« ただいま満席です | トップページ | 1期生難関突破 »

心の父

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日自習室で英語の勉強をしていたある生徒の氏名欄を見てびっくり。

なぜか苗字が変わっていました。

何気なく聞いてみると、「あれ、言いませんでしたっけ。両親が離婚したので名前変わったんですよ。」と、小さな声で返事をくれました。

もう3年以上も教室に通ってくれている生徒ですが、入塾当初から、家庭内が大変だということは聞いていました。

中学生の時はかなりの問題児で、私や、部活の顧問の先生から、かなり厳しい指導を受けていましたが、高校生になると人が変わった様に、何事も一生懸命取り組んでいました。

そういう事情もあって、学習面以外でもかなり思い入れのある生徒なので、心配になって、「親父さんいなくで大丈夫かよ。」と聞いてしまいました。

すると、満面の笑顔で、「僕にとって心の父親は、塾長と大隈先生ですから。」という返事が。

年甲斐もなく照れくさくなって、「お前、良いこと言うじゃん。」と、その場は言っておきましたが、その言葉とても嬉しかったです。

大隈先生は、昨年亡くなられた、私の大学の先輩であり、地元商店会の重鎮で、その生徒の部活動の顧問を務めていた偉大な人です。

中学生の時は、その生徒が問題を起こすたびに、学校では大隈先生が、塾では私が、毎日のように叱ったり励ましたりしていました。

大隈先生には、「鈴木、俺はあいつの生活態度と家庭のことを何とかするから、お前には勉強と進学のことを任せるよ。」と言われて、私も必死で毎日関わっていたことを懐かしく思います。

中学では進学さえままならないような成績でしたが、高校では、指定校推薦をもらえるくらいの成績で、今も大学受験へ向けてがんばっています。

その姿を見て、天国の大隈先生もきっと喜んでいるでしょう。

受験生として、これから大変でしょうが、今の彼なら大丈夫でしょう。

なぜなら、私と大隈先生という、血は繋がっていないけれど、身内以上の絆で結ばれている2人の父親が、彼にはいるのです。

1人は天国から、そして私は現世で、これからも彼を見守っていきたいと思います。

心の父、良い言葉でした。

|

« ただいま満席です | トップページ | 1期生難関突破 »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/51374780

この記事へのトラックバック一覧です: 心の父:

« ただいま満席です | トップページ | 1期生難関突破 »