« 冬の漢字検定 | トップページ | 【時事問題2011年2月その1】テスト対策 »

先輩の遺志

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は仕事の合間を縫って、昨年若くして逝った私の先輩を偲ぶ会に参加してきました。

経営されていた居酒屋剣友楽は、奥様が社長となって続けられています。

その居酒屋で行われたのですが、参加人数の多さに、故人の人徳を感じました。

居酒屋の名前にもある通り、剣道を愛し、地域の中学校の剣道部顧問もされていました。

顧問に就任して数年で、その中学校を全国大会に出場させるほどの熱血指導でした。

その剣道部に入部する生徒には、いわゆる問題児が毎年いるのですが、大体そういう生徒は私の塾で預かることが多かったです。

文武両道をモットーとしていて、テストの成績が悪いと、部活動中にひたすら勉強させたりしていました。

それでも成績的に手に負えないと、私の所に来ることになります。

剣道部で、卒業していった生徒たちも、高校に入学すると、しっかりがんばる生徒が多く、先輩も天国でホッとしていることでしょう。

ただ、最近また悪さをしている卒業生がいるとの情報が入ってきています。

先輩がいない今、指導できるのは私しかいないので、近々捕まえて(逃げ回っています)、鉄拳制裁をしたいと思います。

先輩は、他人に迷惑をかけることを許さず、あまりにもひどい生徒には鉄拳制裁をしていました。

体罰ととられてクレームになることも覚悟で、その生徒のためにやっていました。

不思議とクレームはなく、それどころか保護者さんたちから圧倒的な支持がありました。

塾長が体罰なんてと思う方もいらっしゃるでしょう。

私も普段そのようなことはしません。

というか普通はありえないですよ本当に。

しかし!度を超えて他人様に迷惑をかけ、いくら注意しても直らないようなら、今までは先輩の所へ連れて行けば解決したのですが、今は自分がやるしかないのかと思っています。

本気で生徒と向き合うためには、こちらも相当な覚悟をしなければならないと実感しています。

学習塾の話としては、普通はありえないことですが、地域の子ども全員を健全に育てるという趣旨から、私は先輩の遺志を継いで生きます。

|

« 冬の漢字検定 | トップページ | 【時事問題2011年2月その1】テスト対策 »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/50724316

この記事へのトラックバック一覧です: 先輩の遺志:

« 冬の漢字検定 | トップページ | 【時事問題2011年2月その1】テスト対策 »