« 【時事問題2011年4月その1】大震災関連 | トップページ | 授業報告書の重要性 »

営業で成功した実例1【昔話】

今日もありがとうございます。塾長です。

4月27日(水)12時30分から、東海大学生と地元商店会の交流を目的としたランチ会が行われます。

場所は、小田急線東海大学前駅南口徒歩0分の、「東海大学サテライトオフィス地域交流センター」です。

主催は、松屋不動産の福嶋社長です。

詳しくは、松屋不動産福嶋社長のブログ『二代目社長つれづれ日記』をご覧下さい。

そこでも紹介されているのですが、実は当日、私も講演します。

今、何を話そうか考えているところですが、とりあえず第1回ということで、「聞いて得する話」をするつもりです。

私が今の学生さんたちと同じ20歳前後の頃には、常に「どうやったらもっと人生を楽に生きていけるのか」を考えていました。

それほど生活、いや、生きることが大変だったのです。

当時かなり悩んで、今の若者たちが体験しないようなことをした結果、今の私があると思っています。

もちろん、良い経験などほとんどなく、辛いことばかりでしたが、その経験のお陰で、他人が考えつかないようなアイデアがたくさん出てきました。

その中の一つを今日はお話します。

建築会社で働いていた頃、経理から営業に移動しました。

当時はバブル崩壊後で、そう簡単に仕事がとれる景気ではありませんでした。

その会社は、ゼネコン大手からの発注量が、全体の売上の70%を占めていたので、その得意先からどれだけ受注できるかに、会社の浮沈がかかっていました。

ところが、私の所属していた会社は、どうもゼネコン上層部から嫌われていたようで、そう簡単に多くの受注を頂くことはできていませんでした。

技術的にもライバル会社より劣っていたようで、受注を増やすことはかなり困難でした。

私が営業になってまずやったことは、発注担当者たちの『ストレスを緩和する』ことでした。

とにかく担当者たちの困っていることやストレスの原因を聞きだし、それを全て肩代わりしていきました。

本来の建築の仕事とは全く関係ないことも多数ありました。

愛人へのプレゼントを買って届ける、当社と関係ないクレームが来ても代わりに謝りに行く、担当者が遊びに行くお金がないから接待と称して経費で好きな遊びをさせる、などはほんの一部です。

それら、本業と関係ないことを、10人以上いる担当者たちから聞き出し、毎日のように色々と行動していました。

そのうちに、皆私の存在を便利に感じたのか、非常に仲良くしてくれるようになり、発注量も増えました。

さらに、午後3時になると、たい焼き70個、たこ焼き50箱、焼き芋20kgなどを買って、ゼネコンに届けたのです。

そのお金はもちろん自分で負担しましたが、一応領収証はもらっておきました。

ゼネコン本社には、発注担当者だけではなく、多くの女性社員がいます。

その人たちに、それらを配って歩きました。

なぜ、せんべいなどの乾き物でないかというと、その場で食べて欲しかったからです。

そのうちに、私が本社へ顔を出すと、女性社員たちが、「あらスーさん(私はそう呼ばれていました)今日は誰に呼ばれたのかしら。」などと、気安く声を掛けてくれ、発注担当者の情報なども教えてくれるようになりました。

結果的に、私が営業になって、そのゼネコンからの受注は前年比150%を達成しました。

結局、商品を売りたいからと言って、その商品のことばかり考えていてもだめなんですね。

『買う人たちといかに仲良くなり、信頼関係を築くか』が、最も大切だと、その時に実感しました。

このことは、他の業種でも応用ができるので、もし機会があって、私のような「寄り道戦法」に興味がある方は、お試し下さい。

但し、小手先のテクニックではなく、心から相手のために尽くそうとすることが重要であると付け加えておきます。

当時の領収証は、もちろん経費で落とせましたよ。毎回数百万から数千万単位の受注をとってきたのですからね。

というような、経験から来る、役に立ちそうな話を、当日もしていくつもりです。

|

« 【時事問題2011年4月その1】大震災関連 | トップページ | 授業報告書の重要性 »

塾長の記事」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

コメント

タメになる記事をありがとうございます。結局、人と人とのつながりが一番大事ってことですね。参考になります!

投稿: 個別塾成績アップゼミ | 2011年4月19日 (火) 15時31分

>個別塾成績アップゼミさま

コメントありがとうございます。

これからもよろしくお願いします!!

投稿: 塾長 | 2011年4月22日 (金) 03時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/51432536

この記事へのトラックバック一覧です: 営業で成功した実例1【昔話】:

« 【時事問題2011年4月その1】大震災関連 | トップページ | 授業報告書の重要性 »