« 外部宣伝<内部充実 | トップページ | 帰ってきた卒業生 »

新年度へ向けて

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は授業後に講師の誕生日会がありました。

ほぼ全員の講師が集まって、その講師の人気の高さ?が伺えました。

非常に楽しいひと時を過ごしましたが、写真を撮るのを忘れたので、アップできません。

文章から楽しいひと時をご想像下さい。

と言っても、私の文章ではなかなか想像できないと思います。

謝るしかありませんね、すいません。

ちなみにオチもありませんよ。

教室ではもう新年度が始まっています。

新中1生は、中学校の4・5月に習う単元を進めています。

新高1生も、受験が終わったと同時に高校の単元に入りました。

学年末テストの最中の他の学年は、ラストスパートといったところでしょうか。

受験が終わって一息つけるのかと思っていたら、次から次へとやることが出てきます。

毎年のことなので、同じことを繰り返していればいいかというと、そうでもありません。

学習指導要領の改訂や、講師の入れ替えなど、毎年同じ仕事ということはありえません。

そういう意味では、この仕事も、「生きている」のでしょうね。

特に今年は、ブログやホームページからの動きが大きく、新しい試みを採り入れて面白い結果になりそうです。

4月からは本部の仕事もあります。

肩書きはよくわかりませんが、顧問みたいな感じですかね。

どうせなら社長とか偉い肩書きがいいなあ。

正直、本部に対してためになることを言っても、社員全員が話を聞いてくれるわけではありません。

私のことを知らなかったり、聞く耳を持たない人もいるでしょう。

せっかくやるなら、皆が話を聞いてくれるような立場で発言したいですね。

まあ、個別指導で30年の実績を誇る本部が、個別指導歴10年、教室経営歴4年の私を顧問扱いしてくれるのですから、それだけでも本当にありがたい話ですけどね。

とにかく、依頼されたからには、結果を出したいです。

結果とは、FC各教室の経営を安定させることです。

よく、「本部の言うとおりやったけど結果が出ない」みたいなことを言う人がいますが、私の経験から、本部の言ったことだけをやっていても、ライバル塾との差別化はできないと言い切れます。

だから結果がついてこないのです。

それは、どこのフランチャイズに加入しても、おそらく同じようなことしか言わないしやらないでしょう。

FCの違いは、資金の違いによる経費の遣い方とかに表れるのではないでしょうか。

資金が潤沢であれば、広告宣伝費や豪華な備品にお金をかけられますし、立地の良い場所に開校もできるでしょう。

資金がなければ、結局はそれなりのことしかできないです。

ただ、お金はかけられなくても、経営方法で他塾と差別化を図ることができます。

これに気付いた人は、自分なりの方法を見つけ出して成功していると思います。

色々な塾長と交流したり、ブログやHPを見ていてわかったのですが、成功している人には、共通していることがいくつかあると感じました。

特に、生徒目線、保護者様目線で物事を考えるということは、最も大事だと言えます。

これらのことについて、私なりの経験と考えをまとめていきたいと思っています。

そう、つれづれなるままに!?

受験生24人が全員第1志望校に合格した教室のHPはコチラ

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

|

« 外部宣伝<内部充実 | トップページ | 帰ってきた卒業生 »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/51017927

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度へ向けて:

« 外部宣伝<内部充実 | トップページ | 帰ってきた卒業生 »