« 【時事問題2011年6月その4】テスト対策 | トップページ | 卒業生の第2の自宅 »

ある人の3つの行動

今日もありがとうございます。塾長です。

1.携帯が鳴ったので、携帯を取り出して見る。

2.単語帳を確認する。

3.寝る。

以上の3つにあてはまったのは、なんと講師応募者の試験中の行動。

当然結果は目に見えていますよね。

授業中に生徒に禁止していることを、採用されるかどうかを決める場所で行うとは。

上の2つは、大学の試験ならカンニングとして単位取り消しなどの処罰の対象ですよ。

いくら偏差値が高い、普通の受験生では入れないような大学・学部に通っているからと言って、モラルがない人は、最低ですね。

これを見ている保護者さん、いくら頭がいい、学歴が高いからといって、こういう人にお子さんを預けたいと思いますか。

ご安心下さい。そのような講師を雇うわけがありません。

ちなみに、問題が簡単すぎて早く終わってしまい、寝てしまったのかと思ったら、得点は良くなかったです。

講師応募を考えている方へ、少しだけアドバイスを。

まず第一に、自分が学力が高いことよりも、生徒に理解させることの方が重要です。

しかし、ある程度の学力がなければ、問題自体を理解できないので、結果的に生徒に解説できません。応募しないほうがいいですよ。

清潔感のない人もアウトです。

「接客業」なので、自分の身だしなみに注意できない人も採用されません。

元気がない人は話になりません。

性格が明るいとか暗いとかではなく、「いつも元気な講師」を演じられなければいけません。

時給が他の仕事よりも高いということは、それだけ求められるスキルや人物像もハイレベルになってくるのです。

さらに、合格するためには色々な秘訣がありますが、これ以上は企業秘密なので言えません(笑)。

では、奮ってご応募下さい。

お待ちしております。

|

« 【時事問題2011年6月その4】テスト対策 | トップページ | 卒業生の第2の自宅 »

塾長の記事」カテゴリの記事

教室全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/52063241

この記事へのトラックバック一覧です: ある人の3つの行動:

« 【時事問題2011年6月その4】テスト対策 | トップページ | 卒業生の第2の自宅 »