« 【時事問題2011年6月その3】テスト対策 | トップページ | 第三回ランチ会 »

宿題どこですか

いつもありがとうございます。塾長です。

授業の2時間前に、宿題がどこだったか電話で聞いてきた生徒がいました。

宿題は1週間前の授業終了時に、次回の授業(1週間後)まで、毎日勉強するように、講師が内容と量を考えて出しています。

ですから、授業の直前に宿題をやるのは、全く意味がありません。

授業の直前でも毎日でも、結局終わらせたのなら一緒だと思っている生徒が結構います。

そういう考えは捨てて下さい。

我々は、提出したかどうかで評価をつける学校とは違い、学力を向上させるために宿題を出しているのです。

よく、入塾面談で保護者さんに、「宿題は出ますか。」と聞かれるのですが、1週間に1度、90分の授業をしただけで成績が上がるなら、塾なんて必要ありません。

本当は毎日塾に来て勉強して欲しいのだけれども、それができないから、仕方なく宿題という形で課題を与えているのです。

たまに、「わからなかったからやってきませんでした。」という生徒もいます。

しかし、私たちは生徒がわからない可能性のある問題は極力避けて宿題を出します。

もちろん、より上を目指している生徒には、敢えて難しい課題を出すこともありますが、基本的には、授業で習った内容を、1週間で完璧に定着させるために宿題を出しているのです。

つまりその生徒は、「わからなかった」のではなく、「わからないと思った」からやらなかっただけです。

本当にやる気のある生徒ならば、授業日でなくても、本当にわからない宿題があれば教室まで聞きに来ます。

生徒のためを思って出している宿題ですが、勘違いにより嫌う生徒が多いのが残念です。

|

« 【時事問題2011年6月その3】テスト対策 | トップページ | 第三回ランチ会 »

塾長の記事」カテゴリの記事

学習法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/52000915

この記事へのトラックバック一覧です: 宿題どこですか:

« 【時事問題2011年6月その3】テスト対策 | トップページ | 第三回ランチ会 »