« 個別指導で正社員? | トップページ | 福沢諭吉とベビーカー »

近眼で老眼

今日もありがとうございます。塾長です。

最近目が疲れると思っていました。

あまりにひどいので、とりあえず知り合いの眼鏡屋さんに行ってきました。

視力検査をしてもらうと、今までかけていた眼鏡よりも、2段階度の強い眼鏡でちょうどよく見えるくらいに、視力が落ちていました。

さらに老眼も少しきているとのことで、「えっ、42歳で老眼って。。。」と衝撃を受けました。

しかし眼鏡屋さんの説明によると、ほとんどの人は、40歳を過ぎると老眼が始まって、早い人では40歳で老眼鏡を使っているとのこと。

老眼て、漢字からしてもう少し年配の方のものと思っていましたが、40過ぎの自分の身近な現象なのだと、複雑な気持ちになりました。

とにかく近視のほうが切実なので、眼鏡のレンズを交換してもらうことにし、老眼鏡(遠近両用レンズ)については、しばらく様子見ということにしました。

実際に新聞を見るときも、そんなに困っていないので、まだ大丈夫だと思います。

ついこの間まで「若造」と言われていたこの私が、今や老眼という言葉とお友達になるとは、月日の流れを感じました。

|

« 個別指導で正社員? | トップページ | 福沢諭吉とベビーカー »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/51885759

この記事へのトラックバック一覧です: 近眼で老眼:

« 個別指導で正社員? | トップページ | 福沢諭吉とベビーカー »