« 【時事問題2010年11月その4】テスト対策 | トップページ | 強豪FC十数社に勝った »

最良のテスト対策教材

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は、今春卒業した3期生のお父様とその弟さんが、来春から入塾を考えていらっしゃるということで、相談に来てくれました。

そのお父様は、上のお子さんを3年間私共に預けて、この教室のやり方や、講師の質、自習室での充実したサポートを気に入ってくださったらしく、日頃努力してきた甲斐があったと、私は嬉しくなりました。

やはり信用というのは大事で、この積み重ねが、紹介や口コミ、また兄弟入塾につながるのだと、あらためて実感しました。

月曜日から、中3生のテストが続々と返ってきています。

概ね予想通りの結果ですが、予想以上の点数をとってくる生徒もいて、受験に向けて頼もしい限りです。

なぜ生徒の得点を予想できるのか、それは、過去問にあります。

大体の学習塾が、定期テスト前には、過去問を使用して、テスト対策をしているかと思います。

生徒たちは、テスト直前で行う過去問の点数と、ほぼ同じ点数をとってくるのです。

確かに年度や学校、作成者によって難しい問題や易しい問題がありますが、試験範囲が同じであれば、2・3回のテスト問題を解いてもらうと、得点が予想できます。

但し、テスト対策で問題を解いているわけですから、できなかった所をできるようにして、次の問題では少しでも得点を上げられるようにしています。

ですから、予想する点数より下がるということは、あまりありません。

しかし例外もあります。

今回のテストでいうと、ある中学校の理科の問題が、例年より難しく、平均点も低かったので、事前に解いた過去問よりも得点できなかった生徒が結構いました。

別にテストを攻略しようと思ってはいません。

ただ、過去問は、テスト対策において最良の教材だと思っているので、使用しているだけです。

今回の理科のように、難しい問題が出題されたなら、それは来年度で良い教材となるでしょう。

テストというのは、作成者の先生ごとに出題のクセがあるので、それは問題用紙を見ればある程度わかります。

今回の理科でも、私は各生徒に、この○○先生は、こういう出題傾向があるから、このようなパターンや解答方法を練習したほうが良いと、アドバイスしてありました。

結局そのアドバイスを忠実に守った生徒は、きちんと得点できていました。

泣いても笑っても、これで2学期までの成績は決定します。

気持ちを切り替えて、受験勉強に励んで欲しいと思っています。

ただ今塾生の冬期講習を受け付けておりますが、その申し込み状況を見ていると、今年の受験生のやる気が、少し垣間見れるような気がします。

0から90日で、勉強ブログで収益を出す方法

アメブロ学習塾リンク集

言葉のチカラ養成講座!

無料体験授業と、無料学習相談(オススメ)は随時受付中です

小田急線東海大学前駅徒歩3分

早稲田育英ゼミナール 東海大学駅前教室

神奈川県秦野市南矢名1-4-8

【TEL】 0463-77-1977 (受付16時~22時)

|

« 【時事問題2010年11月その4】テスト対策 | トップページ | 強豪FC十数社に勝った »

テスト」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/50116073

この記事へのトラックバック一覧です: 最良のテスト対策教材:

« 【時事問題2010年11月その4】テスト対策 | トップページ | 強豪FC十数社に勝った »