごしましたが、生徒たちもほぼ全員裸足になっていたので、違和感はありませんでした。

それよりも、雨に濡れた生徒や講師が風邪をひかないように、空調にはとても気をつかいました。

1時間ほどして道路の水は全く無くなったのですが、立ち往生していた車は故障してしまったらしく、レッカー車で運ばれていきました。

途中地震もあり、大変な1日となりましたが、授業の欠席者もほとんどなく、なんとか無事に過ごせました。

一昨日までは暑い暑いと言っていましたが、雨が降ったら降ったでまた一大事、本当に気の休まる季節はいつ来るのでしょうか。

それでも、どんな天候であろうとも、夏期講習を完遂させなければと、気合を入れ直しています。

雨のあがった夜は、AO入試が迫った高3生の志望理由書の作成を手伝いました。

最初はノートに書いていましたが、あまりにも字が汚く、これでは清書の時に間違えてしまう可能性があると、塾長席のパソコンを貸し出して仕上げさせました。

早くも入試は始まっているのですね。

夏期講習が終われば中3生も、さらに加速して欲しいと思います。

そうそう、中学受験の子も気合を入れて欲しいと付け加えておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しく無人の自習室

今日もありがとうございます。塾長です。

暑い日が続きますね。

外は暑くても、涼しい快適な環境で勉強ができるように、教室の温度調節には気をつけています。

自習室もエアコンをつけて、生徒たちを待っているのですが。。。

今年は自習室に来る生徒が少ないです。

年度によって差はあるのですが、特に今年は、メインの中学校の生徒の中に、自習しに来る生徒が少ないのが特徴です。

教室に通う中学生は、大きく分けて3つの中学校に通っていますが、その塾生比率は、7:2:1です。

その7割を占める中学校の生徒が自習に来ません。

その中で頑張っているのが、1割しかいない中学校の生徒たちです。

少ない人数ながら、誰かしら毎日自習室で夏休みの学校の課題に取り組んでいます。

別に自習室に来るから偉いとかではありません。

ただ、自習室のほうが、自宅よりも学習が捗ると思って、部屋を提供しているので、利用してくれたほうが嬉しいです。

自習室は誰もいなくても、授業の合間の休憩時間には、塾生で混雑するため、エアコンを消すことはありません。

どうせ電気を使うのなら、多くの生徒に自習室を利用して欲しいです。

近隣地域の学校の夏休みはあと10日くらいです。

まだ学校の宿題が残っている生徒は、そろそろ真面目に取り組んで下さいね。

毎年数名が、「終わらなかったから出さなかった。」と平然と言ってきます。

それで講師や私に叱られるのも毎年のことです。

嫌なことは後回しにしないでやってしまいましょう。

教室では、美術でも家庭科でもやる気のある生徒には協力します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外も中も暑い1週間

いつもありがとうございます。塾長です。

夏期講習後半も3日目、あと7日で全日程が終了となります。

講習後半から復帰した講師もおり、教室はますますヒートアップしています。

夏期講習中で最も混雑する1週間だとわかっていたのですが、いざ始まってみると、授業ごとの生徒の座席移動など、結構大変です。

加えて、生徒が多いと欠席する生徒も増えるので、その振り替え処理などに追われています。

そのような今週ですが、どんなに忙しくても、そろそろ9月の準備もしなければなりません。

夏期講習生や、夏期講習を受けられなくて入塾待ちになっている方々を、9月からの塾生として迎え入れる用意を始めます。

何人受け入れられるかは、9月の講師の状況を見てから決めますが、なるべくお待たせしている方々が授業を受けられるようにしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節電の効果

今日もありがとうございます。塾長です。

夏期講習の後半がスタートし、教室は塾生たちの熱気で暑いです。

暑いといっても、塾生に快適な学習空間を提供するために、きちんと冷房は使っていますよ。

巷では、節電で、電力の使用量を、昨年の同じ月と比較して、約15%削減しようということが言われています。

教室では、塾生への快適な学習環境を提供することを考え、授業中にエアコンの使用を控えたり、照明を暗くするなどということはしていません。

但し、その他の部分では、かなり節電を心がけています。

例えば、外に設置している看板や外灯など、塾生の学習環境と関係ないものについては、全てカットしています。

その効果があったのか、昨日届いた東京電力からのお知らせでは、電力の使用量が、前年同月比で約20%抑えられていました。

目に見えない努力をしてきたのですが、それが数値となって表れ、ホッとしています。

節電で最も効果があったことは、おそらくですが、昨年より教室を閉める時間を早めたことが影響していると思います。

大体、1日につき1時間は早く帰るようにしています。

それだけで、照明やエアコンの使用をかなり抑えられることになるので、今後も続けていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期講習後半スタート

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日で教室の夏季休業が終了し、今日から夏期講習後半の10日間がスタートです。

休暇中は、子どもの体調不良などがあり、ほとんど子どもと一緒に過ごしました。

その合間を縫って、教室で決算関係の仕事をしていたので、本当に休んだという実感はあまりありません。

無情にも時は流れ、本日から業務再開となりましたが、残りの講習も全力でとばしていきます。

といっても実際に頑張ってもらうのは、講習に参加している塾生たちにですけどね。

夏期講習は、前半より後半のほうが日数が短いので、塾生達には、本当に内容の濃い講習後半にしてもらいたいと思います。

毎年のお約束ですが、そろそろ学校の課題が終わらない塾生が、それらを教室に持ってくる時期です。

今年はすでに読書感想文や英語の課題などの指導をしていますが、これから家庭科や美術などの依頼が増えそうです。

会社的には、あとは税理士と打ち合わせなどをして、早く決算関連の業務から解放されたいです。

さあ、後半も頑張っていきましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師記事名作選3

今日もありがとうございます。塾長です。

ニュースでは、帰省ラッシュの渋滞について放送しています。

そろそろお盆休みも終わる人も多いのではないでしょうか。

当教室も夏季休業は本日が最終日、明日からは夏期講習後半が始まります。

今日は講師名作選より、前田先生の記事をお送りします。

『緊張を解くために』

こんにちは、前田です。

受験生の皆さんは、まだまだ受験ということを意識していないかもしれません。

しかし、この暑い夏の間でも、確実に受験までの時間は減ってきています。

今日は受験生へエールを送るつもりで、緊張について書きたいと思います。

勉強やスポーツに関わらず、何かの大会、発表、テストと名の付くものに多くの人は緊張することと思います。

本番では、練習の7割の力が出せれば上等ということを聞くこともありますが、せっかく今まで練習を積んできたにも関わらず、7割の力しか出せないというのは勿体ないですよね。

こと、受験においては、自分の人生を左右するかもしれない大切なものです。

なるべくなら100%の力を出したい。もともと練習で出来ていたことをするだけで、何も実力以上のものを出すわけではないから、特別なことは必要ありません。

考え方を少し変えれば、良い方向に向かうかもしれませんね。

中には緊張しないために「ダメでもともと」と考える人もいます。どれ程効果があるかわかりませんが、もし本当にダメだったら…と考えると、後悔しそうであまり良い方法とは思えません。

それに、良い結果を強く望むことは決して悪いことではないからです。

しかし、そもそも緊張してしまうのには、「うまくやろう」や「失敗しないように」と、良い結果を意識しすぎるということが原因の一つに挙げられると思います。

大会で負けたい、発表、テストで失敗したいと考える人はまずいません。できるなら勝ちたい、良い点数をとりたい、入試に「合格」したいと思うはずです。

それならば、緊張することは「合格」への第一歩と考えられるのではないでしょうか。

合格には、言うまでもなく充分な学力が必要です。しかし、同時に「合格したい」という強い気持ちも大切です。

もし、本番でペンを持つ手が震えていたら…それは、合格に必要な一つ目の要素を満たしているということでしょう。

あとは、普段通り問題を解いていくだけでいいわけです。震えていなければ…それは、あなたが大舞台にも動じない強心臓の持ち主だということでしょう。

これから受験までの時間はあっという間に過ぎていきます。

それまで、学校の定期テストや全国模試など、「緊張する練習」をする機会が何回かあります。

それらの機会に、実力を発揮する練習に加えて、緊張する練習もしてみてはどうでしょうか。

いくつかの場数を踏むことによって、慣れることができるかもしれません。

そして緊張を楽しめるようになったら、もう一流の受験生と言えると思います。

夏休みはあと2週間くらいです。人生で一番勉強したという思い出が残るような夏にして下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師記事名作選2

いつもありがとうございます。塾長です。

教室のある小田急線東海大学前駅付近は、お盆休みということもあってか、人通りが極端に少ないです。

休業している店舗も多く、閑散としています。

本日も夏休み特別企画、過去の講師の記事特集で、馬嶋先生の名作が登場です。

『数学必勝法1』

馬嶋です。

今日は数学の成績がどうしたら伸びるのか?私なりに考えた結論を紹介していきたいと思います。

これはあくまでも個人的な見解ですが、参考にして頂ければと思います。

1 基本事項を理解すること

数学には公式や定義などが必ず存在します。

これをまずはテキストを読んでしっかり理解することです。

2 まずは問題を解いてみる

うちの教室ではいくつかの教材を使っていますが、これらを基本問題から解いてみると、「ああ、こうやって公式を使えばいいんだ!」というように原理を改めて理解することができます。

3 解けない問題は徹底的に解き直しをする

私の担当で非常に良い成績の生徒がいますが、その生徒はいつも必ず、率先して解き直しをしています。

宿題の解き直し、解説が授業の半分を占めるのもざらですが、その分徹底的に理解しているため、一度間違えた問題にはすぐに対応できるようになります。

4 途中式を丁寧に書く

問題を解く時には、途中式を書かなければどこで間違えたのか分かりません。

どこで間違えたか分からなければ、間違えた理由も解決策も見つかりません。

私の学生時代の数学のノートは、途中式だらけで決して綺麗とは言えませんでした。

ですが、それがなければ成績は伸びなかっただろうと今でも思います。

理想としては、後からすぐ確認できるように、なるべく丁寧に途中式を書きましょう。

5 見直しを必ずする

私は担当の生徒に、「最後まで解けていなくても、必ずテストの最後の5分間は時間を取って見直しするように」と伝えます。

数学での計算ミスは、どのようなレベルの生徒でも起こりうるからです。

よくあるのが、最後の問題が解けなかったら3点取れない。

でも、実は計算ミスが10点以上もあった。というパターンです。

解けるか分からない問題に時間をかけるよりは、とにかく見直しをしてください。

6 宿題などでしっかりと演習をする

項目5までできているのに、なぜ成績が伸びないのか?こう思った人がたくさん居るかと思います。

その理由として、演習量が足りていないことがあげられます。

宿題は必ず行っていますか?

宿題だけではなく、テスト前に学校のワークを終わらせてある人、ない人では明らかな差がつきます。

テスト前日に終わらせるのではなく、もっと余裕を持って提出物は終わらせましょう。

書いているうちに、他の科目にも共通してることが、かなりあるなと思いました。

他にも様々な要素がありますが、大まかにはこの通りです。

また追加すべきことを、そのうちに続編として紹介していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師記事特集1

今日もありがとうございます。塾長です。

夏休み特別企画、過去の講師の名記事特集、本日は岩本先生です。

岩本です。

Question 「1+4」と「4+1」は同じか?

Answer  答えは「5」で同じである。

これは誰もが知っている交換法則の問題で、足し算においては順番を入れ替えても式は成り立つという法則である。

その点で「同じ」という答えは正解である。

しかし、教える立場の人間においてこの答えでは正解とは言い難い。

本当に勉強が苦手な子どもにとっては、この2つの式は別物である。

それは何故か?

Question  「1+4」と「4+1」はどちらが簡単か?

理由はこの問いに集約されている。

Answer  「4+1」である。

それは1個あるものに後から4個を足すと考えるより、4個あるものに1個だけ足すと考える方が本当にかすかだが後者の方が簡単なのである。

9割の子どもは気にしないが、中にはつまずく子どももいるという事実がある以上、教える立場の人間において最初の問いに「違う」と私は答えたい。

これは足し算に限らず、他の勉強、勉強以外のことでさえも言えることである。

人に分かりやすく教えるということは、このような違いを意識した上で構成を組み立てていくということなのだと考えている。

私ももっと分かりやすく教えられるようになりたいと思う。

“To know is one thing and to teach is another.”(知っていることと教えることは別だ。)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気が何より

いつもありがとうございます。塾長です。

子どもの熱がやっと下がりました。

食欲も無かったのですが、前日に較べると食べてくれるようになりました。

心配だったので、ネットで色々と検索すると、食べなくても、とにかく水分補給をしっかりとするように書いてあったので、それには気をつけました。

子どもはすぐに果汁100%のジュースを飲みたがるのですが、1日に2本までと日頃は決めていました。

ただ、ここ数日は、ジュースでも何でも口に入れてくれればいいという考えで、結構多めにあげました。

元気になってからも、催促すればもらえると思われても困るので、元気になったらなったで、また考えないといけません。

とにかく元気が何よりですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱が出ました

今日もありがとうございます。塾長です。

子どもの熱が下がりません。

教室が夏季休業に入った火曜日から続いています。

本人はいたって元気で、熱があるようには見えないのですが。。。

先週予防注射を打ったのですが、その副反応かもしれません。

一応、一昨日も昨日もお医者さんに連れていきましたが、風邪の可能性が高いとのこと。

元気だったら、このお休み中にお出かけする予定だったのですが、ちょっと厳しいかもしれません。

子どもはよく熱を出すので、しょうがないですね。

とりあえず、早く回復して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

66回目の長崎原爆の日

いつもありがとうございます。塾長です。

1945年の8月9日午前11時2分に、アメリカ軍はナガサキに原爆を投下しました。

一瞬にして、約7万4千の人が亡くなり、ほぼ同じ数の重軽傷者が出ました。

詳しくはこちらを見て欲しいです。長崎市・原爆についてのHP

今年は66回目の「長崎原爆の日」でした。

平和記念式典では、田上富久長崎市長が、長崎が廃虚から復興したことに触れ「希望を失わないで」「世界が応援している」と東日本大震災や福島原発事故の被災地にエールを送りました。

原爆に関して我々にできることは、ただ、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、二度と同じ過ちを犯さないよう、全世界の人間で、核について考えることだと思います。

特に、福島原発事故をふまえて、核の平和利用について考えていくべきだと思います。

夏期講習の中3生の社会科の授業では、歴史の復習で、必ずこれら原爆の話が出てきますが、ほぼ、投下された日を確認するくらいで、どのような流れでこの悲劇が起きたのかは詳しく勉強しません。

できることなら時間を割いて、何故このような悲劇が起こったのか、そして、二度と同じ過ちを繰り返さないためにはどうしたらよいのかを、中学生たちにも考えて欲しいです。

できれば塾ではなく各学校で、そのような取組みをして欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ1週間の検索ワード

今日もありがとうございます。塾長です。

ここ1週間にブログで検索されたキーワードを調べてみました。

・「時事問題 2011年 7月」・・・この時期、もう学校でテストを行っている所はないと思うのですが、相変わらず検索の上位は時事問題に関するものでした。

時事問題は年中関心がある人が多いということでしょうか。

・「秦野高校」・・・近隣地域にあるトップ校です。受験生が高校の情報を集めようとして検索しているのでしょうか。

ここのところ、この秦野高校に関するワードの検索数が増えています。

ちなみに、その他の高校の検索数は全く増えていません。

・「受験生に贈る言葉」・・・これは先生や塾関係者の方の検索でしょうか。

この夏休みにどのような言葉を受験生に贈るのか考えているのでしょうかね。

ちなみに、このタイトルで、かつてうちの講師が記事を書いているので、そのページの検索数が増えていました。

・「塾 値上 連絡 例文」・・・塾関係者の方が、値上げをするにあたって、どのように各家庭に通知をするか考えているのでしょうか。

このご時世に値上げをできるとは、よほどしっかりとした内容を持っている塾なのでしょうね。

それともただ単に、一人当たりの単価を上げたいのでしょうか。

・「個別指導 正社員」・・・これも、いつも検索があるワードです。

学習塾なかでも個別指導に就職したいという方々が多くいらっしゃるのでしょうね。

ただ、個別指導で正社員となると、教室長のような管理者の募集になると思います。

講師のみで正社員だとペイできないので、教室管理兼講師という仕事になると思います。

・「受験 合格 塾 遅刻」・・・どのような意図で検索されたのか想像がつきません。

遅刻と合格の因果関係を探りたかったのでしょうか。

少なくとも、塾の授業に遅刻してくるようでは、合格は遠ざかっていくと思います。

今後も検索ワードについては、研究していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立秋

いつもありがとうございます。塾長です。

今日は二十四節気の一つ、立秋です。

今年は、そんなに暑い日が続いていないのですが、1年中で最も暑いのは立秋の頃と言われています。

立秋は、夏至と秋分の中間にあたるので、昼と夜の長さを基準に考えると、ちょうどこの日からが秋ということになります。

今年はこれと言った猛暑もなく秋へ向かうのでしょうか。

電力不足の今夏ですから、あまり暑くならないほうがいいのかもしれませんが、農作物にとっては冷夏は大敵です。

特に今年は震災の影響で、農作物の収穫量も例年より少ないでしょうから、暑くならないことを歓迎して良いのか悪いのか微妙なところです。

とにかく私たちは、節電など、個人個人でできることをしていくしかありません。

局地的な豪雨なども続いていますが、この夏が、いつもの平和な日本の夏でありますように願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調のバロメーター

今日もありがとうございます。塾長です。

夏期講習も中盤戦、何もしていないような私も疲れが出たのでしょうか。

体調が優れませんでした。

これと言ってどこが痛いとかはなかったのですが、自分でも調子が悪いのが分かりました。

私の体調のバロメーターはコーヒーです。

私はお酒を飲まない代わりに、コーヒーをよく飲みます。

しかし体調が悪い時には、コーヒーを飲みたいと思わなくなるのです。

昨日も、1日1本飲んでいる缶コーヒーに手を出しませんでした。

そこで、自分は疲れているのだと自覚したのです。

講習後半に突入する前には、約1週間の夏季休暇があります。

そこでじっくりと身体を休めたいと思います。

といっても例年、休暇中でもほとんど毎日教室に行っているので、果たして今年は何日休めるのか、今から気にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ学校の宿題を

いつもありがとうございます。塾長です。

夏期講習も、今日で第3週が終了となります。

早いもので、もう全体の60%が終了することになります。

当教室では、8月9日より1週間夏季休校となります。

その1週間の間、ほとんどの生徒に大量の宿題が出されます。

その宿題をこなしつつ、そろそろ溜まっている学校の宿題に手をつけて欲しいと思います。

最近自習室で、夏休みの学校の宿題をする生徒が増えてきたような気がします。

是非全員が、しっかりと全ての課題を提出してくれることを祈っています。

教室では、課題で困ったことがあれば、全ての科目で助け舟を出す用意をしております。

お気軽にお尋ね下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主任のありがたみ

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日の講習は、途中から主任講師が不在でした。

基本的に授業中は、常に最低1人は、主任がいる状態なのですが、珍しく主任がいない時間帯が続きました。

長い夏期講習なので、こういうこともありえます。

ただ、主任がいないと、結構大変でした。

いかに、いつも主任に依存して教室運営をしているのかがわかりました。

それぞれ講師が個別のスケジュールに合わせて授業をしていくので、授業自体は、全く問題ありません。

しかし、授業以外の業務や、講師への指示が大変でした。

もちろん授業以外の業務は私が担当しているのですが、私が来客や電話の応対をしている時には、主任講師の指示で教室が回るのです。

つまり、主任は教室の司令塔なのです。

昨日は、電話や来客、面接やその他の小さなトラブルなどが続いたため、普段より忙しい1日で、久々に大変な思いをし、主任のありがたみを再認識しました。

主任以外の講師たちも、時間が経てば主任となっていく講師もいるでしょうから、是非頑張ってスキルアップして欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライバルの存在

いつもありがとうございます。塾長です。

夏期講習も日数では、折り返し地点に達しました。

昨日、郷里に戻っていて、講習の後半から授業の予定が入っている前川先生と電話で話しました。

話しているうちに、以前前川先生がブログで書いた記事のことを思い出しました。

もう1年以上も前の記事ですが、今の塾生たちにも読んで欲しいと思い、再掲します。

こんにちは。前川です。

今日は、ライバルの重要性について話したいと思います。

私は今、大学院生ですが、同級生の中に、一人留学生がいます。その留学生を、ここでは仮に、W君とします。

W君はカザフスタン出身で、この4月に日本にやって来ました。
彼によると、カザフスタンは、ロシアと中国、ウズベキスタンに挟まれた中央アジアの国で、国土は日本の約7倍、人口は7分の1程だそうです。

彼は、母国語以外に3ヵ国の外国語が話せます。母国語はカザフ語で、他はロシア語・英語・日本語です。日本語の発音はとても流暢で、下手な日本人よりも丁寧な言葉遣いができます。

私の所属する大学院の授業では、英語の文献を読むことが多いです。
そこで予習のために、英語を日本語に訳さなければいけないのですが、W君に話を聞くと、彼は、英語を一旦カザフ語に翻訳した後、日本語に翻訳するそうです。つまり、2回、文献を翻訳しているのです。

このように、日本人の学生より2倍ほど手間のかかる予習を、彼は欠かさずやってきます。日本語訳もかなり正確なものです。

慣れない土地で、頑張って勉強しているW君。彼の勉強に対する姿勢は、とても尊敬できます。

そこで、ぼくは彼のことを、勝手にライバルと思うようにしました。敵わないかもしれないけれど、相手にとって不足はない。なんといっても4ヵ国語をマスターしている秀才が相手ですから。

すると、予習である文献の翻訳が、以前より長い時間集中してできるようになりました。

予習がつらいと感じたとき、W君のことを思い出すと、「Wはもっと頑張ってるに違いない」と思い、一息ついて「よし、頑張ろう」と勉強を再開できるようになりました。高い意識を持つと、人は徐々に変わっていくものです。

私は、そんな高い意識が保てるような学習環境がこの、早稲田育英ゼミナールにもあると思います。

それは自習室です。友達と、互いに切磋琢磨し続けられるスペースとして、ぜひ自習室を活用して欲しいです。

もし家で勉強が進まないなら、自習室で勉強してみませんか。もしかすると、そこで、生涯のライバルを発見できるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学習塾HP考察【エディブロ】

今日もありがとうございます。塾長です。

5月に行われた早稲田育英ゼミナール本部のセミナーで、私は講師を務めました。

その時に最も強調して言ったことは、「ホームページとブログの重要性」でした。

これは、皆さんが何か買い物や旅行、調べ物をする時を考えれば理解してくれると思います。

今ではほとんどの方が、何か調べる時には電話帳などよりも、とりあえずネットで検索する人の方がはるかに多いからです。

塾を探す時ももちろん、ネットで検索される時代です。

ですから、ホームページを持たない塾は致命的で、あってもお飾り程度のコンテンツだと意味をなさないのです。

というようなことから、手っ取り早くホームページを始めるのに最適な、エディブロというものを紹介しました。

早稲田育英本部が元々推奨しているもので、普通のホームページを作るとかかる初期費用がほとんどかからずにすむのです。

また、SEO対策も万全らしく、「駅名+塾」や「地名+塾」で検索すると、ほとんどの地域で、エディブロを使っている学習塾が上位表示されます。

そんな便利で頼もしいエディブロを、なぜうちの教室が使ってないかと申しますと、エディブロと出会う前にホームページを既に持っていたからです。

今から始める学習塾の方は、絶対に使ったほうがいいですよ。

という話をしてから2ヶ月、セミナーに参加した教室のホームページ状況を見てみると、半分くらいは、存在しませんでした。

結局話を聞くだけでは、何も変わらないですね。

最近、塾経営をスタートさせる人に何人か会いましたがホームページのことを聞くと、塾がスタートしたら、3ヶ月後くらいにやる。という返事が多かったです。

逆ですね。開校するなら、教室が出来上がる前からホームページでどんどん宣伝しておくべきでしょう。

皆、ホームページやブログの効果を知らないから侮っているのかもしれませんが、効果を知っている私にとっては、やらないことほどもったいないことはないですね。

便利なエディブロですが、実は、ただホームページを開設すればよいというものでもありません。

せっかくクリックしてもらえたのに、コンテンツが充実していなければ、見た人はすぐに、次の塾のホームページに行ってしまいますよ。

エディブロを使った効果的な教室HPの例は、この塾が最高だと思います。

もしエディブロを使っているのに、いまひとつ問い合わせが少ないとお思いなら、このホームページを参考に改良してみて下さい。

但し、見た目だけ真似るのではだめです。

なぜこのような配置、コンテンツになっているのかをよく考えてから改良してみて下さい。

この教室は、ネットからの募集のみ(折込広告費などの経費ゼロ)で、満席に近い状態となっています。

もちろん、HPに劣らない、経営者のマインドがあってこその盛況ぶりだと私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家と連絡とれました

いつもありがとうございます。塾長です。

数日前のことですが、所沢に住む両親に電話をしましたが、留守でした。

昨日まで何回か電話をしても通じず、さすがに不安になって携帯電話にも数回かけたのですが、つながりません。

同居している兄にメールしても返事がなく、これは何かあったのかと、講習中の教室でどうしようか考えていました。

つい1週間前に妻と子が実家を訪れた時は、皆元気だったそうですが、この数日で何があったのか、不安は募るばかりです。

しょっちゅう電話をかけているわけではないので、いざ掛けた時に繋がらないのは、本当に不安になります。

いよいよ実家に行かなければと考えていた矢先、教室に一本の電話がありました。

母からでした。

話を聞くと、ここ数日間、実家に怪しげな迷惑電話がかかってくるので、電話に出ないようにしていたそうです。

ナンバーディスプレイなのですが、教室の電話番号を知らなかったらしく、私が教室から掛けた電話も怪しいと思っていたらしいです。

ならば留守番電話をセットしておかないと意味がないと言うと、9回コールしたら留守番電話になる設定らしいです。

今時、そんなに長い時間電話を鳴らさないよと言い、兄に言って、留守番電話に切り替わる時間を短くしてもらいました。

携帯電話に出なかった理由は、機種変更をしたら、電話の出方がわからなかったそうです。

「いくら年寄りでも、電話の出方くらい知っておけよ。携帯電話の意味ないじゃん。」と、つい怒ってしまいました。

というか、買い換えた時にそのくらい確認しておいて欲しいですね。

無事だったことが確認できたので良しとしますが、高齢なので、これからも心配は続きそうです。

まさか爺さんばあさん、私を差し置いて、今流行のスマートフォンにしたんじゃないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏期講習前半最終週

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日の駅前のお祭りは、盛況でした。

スタッフの方々、出演者の方々お疲れ様でした。

今日から夏期講習は第3週に入ります。

この1週間が終われば、前半のタームは終了となります。

夏季休校が1週間あるので、講習の後半は10日間しかありません。

1日1日を大切に、友達との思い出作りも大切ですが、受験生は、一生でこんなに勉強したことはなかったと言えるくらいに頑張って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »