« 志望校を決めよう | トップページ | 地道に努力をすれば »

振り替えラッシュ

今日もありがとうございます。塾長です。

塾生が次から次へと夏期講習の授業の振替を申し出てきています。

個別指導の良い所は、個人個人に合わせたスケジュールを組めたり、授業の変更に対し比較的に柔軟に対応できることです。

しかし、今年のうちの教室では、ほとんど振り替えの授業枠はありません。

Aさんが振替で抜けた所にBさんを移動して、Bさんが抜けた所にCさんを、さらにCさんが元々いた所にAさんを移動するなどしています。

本当にきついことをやっています。

早稲田育英ゼミナールでは、前日までの振り替え申請は、理由の如何に関わらず振替を認めていますが、たまにあまりにも身勝手な話もあり、振り替え拒否をしたくなることもあります。

振替をすれば、授業は確保できますが、出している宿題の量が合わなくなったり、最初に組み立てた授業の進行表の通りに進まなくなるので、結局損をするのは生徒です。

ですから、振り替えができるからといって、安易に振替をするのはやめて欲しいです。

いっそのこと早稲田育英ゼミナール全体の規約を改定して、振り替えできないシステムにしても良いと思います。

決められた曜日、時間に来て、規則正しく勉強をすることも、学力向上の一つではないでしょうか。

今日は気分が乗らないから休むとか、明日は部活がきつそうだから休むなどと言っていては、塾に通う意味はないでしょう。

逆に、どんなに辛く苦しくても、きちんと通塾してくる生徒の方が、成績は向上していると私は感じています。

ちなみに、一度振り替えた授業は、どんな理由であろうとも再度の振り替えは認めていません。

そうしないと、コストばかりがかかってしまい、教室運営ができなくなるからです。

現在も、台風の影響で大量の振り替えが出ては困るので、祈るような気持ちで台風の動きを見ています。

|

« 志望校を決めよう | トップページ | 地道に努力をすれば »

塾長の記事」カテゴリの記事

夏期講習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/52256166

この記事へのトラックバック一覧です: 振り替えラッシュ:

« 志望校を決めよう | トップページ | 地道に努力をすれば »