« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

【時事問題2011年3月その1】テスト対策

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日のテスト対策補講もたくさんの生徒に参加していただくことができました。

さて今日は、時事問題2011年3月その1ということで、主に先週起こった出来事を掲載します。

学年末・期末テストの真っ最中の方も多いと思います。

教室のホームページ上に、時事問題の実践問題集最新版2月号をアップしました。

1月号と合わせてテスト対策にお役立て下さい。

時事問題実践問題集最新版はコチラからダウンロード(pdf)無料です

いつものように赤いキーワードを確認して下さい。

ニュージーランド大地震があり、震源に近い都市クライストチャーチでは、日本人留学生を含め多数の死者・行方不明者が出ました。

・北アフリカで、カダフィ大佐による独裁が40年以上続く、世界有数の産油国リビアでも反体制デモが広がっています。

それに徹底抗戦する大佐側が武力鎮圧の構えを見せたため、国連安全保障理事会が制裁を決定しました。

南極海で実施中の調査捕鯨が、反捕鯨団体シーシェパードの妨害により、中止となりました。

・国連安全保障理事会のイスラエル非難決議案に、アメリカは拒否権を行使しました。

中国からパンダ2頭が来日し、上野動物園で3月下旬から公開されることになりました。

NASA(米航空宇宙局)は、今回が最後の飛行となるスペースシャトル「ディスカバリー」を、フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げました。

今週テストがある人は、地図上で、ニュージーランド・エジプト・リビア・中国などの国の場所がどこにあるかも確認しておくとよいでしょう。

あと、より高得点を目指す人は、実践問題集も必ずチェックしておいて下さいね。

以下のリンク先から無料でダウンロードできます。

時事問題実践問題集最新版はコチラからダウンロード(pdf)無料です

このテストが終われば春休みはすぐそこ、そして進級ですね。

頑張ってください!!

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補講にお友達をご招待

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日と今日は、中学1・2年生と、高校生のための、学年末・期末テスト対策補講日です。

昨日は約20人の生徒が勉強しに来ました。

そのうちの2人は、塾生ではありません。

今回の補講は、地域貢献という趣旨で、1日につき3名様限定で、塾生以外の生徒を招待したのです。

申し込みがあったうち、1人は風邪でキャンセルしたので、昨日は2人の新しい生徒に会えました。

1人は、まだ何もしていないのに入塾申し込みをすると言ってきたので、慌てて「今日は補講で、本当の授業とは違うから、改めて体験授業を受けてね。」と、体験授業の予約を取りました。

基本的に営業目的の招待ではないので、その生徒とは2度と会うことがないかもしれませんが、それでもいいのです。

知り合った生徒が、今回のテスト対策で少しでも良い成績が取れたなら、満足です。

がっついて入塾させようとは思っていません。

そんなことを考えていたら、生徒や保護者様に見透かされますからね。

昨日は入塾の電話相談もありましたが、話が少し複雑だったので、日を改めて学習相談として受け付けることにしました。

必ずしも入塾につながらなくても良い。

それが私の考え方です。

あくまでも地域の人々あっての教室ですから。

と言っていても、きちんと対応していると、自然と生徒は増えるものです。

ですから、日々真摯に無料での相談などに応じています。

今日も招待した生徒が来ますが、もちろん手厚く指導させていただきます。

ちなみに、このようなサービスは、毎回テストごとに行っているわけではありません。

年に1回か2回です。

その理由は、やはり第一に塾生たちのテスト対策に力を入れたいからです。

あまりやりすぎると、塾生たちへのサービスが手薄になってしまいますからね。

受験生24人が全員第1志望校に合格した教室のHPはコチラ

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験生全員第1志望校合格

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は神奈川県公立高校後期選抜の合格発表でした。

私は受験生たちに、合否に関係なく教室に直接来て報告してほしいと伝えてありました。

教室を開けてからしばらくの間、電話も鳴らず、誰も来ず、不安ばかりが募りました。

そのうち自習に来た生徒の学習指導をしていると、いつの間にか時間がすぎ、もう夕方になっていました。

さすがにこの時間で誰も来ないとは、と諦めかけていた時に、受験生のA君が来ました。

ドアを入る時からずっと下を向いています。

彼は、志望校の例年の合格者平均の内申点より10以上低い内申にも関わらず、志望校を下げることなく頑張ってきました。

昨日までの私たちの予測では、2次選考でなら合格できる可能性があるかもしれないというものでしたが。。。

覚悟を決めて結果を確認すると、ボソッと「合格しました。」とつぶやきました。

それから、3月分の月謝とともに、保護者様からのお礼の手紙と、卒業遠足で行ったディズニーランドのお土産を置いて、帰っていきました。

最後まで諦めず問題演習を繰り返していて、この1週間はかなり気が張っていたと思います。

合格して、どっと疲れが出たのでしょう。

しばらくはゆっくり休んでくださいね。

110225_173101

保護者様からのお手紙も、私や講師たちを感激させる内容でした。

その後も、ぽつぽつと受験生が来て、「合格しました。」と伝えてきました。

中には、保護者様と一緒に来た生徒や、保護者様がわざわざ再度挨拶に来て下さるなど、嬉しい来客の多い一日となりました。

夜の8時の時点で1人だけ合否が不明だった生徒が電話をくれて、全員合格を確認することができました。

前期後期合わせて22人、それに私立第一志望が2人で、教室からの高校受験生24人全員が、昨年に続き全員第一志望校に合格できました。

神奈川県の後期選抜の全体的な倍率は、約1.46倍です。

つまり3人に1人は不合格となる状況で、受験生全員を合格させられたことは、本当に嬉しいことで、スタッフ一同喜んでいます。

特に、私よりも講師たちの力が大きい個別指導塾ですから、講師たちに感謝してもしきれないほどです。

110225_223901

保護者様たちからは、お礼の言葉とともに、たくさんのお品物を頂戴しました。

講師たちと一緒に喜びをかみしめながら、それらを戴きました。

また、何人かの生徒や保護者様が、教室に対する思いを書いて下さりました。

これらは後日全て、ホームページに掲載させて頂きます。

長い1日でした。

とても疲れた1日でした。

でも、1年のうちでもっとも保護者様の満足の声を聞けたことで、塾をやっていてよかったと、昨日に続いて思いました。

ただ、これをあと何年続けられるのか、ふと不安になりました。

理由は、これだけの全力投球ですから、いつスタミナが切れるのか心配になったのです。

それに、この合格率を維持するためには、、さらなる努力が必要になりますので、正直しんどいです。

それでも、頼ってくれる生徒や保護者様がいる限り、この教室は続けていくつもりです。

受験生24人が全員第1志望校に合格した教室のHPはコチラ

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年間の想い

いつもありがとうございます。塾長です。

今日は、2月で卒業する塾生の最終授業日です。

既に昨日や一昨日で授業が終了した生徒もいます。

受験が終わっても、3月末まで授業を続けるという生徒は、昨年位からかなり減少しました。

リーマンショック後の経済状況もあるとは思いますが、それよりも本人たちの勉強に対するやる気が感じられません。

強制的に3月に授業を入れることもできたのですが、やる気のない生徒たちをおいておくよりも、やる気のある新入塾生のために授業を入れることにしました。

まあ、半年以上にわたる緊張した受験期間が終わったのですから、気が抜けてしまってもしょうがないと思います。

4月からは、いきなり難しくなる高校の授業で目がさめるでしょうから、それまで好きなだけ遊ばせてあげますよ。

もちろん3月に授業に来てくれる生徒には、高校入学直後にいきなり学年トップに立てるような高校準備講座を行っていきますからご安心を。

そのような中、4月以降も通ってくれることが決まっている卒業生が、「卒業生の声」を書いてくれました。

さらに挨拶に来られた保護者様も、「保護者様の声」として、教室の感想をお寄せ下さいました。

4年間のお礼を述べてくださり、結構な御品まで頂戴しました。

後で感想を読んで、涙が出そうになりました。

表に書ききれなくて、裏までびっしりと、教室や講師に対する思いを書いてくれていました。

開校して4年が経ちますが、私にとってこの手紙ほど価値のあるプレゼントは他にありません。

本当に、開校してからひたすら生徒のことだけを考えて教室運営をしてきたことが報われた瞬間でした。

あまりにも嬉しくて、休みだった講師長に連絡をとろうとしましたが、そんなことで休日を妨害するのもと、我に返ってやめました。

その生徒は、講師長に担当が代わってから、その担当科目の成績が目を見張るように上がりました。

授業を見ていると、いつもケンカしているような会話が聞こえてきて、私としては結構気にしていたのですが、当人同士は、深い信頼関係でお互いを認め合っていたのでしょう。

それがこの感想文で、よくわかりました。

その生徒は、3年後からうちの教室で講師としてアルバイトしてくれることが決まっています。

「我が教室のスピリットを受け継いだ講師」が、これからどんどん誕生するのが、今から楽しみです。

保護者様も、生徒の写真と実名を含めてこの感想文をホームページに掲載する許可を下さいました。

近々ホームページにアップしたいと思います。

こういう生徒に4年間も在籍してもらい、さらに4月からも在籍してもらうことに心から感謝します。

この地で塾を開業して、本当に良かったです。

さあ、今日は、公立高校後期選抜の発表です。

最後にドカンともう一発、合格の花火を上げましょう。

私の教室のホームページはコチラです

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学習塾にオススメのエディブロ

今日もありがとうございます。塾長です。

エディブロというホームページ作成サービスがあります。

早稲田育英ゼミナール本部では、このサービスの導入を各教室に勧めています。

理由は、SEO対策が充実?していて、検索エンジンでトップに来る確率が高いことと、比較的簡単に、きれいなホームページが作成できるからです。

月額7,500円で、初期費用もかからないため、HPがない教室などはすぐに導入したほうがいいでしょう。

試しに、「地区名+学習塾」で検索してみてください。

その地区にエディブロを使っている学習塾があれば、ほとんど検索1位か2位に来るはずです。

ちなみに早稲田育英ゼミナールでは、大口契約しているせいか、もっと安く導入できます。

私はというと、知り合いのオフィスアカホリさんが、格安でHP作成してくれ、さらに色々と工夫して検索エンジンで上位に表示されるため、エディブロは使用していません。

このエディブロで作成された学習塾のHPを見ると、どれも似たようなものばかりです。

それはそうですよね。

だって、決められた枠の中に入れたい言葉をはめ込んでいくのですから、色は選べても、ほとんど同じようなHPになります。

せっかく検索された時に一番最初に見てもらえるのだから、中身を工夫すれば、お問い合わせの確率を上げられるでしょう。

最初に見てもらっても、電話を掛けたい、問い合わせしたいと思われなかったら、何の意味もないです。

当然ですが、エディブロは最初に検索されることには力を入れていますが、どうしたら見てくれた人たちに電話を掛けさせる内容にするかは教えてくれません。

それは、HPを見ればわかります。

電話を掛けたくなるようになっていないからです。

ですから、利用している学習塾側で、問い合わせを増やすようにコンテンツに工夫する必要があります。

で、昨日もブログに登場した、早稲田育英ゼミナール瀬谷教室でこのエディブロのHPを使っているので、早速塾長の熊谷さんに、あるアドバイスをしました。

彼がうまく内容を変えてくれれば、「検索→お問い合わせ」という流れを引き寄せられると思います。

私は今、瀬谷教室を猛烈にプッシュしています。

理由は簡単で、熊谷塾長がいい人だからです。

「こういう塾に子どもを預けたい」と思われるような人なんです。

ただ、いくら良い人、良い塾であっても、認知されなければ意味がありません。

せっかくエディブロという強力な武器を持っているのですから、さらに他塾と差別化できるコンテンツに変えて欲しいですね。

その点では、みさと台セミナーの田中先生のHPは、同じエディブロを使っていても、内容に工夫がされていますね。

見た目は同じでも、とりあえず一通りクリックして読み進みたくなる内容になっています。

田中先生は非常に勉強熱心なので、色々と試行錯誤を繰り返しているのでしょう。

さすがと見習いたくなります。

せっかくの強力なツールなのですから、効果を最大限に引き出したいですね。

ちなみに田中先生と私は、会ったことはありませんが非常に仲良しです。

アメブロなどでもよく意見交換しています。

彼と私の最も違う点は、「田中先生は理論派、私は実践派」ということですね。

それがお互いに良い刺激になっているようです。

エディブロではない私の教室ホームページです

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NoマンとYesマン

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は、ある用事があって教室のコピー機のリースを斡旋している会社に電話をかけました。

担当者は不在だったのですが、用件を聞かれたので、2番目の用件を伝えました。

「コピー代が嵩むので、何か対策はないですか。」という内容です。

すると、うちの教室のデータをすぐに調べて一言、「これ以上安くはできませんね。」と言われました。

その後担当者から電話があったのですが、すぐにコピー機を入れ替えることはないとしても、次にこの会社と取引はしません。

電話の応対が、相手の立場を考えていないからです。

もし仮に、本当にこれ以上の値引きができないとしても、違う方策を考えるとか、もう少し努力をするべきでしょう。

後で聞くと、その言葉の主は担当者の上司だったそうです。

こちらの状況や、競合他社がいるのかも確認しないで、無理の一言で片付けるとは、大したことない奴だと思いました。

実は本来私が電話した理由というのは、コピー機をリースしたいという人がいたので、紹介しようと思ったからです。

当然、紹介はやめました。

その上司の短絡的な一言で、せっかくの口コミを台無しにしてしまったのです。

紹介するどころか、もうその会社に悪いイメージしかなくなったので、私自身も次の契約はないと思っています。

担当者は私と同じ大学出身ということで仲良くなったという経緯があるので、一応今回のやりとりで顧客がどう感じるのかということを話してあげました。

その後用事があって、仲の良い早稲田育英ゼミナール瀬谷教室の熊谷塾長に電話しました。

熊谷さんとは、今まで何度も話をしているのですが、私の話したことに対して、一度も「それは無理です。できません。」と言ったことがありません。

常に、「努力します。やってみます。なるほど、ありがとうございます。」という返事が返ってきます。

こういう人になら、何でも協力したいと思いますし、ずっと仲良くやっていきたいと思います。

多分熊谷塾長が私の電話を受けたコピー機屋だったら、私の持つ印象は変わっていたでしょうね。

電話の応対一つで、損をしたり得をしたりする世の中です。

私自身も気をつけようと思いました、というのは嘘です。

私は常に熱く正直に生きているので、ダメなものはダメとはっきり言います。

相手がお客様であってもそれは変わりません。

それが私のやり方なので、変えられないんですよ。

但し、相手の話はきちんと聞きますし、自分ができることは基本的に断りません。

そこは前述のダメなコピー機屋とは違うところですね。

私が気をつけなければならないのは、声の大きさでしょうね。

常に講師から注意を受けています。声が大きすぎて生徒に筒抜けだと。。。

私の教室のホームページはコチラです

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読んでもらえる広告のヒントになるのかな

今日もありがとうございます。塾長です。

地元タウン誌に私の記事が掲載されたのですが、結構反響がありました。

反響と言っても、入塾の問い合わせが増えたわけではありません。

商店街の人たちや保護者様、お問い合わせの方との話の中で、必ず話し相手のほうから「タウンニュースに出てましたね。」と話題をふってくるのです。

これで一つわかったことがあります。

人は皆、自分の知り合いや興味がある人、関心のある記事は読むんですね。

というとは、下手に広告をたくさんばら撒いたからと言って、興味がない人には絶対に読まれないということです。

確かに考えてみると、私は車を購入する時は、車の広告ばかり見ていましたし、子どもが生まれてからは、ベビー用品やおもちゃ屋さんのチラシばかり見ています。

タウン紙では、地元商店街や知り合い、塾生が通う学校の記事しか読みません。

塾のチラシなら、ちょうど塾を探している人か、その塾を知っている人しか目を通してくれないでしょうね。

そう考えると、高いお金を払って新聞に折込しても効果がないのが納得できます。

ただし、今回の件で、効果を高める方法を思いつきました。

4月にセミナーを開催することが内定したので、その時にお話ししようと思います。

入塾のお問い合わせは増えていませんが、ここ数週間は1日1件の割合でお問い合わせがあります。

しかし最近は、こちらから体験授業を勧めることはなく、基本的に学習相談のみをしています。

がっついて塾生を増やそうとは思っていません。

実は今回、入塾金も値上げしました。

このご時世に値上げなんて、と思われるでしょうが、以前にもブログで書いたのですが、問い合わせの最初に金額を訊かれる事に辟易しているからです。

もう一度書いておきますが、費用だけで塾を決めると、かなり高い確率で失敗します。

私は、教室を理解してくれて、多少高くとも、「この塾に入りたい」と思ってくださる方に入塾していただきたいので、あえて値上げしました。

といってもキャンペーンなどをやるので、実質的に値上げとなるのは4月以降ですけどね。

随分と生意気な塾長だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、私に会ったことのある人は、私のこれらの発言を読んでも、「塾長らしいですね」と、好意的に納得してくださると思います。

それが実は、「読んでもらえる広告戦略」に直結しているのです。

4月のセミナーが楽しみです。

私の教室のホームページはコチラです

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【時事問題2011年2月その4】テスト対策

いつもありがとうございます。塾長です。

今日は時事問題2011年2月その4ということで、主に先週のニュースを掲載します。

時事問題実践問題集はコチラの教室HPから(PDFファイルです)無料です。

いつものように赤い字がキーワードになっています。

エジプトムバラク大統領が辞任しました。

チュニジア、エジプトに続き、近隣の中東・北アフリカ諸国でも、反政府デモが起こっており、特にリビアやイエメンなどでは激化しています。

若田光一宇宙飛行士が、2013年末から国際宇宙ステーションに滞在し、日本人で初めて船長を務めることが決まりました。

民主党は常任幹事会で、強制起訴された小沢一郎元代表の党員資格を、判決が確定するまで停止することを決めました。

・人気ロックバンドB’z(ビーズ)の松本孝弘さんら日本人4人が、アメリカ音楽界の最優秀作を決めるグラミー賞において、各賞を受賞しました。

・さいたま地裁で行われた裁判員裁判で、飲酒運転の乗用車が事故を起こし9人が死傷した事件の裁判が行われ、飲酒運転の同乗者に、危険運転致死傷幇助罪により懲役2年の実刑判決が出ました。

・北方相を兼務する枝野官房長官が、上空から北方領土を視察しました。

・各マスコミの調査では、菅内閣の支持率が発足以来初めて20%を下回っている所が多く、早期解散を望む人は60%を超えています。

先週行われた地域のある中学校の時事問題は、大相撲の八百長問題新燃岳の噴火エジプトのムバラク大統領辞任中国のGDP順位などでした。

今週テストがある方も、同じ問題が出る可能性が高いです。

より確実に勉強したい方は、当教室HPに掲載した【時事問題実践問題集1月】と、先週と先々週のブログの時事問題を確認しておいて下さい。

以下にリンクを貼っておきます。

では、テスト頑張って下さい。

時事問題実践問題集はコチラの教室HPから(PDFファイルです)

先週の記事【時事問題2011年2月その3】アメブロ版

先々週の記事【時事問題2011年2月その2】アメブロ版

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いつかは響くよ、君の心に

いつもありがとうございます。塾長です。

公立高校後期選抜を受験したある生徒の自己採点を見て、ショックを受けました。

受験直前まで色々と、おそらく一番厳しく指導していた生徒です。

私がそれだけ厳しくしていたと言うことは、それだけダメだったということです。

しかしその生徒は、気持ち、やる気に問題があったので、どんな指導をしても「打てども響かず」でした。

何回保護者さんに電話して話したか数え切れないほどです。

それでも前日に演習問題で当日予想得点を計算してみると、まあ、合格ライン以上にはなっていました。

しかし、現実はそんなに甘くはなかったです。

もう終わってしまったので責めても仕方がありません。

来週の結果を真摯に受け止めるようにとだけ言っておきました。

後期選抜受験者たちには、褒めることもダメ出しも、言いたいことはたくさんあります。

しかし、褒めること以外は何も言わないようにしています。

基本的に私は、過ぎたことをネチネチと言うことはしません。

それよりも常に善後策を考えます。

今回も結果が出ていないので何とも言えませんが、その結果が、本人たちの心に響いてくれれば、それが将来の糧となるので、良しとします。

気をとり直して今日は、中学1年・2年生と、高校生のための学年末テスト対策補講を行います。

半年前に市外へ引っ越してしまった元塾生が、補講に是非参加したいと電話をくれました。

その塾生は偶然にも、私の仲良くさせていただいている熊谷塾長の経営する、同じ系列の瀬谷教室の近くに引越し、そこに通っています。

塾生でなくても、我が教室を頼ってくれるのは嬉しいですね。

瀬谷教室も、熱い塾長と抜群の講師がいますから、この半年でどれだけ成長したか見るのが楽しみです。

もちろんうちの教室のプライドをかけて、講師の全ての力を結集して、彼らの期待に応えたいと思います。

『どんな時も常に採算度外視で生徒のために動く』教室でありたいです。

昨年度も、この教室から全員第一志望校に合格しました。



小田急線東海大学前駅徒歩3分



早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室





神奈川県秦野市南矢名1-4-8



【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

入試が終わって

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は公立高校の後期選抜試験でした。

試験後に教室に来た受験生は数人で、半数以上が来ませんでした。

解答速報を見ながらの答え合わせを早めにやっておいたほうがいいと言っておいたのですが、皆疲れてしまったのですかね。

A君は、英語の答え合わせで満点でした。

今まで過去問と予想問を合わせて、1科目につき30回くらい解いていますが、満点は初めてです。

本番で自己最高点を出すとは、本当によくここまで来たと褒めてあげました。

本人も、今までの努力が無駄ではなかったと実感したようです。

2人の合計点を確認しましたが、例年ならばぎりぎりで合格できそうな点数でした。

しかし、非常に微妙な得点なので、受験者平均点が気になるところです。

明日くらいには、おそらく例年通りに県内大手学習塾さんの受験者平均点が発表されるので、それを見れば合否の可能性が、もう少し詳しくわかると思います。

1人の受験生は、明日面接が残っているため、答え合わせをせず、授業中は講師と相談して面接の練習をしておきました。

その高校は、学力試験と面接の配点比率が2:1と、面接が非常に重視されているので、得点だけでは全く読めません。

ただ、答え合わせをして万が一ブルーな気持ちになって面接に挑むことにならないように、答え合わせは延期しました。

入試はこれで終了です。

皆良い経験をしました。

25日の発表まで、眠れない?日々が続くかもしれませんが、それも良い経験です。

将来何か壁にぶち当たった時に、この経験が生きる日がきっと来ます。

とりあえずゆっくり休んで下さい。

そして、これらの経験を積んだことで少し大人になって、25日を迎えましょう。

お疲れ様でした。

あ、授業には来て下さいね。

昨年度も、この教室から全員第一志望校に合格しました。



小田急線東海大学前駅徒歩3分



早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室





神奈川県秦野市南矢名1-4-8



【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】23年度神奈川県公立高校後期選抜問題と解答

ありがとうございます。塾長です。


2011年神奈川県公立高校後期選抜の問題と解答が、17時に東京新聞のサイトで発表になりました。


皆さんお早めに答え合わせをして下さいね。


以下にリンクを貼っておきます。


【速報】平成23年度神奈川県公立高校後期選抜問題と解答


昨年度も、この教室から全員第一志望校に合格しました。


小田急線東海大学前駅徒歩3分


早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8


【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県公立高校後期選抜の日

いつもありがとうございます。塾長です。

平成23年度神奈川県公立高校後期選抜の日がやってきました。

学習塾として、やれるべきことはやりました。

我々はプロですから、ありとあらゆる手段を使って、合格という目標に最も近い所まで連れて行きました。

しかし合格までの、あと一段の階段を昇るのは、受験生自身が独りでやらなければなりません。

それは、今まで生きてきた中で、最も高い一段でしょう。

どうか存分に今までの試練で蓄えた力を出し切って、その一段を昇って下さい。

私たちには、もう祈ることくらいしかできません。

しかし、結果がどうであれ、この何ヶ月間苦しんでつけた実力、そしてこれらの経験は、後に必ず君たちの人生に役立つでしょう。

春は目の前に来ています。

大丈夫、自分を信じて、試験会場では昨日の秘密のアドバイスの通りに行動して下さい。

君たちの幸運を祈っています。

昨年度も、この教室から全員第一志望校に合格しました。

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつくとエキサイト

今日もありがとうございます。塾長です。

公立高校後期選抜が近づいて、私もかなり指導がエキサイトしているようです。

昨日も気の抜けている受験生を、厳しく注意しました。

自分では気付かないのですが、かなり厳しかったらしく、講師や生徒に言われてハッと我に返ります。

まあ、それほど心配しているのだと理解して戴きたいです。

一昨日は、家出をしていた高3の卒業生が、半年振りに教室に来ました。

保護者様と一緒に、心を入れ替えて真面目にやりますと、反省と謝罪にきたのですが。。。

思わず外に連れて行って、激しく叱責してしまいました。

この半年間の親御さんの苦労を知っていますし、周りに大きな迷惑をかけていたので、5年若かったら殴っていたかもしれません。

1年前に、問題のある塾生の生活指導をしてくれていた、大学の先輩で地域の中学校の顧問の大隈先生が亡くなってからは、私がやらなければという気持ちが強いです。

とにかくきちんとした大人、一人で生きていける社会人に育てたいという思いで、、生徒たちに接しています。

少し気まずかったのは、せっかく外に連れ出して、誰も見ていないところでお説教をしていたのに、他の保護者様がたまたま来校されて、それを見られてしまったことです。

まあ、熱血指導ということで、許して下さい。

そのように叱られながら勉強してる受験生も、ついに入試の前日となりました。

今日は、入試当日の流れを確認し、過去に解いた問題を軽く復習くらいにして、コンディションを整え、準備を万端にし、早く就寝してもらおうと思っています。

体験授業もありますが、ここが正念場、戦闘服のスーツに着替えた講師たちもサポートしてくれていますので、頑張って受験生を送り出したいと思います。

時事問題集ダウンロードは、こちらの教室HPからお願いします

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助っ人たちとバレンタインデー

いつもありがとうございます。塾長です。

公立高校後期選抜まであと2日となりました。

泣いても笑っても、今日と明日しか、試験の準備には使えません。

教室としての基本的な作戦は、今日は思い切り、なるべく本番に近く5科目の予想問題を連続で解いて、当日のイメージを頭に入れ、明日は軽い調整にして早めに就寝してもらいます。

逆に考えると、今日が追い込める最終日ですので、1年間いや中学3年間の総仕上げをしてもらいます。

この入試にあわせて、かつて主任を務めていた、「黄金のメンバー」が、続々と受験生の激励に来てくれています。

先週は山本先生と前田先生、昨日は萩原先生が来て下さいました。

生徒たちは驚いたり照れたりしながらも、昔の担当の先生と楽しそうに会話をしていました。

皆、違う所で仕事をしていても、かつての教え子たちが気になるのでしょうか、遠い所をわざわざ来て下さいました。

私は、こういう所が我が東海大学駅前教室の強みだと思っています。

教室でイベントがあればもちろん、教室が危機に陥った時や、生徒たちが苦しんでいる時、元講師たちがふと目の前に現れてくれる。

言葉は少なくても、生徒たちにとっては神様に会えたような、救われた気持ちになるでしょう。

受験生が合格することも嬉しいですが、人と人との絆を感じられることのほうが、「人が好き」な私にとっては、至極の喜びです。

昨日はバレンタインデーということもあり、萩原先生は全受験生24人分のチョコレートを用意して、教室で一人ひとりにメッセージを書いてくれました。

その他にも、多くの方からチョコレートや、差し入れをいただきました。

110214_221301 

中には、生徒からの手作りチョコなどもありまして、授業後の講師たちは大喜びでした。

逆に私も、数人の講師から手作りのチョコレートを戴きました。

ありがたいことです。

ちなみに生徒たちにもバレンタインのチョコレートを全員に渡しました。

受験生でなくても「きっと勝つ」と縁起物のキットカットを、少しずつですが配りました。

まだ余っているので、今日授業の生徒にも配ります。

脳の疲れに必要なだけの糖分補給をしたら、食べ過ぎないように注意してくださいね。

よし、後期選抜まであと2日。

後悔しないように過ごしましょう。

時事問題集ダウンロードは、こちらの教室HPからお願いします

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【時事問題2011年2月その3】テスト対策

今日もありがとうございます。塾長です。

今日は時事問題2011年2月その3ということで、主に2月第2週あたりに起こった出来事をチェックしていきます。

尚、テストが近い方で、時事問題の実践問題集が必要な方は、当教室のホームページにPDFファイルで1月の時事問題集(答えつき)をアップしてありますので、ご自由にお使い下さい。

時事問題集ダウンロードは、こちらの教室HPからお願いします

最新版2月の実践問題集は、2月第4週に教室HPにアップします。

いつものように赤い字がキーワードになっています。

エジプトムバラク大統領が辞任しました。

全権を移譲された軍最高評議会は、現行憲法を停止し、国会下院にあたる人民議会と、上院にあたる大統領諮問機関「シューラ(諮問)議会」を解散しました。

天然のニホンウナギが海で産んだが、世界で初めて日本の研究チームによって発見されました。

ミャンマーの大統領に、テイン・セイン首相が就任しました。

・アフリカのスーダン南部の分離・独立の賛否を問う住民投票の結果が発表され、賛成が約99%で承認されました。

これにより、7月9日にアフリカで54番目の国家として独立することが決まりました。

・1月の国内新車販売は、ホンダのフィット首位となり、1年8ヶ月首位だったトヨタのプリウスは、3位となりました。

パキスタンの裁判所は、2007年のブット元首相暗殺事件をめぐり、ムシャラフ前大統領の逮捕状を出しました。

ムシャラフ前大統領には、事件前に適切な安全対策を講じなかった容疑が持たれています。

・民主党の小沢一郎元代表が強制起訴されたことで、菅直人首相は小沢氏に離党を要求しましたが、小沢氏はそれを拒否しました。

アメリカとロシアの間で、新しい戦略兵器削減条約(新START)が発効しました。

7年以内に、米ロが配備する戦略核弾頭数の上限を1550発にすることなどが決まっています。

学年末テストなどが近い方は、先週と先々週のブログも確認しておいて下さい。

また、テスト形式で練習したい方は、教室ホームページより、実践問題集をダウンロードして下さい。無料です。

以下にそれぞれのリンクを貼っておきます。

【時事問題2011年2月その2】アメブロ版

【時事問題2011年2月その1】アメブロ版

時事問題集ダウンロードは、こちらの教室HPからお願いします

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅刻するなよ

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は、公立高校後期選抜受験生に対する、英語のリスニングテスト対策補講でした。

普段より早い時間からのスタートとなりましたが、前日に1人ずつ開始時間を伝えたにも関わらず、3人が遅刻しました。

もしこれが入試当日だと考えると、ぞっとしますね。

実際に入試当日に遅刻する受験生は、そんなに多くないと思いますが、本番じゃないから、塾だから遅刻していいと思っているようだと危険です。

常にきちんと、何事にも準備万端で、時間前行動を心がけるようにしましょう。

もし大人になってからもそのような行動をしていたら、まともな社会人にはなれないでしょうし、一般の企業なら採用されないでしょうね。

学力よりも優先して、社会のルールを守れる人間になって欲しいと思います。

今日は、後期選抜前最後の日曜補講です。

今日も時間を延長しますので、最初から最後まで必死になって問題に取り組んで下さい。

今の苦しみが、後に大いに役立ちます。

後期選抜まであと4日。

残された時間は平等です。

【追記:横浜市港南台から相談メールを下さった保護者様へ】

メールアドレスに回答を送りましたが、エラーで戻ってきました。

もう一度、新たな連絡先をメールまたは電話にてお知らせ下さい。

よろしくお願いします。

当教室のホームページ:最新情報はコチラから

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011神奈川県公立高校後期選抜倍率【変更後】

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日メールにて学習相談がありました。

横浜市港南台方面の保護者様からの相談だったのですが、教室のある地域外からでも相談をしてくださったことが、とても嬉しかったです。

ところが、その保護者様のメールアドレスに返信しても、サーバーエラーでメールが戻ってきてしまいました。

基本的に学習相談は、メールアドレスのみで受け付けているので、お相手の名前も電話番号もわかりません。

ですから、こういう事態になると、全くどうしてよいかわかりません。

相談のきっかけが、ブログを読んで下さったことだったので、慌ててブログで呼びかけましたが、果たして読んで下さったかどうか。

一応本日も呼びかけておきます。

「横浜市港南台方面からご相談下さった保護者様、もしこのブログを読んでいたら、至急もう一度ご連絡下さい。メールではなくお電話でお話させて下さい。」

さて、神奈川県公立高校後期選抜の志願変更が締め切られ、倍率が発表になりました。

当教室のある地域の高校の、主だった倍率は以下の通りです(カッコ内は昨年度倍率)。

秦野高校1.44倍(1.35倍)、伊志田高校1.22倍(1.46倍)、秦野曽屋高校1.29倍(1.37倍)、伊勢原高校1.12倍(1.20倍)、秦野総合高校1.20倍(1.26倍)。

変更前に低倍率だったこともあってか、ほとんどの高校の志願者が増えました。

神奈川県全体でも、定員割れの学校はほとんどなくなりました。

全日制で定員割れは、17校から3校に減りました。

皆、低倍率を求めて移動したのでしょうね。

全ての神奈川県の変更後倍率は、以下にリンクを貼っておきます。

神奈川県公立高校後期選抜【変更後】倍率 msn.産経ニュース

入試は17日に行われます。

残された時間は受験生に平等です。がんばりましょう!!

東海大学駅前教室のHP

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【至急】横浜市港南台から相談メールを下さった保護者様へ

横浜市港南台から相談メールを下さった保護者様へ

只今メールを返信したところ、サーバーからメールが戻ってきてしまいました。

理由は分かりませんが、もしこのブログを読んで下さったら、他のメールアドレスか、電話番号を、教室のメールアドレスのほうへお知らせください。

どうぞよろしくお願いします。

塾長 鈴木鯛功

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験生に贈る言葉シリーズ『小松先生の言葉』

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は私立高入試がありましたが、受験生が数名授業を欠席しました。

本番の公立高校後期入試に向けて、体調を万全にしてもらいたいと思います。

さて今日は建国記念の日です。

社会のテストで、祝日を書く問題が出たら、「建国記念日」では×にされます。

「建国記念の日」ですから、覚えておいて下さいね。

なぜ建国記念日ではないのか、「の」が入るのか知っている人はいますか。

ここでは詳しくは書きませんが、政治的な背景があるのですよ。

知りたい方は、社会科の神様と崇められている前川先生に聞いて下さい。

祝日なので、通常より早めに教室を開放します。

夜は通常通り授業を行います。

ここのところ入塾の問い合わせが続いていましたが、昨日はありませんでした。

来週あたりからは、講師の応募が続いてくれると嬉しいです。

では、入試シーズン特別編第2弾として、昨年の受験シーズンに小松先生が、受験生に贈ったメッセージを掲載します。

尚、受験日程などに合わせて、若干内容は修正しています。

以下、小松主任のメッセージ 『受験生に贈る言葉』

勉強だけでなく人生においても言えることだと思うのですが、大切なのはどれだけ出来るかではなく、どれだけ出来るようになったかということだと思います。

人はそれぞれ生まれた環境、持っている能力に差があります。

自分がある分野においては、他の人よりも劣っているかもしれません。

けれど、昔の自分と比べて今の自分がどれだけ成長できたか、考えてみてください。

後悔したことも沢山あると思います。

それでもきっと少しだけでも成長していると思います。

そして、平等なものもあります。

それは受験までに残された時間です。

その時間をどんな風に使うかは受験生たちの自由ですが、後悔しないように大切に使ってください。

努力して掴み取ったものだからこそ価値があると思います。

今は思うように成績が上がらなくても、諦めずに努力し続けて下さい。

その努力は高校に入ってからも必ず活きます。

最後まで一緒に頑張りましょう!!

東海大学駅前教室のHP

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験生に贈る『緊張を解くために』

今日もありがとうございます。塾長です。

今日は私立高校の一般入試日です。

当教室の生徒も、受験しに行っています。

専願の生徒とは、昨日面接の練習をしました。

いくらほぼ合格するからと言って、気を抜いていいわけはありません。

公立高校後期選抜が本命の受験生たちには、本番前の練習のつもりで「緊張する練習」をしてきて欲しいと思います。

入試にあたって、過去に前田先生が書いた記事を、受験生の皆さんに贈ります。

尚、夏に書かれた記事なので、受験シーズンに合わせて一部修正してあります。

以下前田先生の記事 『緊張を解くために』

こんにちは、前田です。

今日は受験生へエールを送るつもりで、緊張について書きたいと思います。

勉強やスポーツに関わらず、何かの大会、発表、テストと名の付くものに多くの人は緊張することと思います。

本番では、練習の7割の力が出せれば上等ということを聞くこともありますが、せっかく今まで練習を積んできたにも関わらず、7割の力しか出せないというのは勿体ないですよね。

こと、受験においては、自分の人生を左右するかもしれない大切なものです。

なるべくなら100%の力を出したいと、誰もが思うでしょう。

もともと練習で出来ていたことをするだけで、何も実力以上のものを出すわけではないから、特別なことは必要ありません。

と、考え方を少し変えれば、良い方向に向かうかもしれませんね。

中には緊張しないために「ダメでもともと」と考える人もいます。

どれ程効果があるかわかりませんが、もし本当にダメだったら…と考えると、後悔しそうであまり良い方法とは思えません。

それに、良い結果を強く望むことは決して悪いことではないからです。

しかし、そもそも緊張してしまうのには、「うまくやろう」や「失敗しないように」と、良い結果を意識しすぎるということが原因の一つに挙げられると思います。

大会で負けたい、発表、テストで失敗したいと考える人はまずいません。

できるなら勝ちたい、良い点数をとりたい、入試に「合格」したいと思うはずです。

それならば、緊張することは「合格」への第一歩と考えられるのではないでしょうか。

合格には、言うまでもなく充分な学力が必要です。

しかし、同時に「合格したい」という強い気持ちも大切です。

もし、本番でペンを持つ手が震えていたら…それは、合格に必要な一つ目の要素を満たしているということでしょう。

あとは、普段通り問題を解いていくだけでいいわけです。

震えていなければ…それは、あなたが大舞台にも動じない強心臓の持ち主だということでしょう。

もし今日の入試が、滑り止めの学校だとしたら、実力を発揮する練習に加えて、緊張する練習もしてみてはどうでしょうか。

もしかしたら緊張に慣れることができるかもしれません。

そして緊張を楽しめるようになったら、もう一流の受験生と言えると思います。

春はすぐそこまで来ています。一流の受験生になれたなら、次は一流の高校生・大学生になろうではありませんか。

いや、きっとなれるはず。

なぜならあなたは今、緊張しているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師募集PV完成

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日も公立高校後期選抜に向けて、受験生たちが問題演習を続けていました。

ここへ来て過去問・予想問の得点の平均値が伸びてきている生徒が増えました。

とても良い傾向だと思います。

しかし中には、「本当に大丈夫なの。」というような生徒もいます。

そういう生徒の志望校に限って、昨日発表された倍率がかなり低く、本人は受かると思ってしまっているようです。

そういう生徒には厳しく説教しておきました。

そのような中新年度へ向けて、教室では色々と新たな取組みを行っています。

その中の一つに講師募集があります。

この時期は、卒業する講師がいるので、気合を入れて募集をします。

そんな私に助け舟が。

地元東海大学駅前商店街の親友である、松屋不動産の福嶋さんが、講師募集のPVを製作してくれ、それを自身のアクセス数が超多いブログにアップしてくれたのです。

松屋不動産のブログ『二代目社長つれづれ日記』はコチラ

今回は特に地元の東海大学の学生さん向けの記事となっています。

いやあ、持つべきものは友ですね。

感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年神奈川県公立高校後期選抜倍率

今日もありがとうございます。塾長です。

神奈川県公立高校後期選抜の倍率が発表されました。

*【志願変更後】の倍率を最後に追加しました(2月12日現在)

私の教室がある地域の高校の倍率は、以下の通りです(カッコ内は前年度倍率)。

秦野高校1.44倍(1.30倍)、伊志田高校1.14倍(1.44倍)、秦野曽屋高校1.19倍(1.30倍)、伊勢原高校1.05倍(1.22倍)、秦野総合高校1.22倍(1.25倍)。

塾生は、上記の高校以外も受験しますが、おおよそこの中での勝負になります。

9日と10日で志願変更の受け付けがあります。

3人に1人が不合格となる秦野高校では、伊志田高校に志願変更する受験生がいるかもしれません。

この地域では総じてあまり高倍率とはなりませんでしたが、近隣地域でレベル的に下位に位置する高校の倍率は、高めとなりました。

大井高校1.78倍(2.23倍)、厚木清南高校1.76倍(1.30倍)、平塚湘風高校1.87倍(2.10倍)

おそらくですが、確実に公立高校に入学するために、受験生たちが志望校のランクを落としたのかもしれません。

しかし最初からこれらの高校が第一志望の生徒は、ランクを下げることはできないので、結果倍率が高かったと推察されます。

ちなみに定員割れしている高校は、全日制で17校あり、全日制全体の倍率は1.46倍でした。

今日は後期選抜を受験する生徒に、直近の過去問・予想問平均点を材料に、志望校について再確認します。

以下に、全ての神奈川県公立高校の倍率が掲載されているmsn.産経ニュースのリンクを貼っておきます。

【追加最新版・変更後】2011神奈川県公立高校後期選抜倍率

神奈川県公立高校後期選抜の志願倍率

公立高校志願者を全員合格させる塾:東海大学駅前教室のHP

入塾申し込みが殺到したため、新年度生は予約待ちとさせていただきます。

今お申し込みになっても、3月以降の入塾となります。

無料体験授業と無料学習相談は継続しています。


小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8


【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【時事問題2011年2月その2】テスト対策

いつもありがとうございます。塾長です。

本日は時事問題2011年2月その2ということで、主に1月末から2月初旬にかけて起こった出来事を見ていきます。

尚、テストが近い方で、時事問題の実践問題集が必要な方は、当教室のホームページにPDFファイルで1月の時事問題集(答えつき)をアップしてありますので、ご自由にお使い下さい。

時事問題集ダウンロードは、こちらの教室HPからお願いします

いつものように赤い字がキーワードになっています。

エジプト反政府デモが激化しています。民衆は、ほぼ30年続くムバラク大統領の独裁政権打倒を目指しています。

IAEA(国際原子力機関)前事務局長で、ノーベル平和賞受賞者のエルバラダイ氏などが、次期大統領選に立候補する可能性があります。

・民主党元代表の小沢一郎氏が、政治資金規正法違反の罪で強制起訴されました。

・アメリカ航空宇宙局(NASA)が、ケプラーという宇宙望遠を使って調査した結果、地球に似た環境を持っている惑星が、少なくとも50以上あると発表しました。

・昨年11月に20年ぶりの総選挙が行われたミャンマーで、国会が召集されました。

実質的には依然として軍事政権が支配しており、国際的な批判をかわすための見せかけの民主化と言われています。

大相撲八百長疑惑が浮上し、力士ら14人が関与を疑われています。

これを受けて、3月に大阪で行われる予定だった春場所の中止が決定しました。

愛知県知事選名古屋市長選が同日に行われ、県知事には大村秀章氏、市長には、前市長の河村たかし氏が当選しました。

また、名古屋市議会の解散の賛否を問う住民投票は、市議会解散に賛成する票が約7割の圧倒的多数で、市議会は即日解散が決まりました。

名古屋のトリプル選挙とは、「愛知県知事選」「名古屋市長選」「名古屋市議会解散の賛否を問う住民投票」の3つです。

・総務省が発表した、2010年平均の完全失業率は、5.1%と過去3番目の高さとなりました。

・国内鉄鋼最大手の新日鐵と3位の住友金属合併に向けた検討を始めたと発表しました。

合併すれば新会社は、粗鋼生産量世界第2位となります。

テストが近い方は、先週の記事も確認しておいて下さい。

以下にリンクを貼っておきます。

また、教室ホームページにある実践問題集で、鍛えておきましょう。

時事問題集ダウンロードは、こちらの教室HPからお願いします

【時事問題2011年2月その1】アメブロ版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志願変更相談

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日と今日は、受験生のための補講日です。

昨日は補講の合間に、体験授業と公立高校受験者の志願変更相談を受けました。

ここへ来て、公立高校志願者の中には、自信がなくなり志望校を変更したいと申し出る生徒もいます。

私は、経済的な事情でやむを得ず、必ず公立高校に行かなければならないという理由であっても、志望校のレベルを落とすのにはあまり賛成できません。

ただ、最後はご家庭の判断に任せるしかないので、あまり強引な話はしませんが。

いかなる理由であっても志望校のレベルを下げることは、将来的に本人のプラスにならないと思います。

受かっても、結局「逃げた」という事実は残りますし、下げたからと言って必ず合格する保証もありません。

合否に関係なく、その試練に立ち向かっていくことが、将来的には生徒本人のためになると、思います。

ただ、その高校に行っても楽しさを見出せないと感じたり、入学することに苦痛を感じるのであれば、その高校は受験するべきではないと思います。

最初から嫌だと分かっているところに入学しても、経験から言って良いことはありません。

私自身がそういう経験から高校を中退していますので、生徒にも勧められません。

思いつめている受験生もいますが、失敗しても、大人になってみればそれが良い経験になることは間違いありません。

ですから、悩むより今できること、例えば過去問や予想問を繰り返すなどを、時間のある限りして欲しいです。

ほとんどの受験生にとっては、一生に一度の高校受験でしょうから、悔いのない選択と悔いのない挑戦をしてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開校以来の危機

いつもありがとうございます。塾長です。

今、教室は開校以来の危機に瀕しています。

今日は初めて、授業ではない時間帯に体験授業を2件入れました。

通常授業の時間帯が空いていないからです。

個別指導塾の致命的な欠点は、講師が足りないと生徒が増やせないことにあります。

例年3月になれば受験生が卒業し、授業に空きができると考えているので、1月から結構新規の塾生を受け入れてきました。

しかしここにきて、4月以降の講師の数に対する授業の数が合わなくなってきました。

そこへさらに、明日は新聞折込に新入塾生募集のチラシが入ります。

広告の締め切りから2週間で一気に人数が増えたので、広告を止めることはできませんでした。

新規の問い合わせも、ほとんどが紹介なので、安易にお断りすることはできません。

広告を出して入塾できないとなれば、かなりのマイナスイメージです。

ここを乗り切らないと、地域での信頼を失うことになります。

そこで、何とか4月以降の体制を整えるべく、本部に協力要請しました。

急な体験授業を2件も引き受けてくれた小松主任に感謝しつつ、受験生への入試対策補講も同時に行っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒くても立春

今日もありがとうございます。塾長です。

今日は二十四節気の一つ、立春ですね。

よく、「立春とは名ばかりで、まだまだ寒い季節が続きますが・・・」という挨拶がありますが、立春は、寒さが頂点に達する日のことで、これ以上は寒くならない、あとは段々と暖かくなって春に近づきますよという日のことです。

だから、寒くて当然なのですが、これから暖かくなってくるはずなので、もうしばらく寒さに耐えましょう。

春はすぐそこまで来ています。

受験生にとっての春といえば、合格ですよね。

私の教室では、予想以上に前期選抜で合格者が出たので、後期選抜を受験する一人ひとりに、より手厚く、細かく指導ができるようになりました。

また、前期で合格した生徒も数名、後期選抜を受けるつもりで勉強してくれています。

ですからまだまだ、合格に向けて皆で頑張っていきたいと思います。

入試対策と同時進行しなければならない課題が、新年度の体制作りです。

昨日の時点で、新規の入塾申し込みやお問い合わせが予想以上に多く、また、講師が3月で減るので、これ以上新入塾生を受け入れられない状態となっています。

今度の日曜日に生徒募集の新聞折込広告を手配したのに、入塾待ちの状態になりそうです。

現在大学入試の真っ最中である1期生たちが、講師として戻って来てくれることに期待しつつ、講師の補充を考えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな教室

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日、前期選抜で合格した受験生の中で、授業がないのに自習に来たのは、1人でした。

皆、合格して緊張の糸が切れてしまったのかもしれません。

普通なら、もう勉強しないでいいと考えても不思議ではありません。

そういう中で、ただ1人、前日に私の話した、「後期選抜を受験するつもりで勉強を続けよう。」ということを守ったN君が輝いて見えました。

また、数名の合格者は、授業の前に自習に来て、しっかりと勉強していました。

非常に嬉しい光景でした。

しかし、人数的に非常に静かな自習室で、授業も欠席者が相次ぎ、教室も静かでした。

そのような中、数名の合格者の保護者さんが、わざわざお礼を言いに来て下さいました。

自習室の壁に貼られた合格者の名前を見て、今年は多いですねと驚いた方もいらっしゃいました。

また、色々とご丁寧にお礼の品まで頂戴しました。

110202_221001

ありがたく授業後に講師たちでいただきました。

さて、今日は節分です。

受験生たちも是非、豆まきをして邪気をはらい、この後の私立一般入試、公立後期選抜に備えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前期選抜の結果

今日もありがとうございます。塾長です。

昨日の公立高校前期選抜発表では、今まで経験したことのないドラマがありました。

教室を開けて一番最初に、保護者さんと一緒に報告に来たのは、開校以来通ってくれているYさんでした。

「受かりました。」

の一言から始まって、色々と4年間の思い出や、教室に対する感謝の言葉などを話してくれました。

聞いていて、涙が出そうなほどに嬉しかったです。

そして最後に、「ていうかこの塾すごいですよ。」の一言が。

何がすごいのか聞こうとすると、「でも、皆から直接聞いたほうがいいと思うので。。。」

とのこと。

前期はあてにしていない私ですが、これは何かあるなと、他の受験生の到着を待ちました。

結果から言うと、受験者の7割が前期選抜で合格したのです。

私の予想では、例年のボーダーラインから考えて、4割がいい所でした。

しかし、内申点で10以上足りていない生徒が3人、5以上足りていない生徒が2人合格していました。

特に1つの高校は地域のトップ校で、学力向上進学重点校です。

塾生から集めた情報によると、例年のボーダーラインより上の内申で不合格だった同級生が数名いたので、特にボーダーが下がったわけではないようです。

とすると、試験直前まで徹底的に行った、面接対策の効果があったのでしょうか。

塾生たちに聞いても、他の塾に通っている同級生たちは、我々の教室ほど面接対策はやってなかったそうです。

学力を上げるための学習塾ですから、面接なんてあまり重視しないのでしょうね。

私は、面接だけの前期選抜が嫌いな割には、そういう所に変に力を入れてしまうタイプなので、今回のような結果になったのだと思います。

とりあえず、後期選抜を受ける受験生がかなり減ったので、正直ホッとしております。

とはいえ、後期選抜の2月17日まで、まだまだ気を抜けません。

もちろんあと2週間は、合格した生徒にも後期選抜組と全く同じ課題をこなしてもらうつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県公立高校入試が変わる!

いつもありがとうございます。塾長です。

今日は神奈川県の公立高校前期選抜合格発表日です。

その神奈川県公立高校入試が大きく変わるとの記事が発表されました。

全受験生に学力検査、前・後期の一本化も、県立高校入試改正案/神奈川】とのことです。

今まで高校入試制度改革については、埼玉県や千葉県と比較し、大きく遅れをとっている感が否めなかった神奈川県ですが、ここに来てやっとという感じです。

常日頃から、学力試験を課さない入試はだめだと、知り合いの塾関係者たちが発信してきましたが、私もその1人です。

早ければ、今の中学1年生の高校入試から、新しい方式が採用されるそうですが、速やかな実施を望みます。

残り少ない、「学力試験がない入試」で、塾生たちは何人くらい合格するのでしょうか。

前期などないものと思って勉強せよと、常日頃から受験生たちに話していますが、もし合格していたら、もちろん祝ってあげます。

ちなみに教室恒例の前期合格者へのプレゼントは、『高校準備講座』という、高校生の授業内容を先取りしたテキストです。

さて、何人に手渡せるでしょうか。

前期選抜を軽視している割には、不安でもあり、楽しみでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »