« 【時事問題2010年9月その5】テスト対策 | トップページ | 受験生なのに締め切り守らず »

姓名判断

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日、知人からメールが来て、その人の友達にお子さんが生まれたので、名前の候補を鑑定して欲しいと言われました。

そうなんです。実は私、姓名判断ができるのです。

但し、私の場合、姓名判断研究家と言ったほうが正しいです。

先に断っておきますが、姓名判断の商売の邪魔をするわけではありません。

むしろ私は姓名判断は有効な人生の指針の一つだと思っています。

私が気になるのは、姓名判断には数多くの流派があり、流派によって、同じ名前でも運勢が全く違ってしまうことです。

これでは、悩んでいる人をきちんと導いてあげることができませんよね。

そこで私は、元々一つの流派を勉強していたのですが、他の流派の鑑定も比較するようになり、その中で本当に当たっている部分だけを伝えるようにしたのです。

ですからよく、講師たちに恋愛(相性)について診断を頼まれるのですが、結果はほぼ的中しているそうです。

姓名判断を生業としている人にとっては、私のようなやり方は邪道かもしれません。

しかし、相談者に的確にアドバイスするためには、一方向から見ただけでは十分ではないと、数多くの名前を鑑定して感じています。

また、私はお金を貰って鑑定するわけではありません。あくまで、研究者として、その人が幸せになるために、的確な判断をするだけです。

私の求めているもの、それは、的中精度です。

以前、勉強中の私は、ニュースで出てくる人の名前を片っ端から鑑定していました。

そこで、必ずしも良い名前を持っている人が、良い人生を歩んでいるわけではないという結果を知ってしまったのです。

もし姓名判断だけで世の中全てが決まっているなら、そのような結果は出るはずがありません。

しかし実際は、最高の画数に囲まれた名前の人が殺人犯だったり、事故死したり、逆に、最悪に近い画数の人がスポーツやビジネスで大成功したりと、矛盾がいくつもありました。

おそらく、育った環境や、遺伝も関係しているのは間違いないです。

でも、相談に来る人は、助けを求めてくるのですから、姓名判断をしつつも、その人の話をじっくり聞いて、環境や遺伝まで考えて、最善のアドバイスをするように心がけています。

流派の違いで最も大きいのは、漢字の画数の数え方です。

例えば、草かんむりを、3画、4画、6画と数える流派があります。

それだけで、例えば花子さんという名前は、7画にも8画にも10画にもなってしまいます。

これでは鑑定結果に最低でも3つの答えが出ます。しかし花子さんに提示される結果は、花子さんが選んだ流派のものだけです。

どの流派も否定はしませんが、100%的中させることは不可能だと思います。

私の研究では、姓名判断でもっとも的中精度が高いのは恋愛と相性についてです。

理由はまだ研究中なので断言できませんが、とにかく「つきあう」「結婚する」「別れる」「相性悪い」などは、よく当たっているらしいです。

姓名判断は、奥が深く、研究のしがいのある分野だと思っています。

子どもの名づけについても、親が幸せを願ってつけるのであれば、それで良いと思います。

ただ、親が画数を気にするのであれば、良い画数の名前を提案することはありますが、私の場合、「絶対にこれにしなさい」ということはありません。

そこで、件の知人の依頼も、いくつか候補を出してもらって、それぞれの名前を、いくつかの画数の数え方で鑑定し、客観的に伝えるだけにします。

あくまで、名づけは、親の責任でするべきだと思うからです。

ちなみに、塾生の姓名判断は一切受け付けません。

理由は、名前を理由にして浮かれたり落ち込んだりする暇があったら、勉強して少しでも自分の力をつけて欲しいからです。

塾長のつぶやき Twitter

秦野市・個別指導・学習塾・テスト対策

|

« 【時事問題2010年9月その5】テスト対策 | トップページ | 受験生なのに締め切り守らず »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/49583147

この記事へのトラックバック一覧です: 姓名判断:

« 【時事問題2010年9月その5】テスト対策 | トップページ | 受験生なのに締め切り守らず »