« 経済事情と学力格差 | トップページ | 若き経営者 »

【成功の不等式】 満足<感動

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

私が常日頃から心がけていることに、相手を感動させるということがあります。

それは、仕事であってもプライベートであっても、親友であっても初めて会った人でも同じです。

感動というのは、満足を超えたところにあると思っています。

ですから、相手を満足させるだけではなく、さらに一歩進んで感動させられるように努力しています。

仕事で相手に感動を与えれば、結果的には自分の収入(売上)が増えますし、プライベートで相手に感動を与えれば、その人は男性女性関係なく私のファンになってくれます。

このことは、他人に押し付けることではありませんので、無理にしたほうがいいよとは言いません。

ただ、相手を感動させられれば、自分が一回り成長できるのは、経験上間違いないと言い切れます。

なので、私は自分を高めるために、常に相手を感動させることを考えているのだと思います。

満足というのは、当たり前と思うことを当たり前にやってするものです。

例えば、かねてより欲しかった1万円の価値があると思った商品を、1万円で買えば、満足すると思います。

これが、1万5千円で買わされたら、不満や愚痴が出るでしょう。

逆に、1万円の価値のものを5千円で買えたら、そこで感動があり、口コミが発生するのです。

塾のサービスも同じで、頂いた月謝の分きちんと授業をすれば、塾生や保護者は満足はするでしょうが、それ以上でも以下でもない、つまり当たり前のことです。

そこで、頂いた月謝以上のサービスを提供すれば、生徒や保護者さんは感動し、周りの人にその話をしてくれるというわけです。

たまたまなのですが、昨日卒業生の保護者さんから相談がありまして、卒業生を塾に復帰させたい旨の話でした。

非常にありがたい話ですが、私は塾生としての受け入れを拒否しました。

その代わりに次のような話をしました。

「お母さん、今まだお金をかける時期ではないですよ。うちの教室は卒業生に無料で自習室を貸し出しています。自習室で勉強すればお金をかけなくてすむから、とにかく自習室に来させて下さい。できる限り面倒見ますから。」

それを聞いた保護者さんは、非常に喜んで下さいました。

過去に似たような話があった時も同じ対応をしましたが、その時の保護者さんからは、後々たくさんの塾生を紹介していただいたことを覚えています。

この、相手を感動させるということは、どの商売やサービスにもあてはまると、私は考えています。

皆さん、自分の周りにいる人を感動させてみませんか。

もちろんリターン目当てではないとしても、きっと、自分が感動できるくらいのことが返ってくるはずですよ。

学習塾に関する全てを解決! アメブロ学習塾リンク

秦野市・学習塾・個別指導

笑っている塾長の写真が見られるツイッター

|

« 経済事情と学力格差 | トップページ | 若き経営者 »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/49472286

この記事へのトラックバック一覧です: 【成功の不等式】 満足<感動:

« 経済事情と学力格差 | トップページ | 若き経営者 »