« 生徒募集費と講師募集費 | トップページ | 最近の保護者様の反応 »

塾講師として働くには

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日、講師応募者の試験と面接があるため、予定の時間に待機していたら、何と応募者が現れませんでした。

応募者の携帯電話にかけても、呼び出し音が鳴った後に留守番電話になってしまいます。

まあ、一言で言うと、すっぽかされたんですね。

正直、10人に1人くらいの割合でこういう人がいるので、驚きはしなかったのですが、本当に腹が立ちました。

もう、講師以前に、人間として失格ですよね。

かといって、面接にきちんと来られればそれでいいわけではありません。

ここ数日連続して採用面接試験を行っていますが、最近の応募者を見ていると、塾講師という仕事を甘く見ているような気がします。

成績も優秀で、なおかつ人格者であり、サービス精神が旺盛な人でないと、私の教室では勤まりません。

とりあえず教職なので経験を積みたいという人も多く応募してきます。

しかし正直、教員と塾講師は、同じ「教える仕事」かもしれませんが、かなり違う職業だと感じます。

塾は教育という名のサービスを提供する、「サービス業」なんですよ。

ここの所をわかっていない人が多すぎますね。

また、時給が高いからと応募してくる人も多いのですが、「なぜ時給が高いのか。」をよく考えてから応募するべきだと思います。

ということで、今では応募者20人に1人くらいの割合でしか採用できていません。

しかしいつでも、勉強も性格もきちんとしていれば採用するつもりで、毎回真剣に面接に臨んでいます。

我こそはと思う方のご応募お待ちしております。

私の何倍も熱い人のブログ

0から90日で、勉強ブログで収益を出す方法

アクセスの増えない学習塾ホームページの例

|

« 生徒募集費と講師募集費 | トップページ | 最近の保護者様の反応 »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/49857234

この記事へのトラックバック一覧です: 塾講師として働くには:

« 生徒募集費と講師募集費 | トップページ | 最近の保護者様の反応 »