« 登録読者数100人になりました | トップページ | 塾講師として働くには »

生徒募集費と講師募集費

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

昨日も、1件の体験授業がありました。

私の教室では、基本的に口コミと紹介のみで生徒が入塾することが多いです。

生徒募集活動は、現在行わず、内部の塾生へのケアに力を入れています。

それでもありがたいことに、入塾の問い合わせが月に数人あります。

ちなみにホームページと、教室外の壁に貼ってあるポスターのみ、「新入塾生募集」を謳っています。

現在のところ、広告宣伝費はほとんど、自習室や無料補講などの人件費に充てています。

同じお金を遣うのなら、既にいる塾生のケアを手厚くするというのが私の考えだからです。

宣伝をすれば、塾生は増えるかもしれませんが、その分今いる塾生の満足度は下がります。

まず今いる生徒の満足を100%にして、それでも余力があれば、新規の生徒獲得へと力を注ぎます。

とはいっても、完璧な塾生へのフォローを目指すならば、講師の絶対数が足りないので、生徒募集よりも講師募集が優先です。

現在3日連続講師応募者の面接試験を行っています。本日も一人応募者が来ます。

期待して待っています。

私の何倍も熱い人のブログ

アクセスの増えない学習塾ホームページの例

|

« 登録読者数100人になりました | トップページ | 塾講師として働くには »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/49857198

この記事へのトラックバック一覧です: 生徒募集費と講師募集費:

« 登録読者数100人になりました | トップページ | 塾講師として働くには »