« 新年度へ向けて | トップページ | 60日ぶりに »

帰ってきた卒業生

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は、卒業生の自習室占有率が高かったです。

近隣の高校のテスト期間ということもあり、1期生2人、2期生2人、3期生4人と、10席の自習室のうち8割が卒業生で埋まっていました。

ちなみに1期生(3年前の中学卒業生)は、もう高校の卒業式が終わっているので、運転免許の試験勉強や、大学への課題に取り組んでいました。

自習室でそんな勉強もありなのが、私の教室です。

そのような中で、ある1期生から私に電話がありました。

第1志望の大学には、残念ながら合格できなかったそうです。

しかし、落ち込むことなく、合格した第2志望の大学に行くことに決めたと話してくれました。

彼とは、3年前にある約束をしました。

大学に合格したら、講師として教室に戻ってくるという約束です。

そしてその話になり、約束通りに講師をしてくれることになりました。

ただ、「こんな俺でいいんですかね。」と何度も確認されました。

そして、面接と試験の対策をしたいから、少し時間を下さいと言われました。

「そんなことしなくても大丈夫だよ。お前の性格や実力は俺が保証するから。」

と言ったのですが、律儀な性格のせいか、とにかく準備期間が欲しいとのこと。

こちらとしては、すぐにでも来てもらい、研修に入って欲しいのですが、そういう性格だからしょうがないですかね。

もちろん、そういう性格もわかっていたからこそ、3年前に講師を頼んだのですが。

3年前の高校受験生の時は、主に講師長が教えていました。

講師長からすれば一番弟子のようなものですから、テストで点数が取れなかったらと、気が気でないかもしれません。

しかし、講師採用に非常に厳しい当教室であっても、私は彼を採用するように強く推薦するつもりです。

講師採用は私1人ではなく、現役講師の多数決で決まるので、いくら塾長であっても強制的に採用はできないので、あくまで推薦です。

なぜテストも受けていない、面接も受けていない時点で彼を採用すると推すのか。

それは、3年前の私や講師長の指導そして見る目が間違っていなかったと信じているからです。

もちろん彼を知らない講師は、面接などを見て反対するかもしれません。

多数決で不採用となるかもしれません。

いや、それはないな。

だって私の教室の初代エースだから、例え応募倍率約15倍の難関といえど、楽々と受かってくれると信じています(祈)。

受験生24人が全員第1志望校に合格した教室のHPはコチラ

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

|

« 新年度へ向けて | トップページ | 60日ぶりに »

塾長の記事」カテゴリの記事

教室全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/51026555

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた卒業生:

« 新年度へ向けて | トップページ | 60日ぶりに »