« 講師募集PV完成 | トップページ | 受験生に贈る言葉シリーズ『小松先生の言葉』 »

受験生に贈る『緊張を解くために』

今日もありがとうございます。塾長です。

今日は私立高校の一般入試日です。

当教室の生徒も、受験しに行っています。

専願の生徒とは、昨日面接の練習をしました。

いくらほぼ合格するからと言って、気を抜いていいわけはありません。

公立高校後期選抜が本命の受験生たちには、本番前の練習のつもりで「緊張する練習」をしてきて欲しいと思います。

入試にあたって、過去に前田先生が書いた記事を、受験生の皆さんに贈ります。

尚、夏に書かれた記事なので、受験シーズンに合わせて一部修正してあります。

以下前田先生の記事 『緊張を解くために』

こんにちは、前田です。

今日は受験生へエールを送るつもりで、緊張について書きたいと思います。

勉強やスポーツに関わらず、何かの大会、発表、テストと名の付くものに多くの人は緊張することと思います。

本番では、練習の7割の力が出せれば上等ということを聞くこともありますが、せっかく今まで練習を積んできたにも関わらず、7割の力しか出せないというのは勿体ないですよね。

こと、受験においては、自分の人生を左右するかもしれない大切なものです。

なるべくなら100%の力を出したいと、誰もが思うでしょう。

もともと練習で出来ていたことをするだけで、何も実力以上のものを出すわけではないから、特別なことは必要ありません。

と、考え方を少し変えれば、良い方向に向かうかもしれませんね。

中には緊張しないために「ダメでもともと」と考える人もいます。

どれ程効果があるかわかりませんが、もし本当にダメだったら…と考えると、後悔しそうであまり良い方法とは思えません。

それに、良い結果を強く望むことは決して悪いことではないからです。

しかし、そもそも緊張してしまうのには、「うまくやろう」や「失敗しないように」と、良い結果を意識しすぎるということが原因の一つに挙げられると思います。

大会で負けたい、発表、テストで失敗したいと考える人はまずいません。

できるなら勝ちたい、良い点数をとりたい、入試に「合格」したいと思うはずです。

それならば、緊張することは「合格」への第一歩と考えられるのではないでしょうか。

合格には、言うまでもなく充分な学力が必要です。

しかし、同時に「合格したい」という強い気持ちも大切です。

もし、本番でペンを持つ手が震えていたら…それは、合格に必要な一つ目の要素を満たしているということでしょう。

あとは、普段通り問題を解いていくだけでいいわけです。

震えていなければ…それは、あなたが大舞台にも動じない強心臓の持ち主だということでしょう。

もし今日の入試が、滑り止めの学校だとしたら、実力を発揮する練習に加えて、緊張する練習もしてみてはどうでしょうか。

もしかしたら緊張に慣れることができるかもしれません。

そして緊張を楽しめるようになったら、もう一流の受験生と言えると思います。

春はすぐそこまで来ています。一流の受験生になれたなら、次は一流の高校生・大学生になろうではありませんか。

いや、きっとなれるはず。

なぜならあなたは今、緊張しているのだから。

|

« 講師募集PV完成 | トップページ | 受験生に贈る言葉シリーズ『小松先生の言葉』 »

前田先生の記事」カテゴリの記事

受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/50826684

この記事へのトラックバック一覧です: 受験生に贈る『緊張を解くために』:

« 講師募集PV完成 | トップページ | 受験生に贈る言葉シリーズ『小松先生の言葉』 »