« ここ1週間の検索ワード | トップページ | 熱が出ました »

66回目の長崎原爆の日

いつもありがとうございます。塾長です。

1945年の8月9日午前11時2分に、アメリカ軍はナガサキに原爆を投下しました。

一瞬にして、約7万4千の人が亡くなり、ほぼ同じ数の重軽傷者が出ました。

詳しくはこちらを見て欲しいです。長崎市・原爆についてのHP

今年は66回目の「長崎原爆の日」でした。

平和記念式典では、田上富久長崎市長が、長崎が廃虚から復興したことに触れ「希望を失わないで」「世界が応援している」と東日本大震災や福島原発事故の被災地にエールを送りました。

原爆に関して我々にできることは、ただ、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、二度と同じ過ちを犯さないよう、全世界の人間で、核について考えることだと思います。

特に、福島原発事故をふまえて、核の平和利用について考えていくべきだと思います。

夏期講習の中3生の社会科の授業では、歴史の復習で、必ずこれら原爆の話が出てきますが、ほぼ、投下された日を確認するくらいで、どのような流れでこの悲劇が起きたのかは詳しく勉強しません。

できることなら時間を割いて、何故このような悲劇が起こったのか、そして、二度と同じ過ちを繰り返さないためにはどうしたらよいのかを、中学生たちにも考えて欲しいです。

できれば塾ではなく各学校で、そのような取組みをして欲しいと思います。

|

« ここ1週間の検索ワード | トップページ | 熱が出ました »

ニュース」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/52437391

この記事へのトラックバック一覧です: 66回目の長崎原爆の日:

« ここ1週間の検索ワード | トップページ | 熱が出ました »