« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

夏休みの宿題

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は税理士の事務所へ行くために、久しぶりに電車に乗りました。

思い出してみると、半年間くらい電車には乗っていないことに気がつき、いかに普段から車ばかり使っているのかと、少し反省しました。

妻からPASMOを借りたのですが、初PASMOだったため上手く使えずに、2回も改札口でひっかかってしまい、暑さのせいではない汗をかきました。

教室では、合宿から戻って出勤してきた岩本先生がお土産を持ってきてくれました。

100830_215201

秩父のお土産、こんにゃく大福です。食感はまさにこんにゃくというか、わらび餅のようでした。ごちそうさまでした。

学校が始まったので、夏休みの宿題の仕上げラッシュが続いています。

学校が始まってから宿題やるっていう時点でもう終わっていますが、生徒たちに言わせると、最初の各科目の授業時に提出だから、正確には遅れてはいないそうです。

今夏私が指導したのは、社会の税金の作文(なぜか毎年出されます)を5人ほど、国語の課題で読書感想文2人と、社会を明るくするための作文(犯罪について)を5人、中3生は自己PR書の下書きも宿題になっており、それを5人ほどみました。

昨日からは、技術の宿題で、自分の作った8コマの漫画(絵)を、コンピューターで動画にするための、漫画の下書きのアイデアがないという生徒のために、2人ほどネタを提供しました。

家庭科の宿題の幼児用おもちゃ作りのアイデアも依頼されました。毎年のことです。

極めつけは、昨日相談されたのですが、テーマが自由の文化祭用の絵が描けないという”高校2年生”からの相談でした。

はいはいわかりました。水曜日に一緒に描きますよ!

毎年こんな調子なので、私の夏休みのレパートリーは年々増え、グレードアップしていきます。

まさにこれぞ個別指導っていうのですかね。

とにかく全部提出してくれ!そんなことを願う今日この頃です。

つぶやくよ~ Twitter

秦野市・学習塾・個別指導

バックナンバーはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【広告宣伝費】当教室の現状

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

今日は、自社の決算の関係で、税理士の先生の所に行ってきます。

売上自体は、昨年度と変わっていないのですが、法人化したせいか、払う税金の額が極端に少なくなったように思えます。

税理士が作成した台帳を見ていくと、何にお金を遣い過ぎて、何に遣わなかったということが見えてきます。

例えば私の教室の場合、極端に広告宣伝費が少ないです。

思い出しても、この1年間に新聞に折込を入れたのは、4回だけで、あとは地元のタウン誌に2回掲載したくらいです。

ただ、講師募集費が多いです。それだけ募集には力を入れて、良い人材を集めようとしているので、納得の出費なのですけどね。

新聞の折り込み広告は、私の教室の場合、地元の広告会社に頼むと、B4裏表1色刷りで、折込料込みで1枚7円です。

本部が作成した、B4裏表フルカラーの広告を使うと、もっと高くなります。

1回に1万部折り込むので、平均して1回7万円から10万円かかるのですが、一人も問い合わせが来ないということも結構あります。

以前にもブログで書いたのですが、私は、新聞折込は集客ではなく、違う意図で入れています。

それは、地域の人々に、うちの教室は元気にやっていますよと伝えるためです。

全く折込が入らないと、教室の前を通らない限り、その塾がどうなったかなんて、わかりませんよね。

また、折込が入らないから近々閉めるのではないかと思われても困ります。

ですから、「あの塾まだあるんだ。」程度に思ってもらえればそれで良いのです。

かといって、そのようなお知らせにたくさんの経費をかけるわけにはいかないので、春と夏に2回ずつだけ、広告を入れることにしています。

もちろん、折込チラシを見て問い合わせて下さったり、入塾して下さる方もいらっしゃるので、折込の効果がゼロとは言いません。

ただ、口コミだけで何とかしのいでいる私の教室では、広告宣伝費に回すお金があったら、教室の内部充実のために、講師へ還元したり、生徒へのサービスを増やすことにしています。

いつだったか、同じ系列の塾長が、「折込広告をたくさん入れても、ちっとも電話が鳴らない。」と、半ギレ状態で相談してきたことがありました。

そんなこと電話してくる暇があったら、ポスティングに行くなり、校門前配布するなり、身体を使えと言っておきました。

お金さえ払えば何でもうまくいくと思ったら大間違いですね。

塾は、頭だけでなく身体を使ってナンボの業界だと私は思います。

塾長がつぶやく! Twitter

秦野市・東海大学前・学習塾なら

過去の記事はコチラから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【チャリティ】夏の風物詩

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

今日は全国模試の2日目です。

それが終わると、いよいよ明日からは9月度通常授業が始まります。

通常授業は基本的に、学校の授業の進度に合わせて進めるので、夏期講習に弱点を克服し切れなかった生徒は、冬期講習でその続きをやることが多いです。

しかし、過去の弱点をそのままにしていては、現在の授業にもついていけないので、少しハードにはなりますが、そういう生徒は、学校の授業の単元と並行して、過去の単元の克服をしてもらうことになります。

話は変わりますが、昨日今日と、テレビでチャリティ番組が放送されています。

チャリティ自体は良いことだと思うので、私も近所にある商店会の仲間の床屋「おしゃれ」さんで、寄付を毎年していました。

しかしある時、そのチャリティ番組に出ているタレントには、ギャラが支払われていると聞いて、少し複雑な気分になりました。

外国のチャリティでは、有名な俳優や歌手が、本当にノーギャラで出演するらしいので、それは納得も尊敬もできる話です。

しかし、タレントにギャラを支払って面白い番組を制作し、感動を作り上げるというのは、本当のチャリティと言えるのでしょうか。

結果として、毎年1億円以上の寄付金が集まっていて、それはきちんと慈善団体に送られているみたいなので、大きな金額を集めるための演出のためにタレントを雇うのはしょうがないのですかね。

私は、全く無名なボランティア団体が、一生懸命地道な活動をして、小さな金額を集めていることのほうが、よっぽど尊敬に値すると思います。

色々と感動する企画がありますよね。例えば長距離マラソンをするとか。

そのマラソン準備のために、トレーナーや関係者が何人も何日も手伝うと思うのですが、その人たちも全てボランティアなのでしょうか。

ボランティアだとしたら、本業を休んで来ていることになり、その間、本業の仕事はどうしているのでしょうか。

放送するために派遣されるカメラマンや中継車、その運転手など、全て無償ですか。

コマーシャルが流れているので、スポンサーが協賛金を払っているのでしょうが、番組のスタジオに豪華なセットを組んだりする費用なども寄付に回したら、もっと多くの寄付ができると思うのですが、どうなのですかね。

番組自体は、もう既に、日本の夏の風物詩の一つといえるくらい定着していますので、批判をしたわけではなく、たまには違う角度から考えてみるのもよいかなと書いてみました。

塾長は結構つぶやきます Twitter

秦野市・東海大学前・学習塾・個別指導

過去の記事はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年の夏期講習準備

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

昨日で夏期講習の全日程が終了し、今日から2日間は全国模試を行います。

夏期講習での学習の成果を確かめる大事なテストです。

ここ1週間、生徒たちは、このテストに向けて一生懸命勉強していました(と思います)。

是非最高の結果が出るように、全力を尽くしてもらいたいです。

中学3年生を例に挙げると、毎年、夏期講習で偏差値を伸ばした生徒は、例え10月や11月の模試で偏差値が下がっても、冬期講習後の模試では、ほぼ100%偏差値が上がります。

つまり、夏期講習でがんばった生徒は、冬期講習でも必ず実力を伸ばすことができるという、教室でのデータがあります。

ですから、教室の売りの一つが、「夏期講習で確実に実力を伸ばす」です。

生徒にとっても大事な模試ですが、実はこの教室のデータこそ、翌年の夏期講習の売上を大きく上げる大事な宝物なのです。

昨年夏期講習でがんばった生徒はほとんど、このように偏差値が上がります。と言って1年前のデータをいくつも見せると、生徒も保護者さんも皆様納得して下さいます。

そして、夏期講習の申し込みが殺到するという流れになります。

それを考えると、経営的にも、生徒たちにはがんばってもらいたいというのが本音です。

幸いにして、開校以来、夏期講習での中学3年生の偏差値の上昇は、毎年とても良いので、今年も不安よりも期待が大きく、約3週間後に結果が返却されるのが楽しみです。

夏期講習は終わったばかりですが、私の教室では、来年の夏期講習の準備はもう始まっているのです。

塾長のなう Twitter

秦野市・学習塾・個別指導

過去の全記事はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【講師選び】塾長が10人の教室

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

教室のある地域では、今日から2学期が始まった学校があります。

また、教室では、本日が夏期講習最終日となりました。

7月20日に講習が始まった時は、1ヵ月半乗り切れるかと、少々不安になりましたが、何とか無事にここまで来ることができました。

特に今年は、例年より講師が少なく、講習希望者を数名お断りしても、コマに全く余裕がない時間割の中での講習だったので、何事もなくて良かったです。

講師が少なければ補充すればいいのですが、それがなかなかできないのです。

個別指導の命は講師のクオリティだと私は思っています。

良い講師がいなければ、生徒を満足させることはできません。

ですから、講師募集には、生徒募集費の何倍もの費用をかけています。

そして、10人に1人くらいの割合で採用し、2ヶ月以上かけて研修し、それで基準に達しない場合は正規の講師にはしません。

研修期間中も給料を支払うので、結局使えなかった講師にもコストがかかります。

1年中それをやっているため、費用がかさんでしまい、また、研修期間が長いため、すぐに良い講師を補充することができないのです。

それでも、講師のクオリティにはこだわっているので、この方針を変えるつもりはありません。

クオリティといっても、ただ単に頭の良い講師を集めているわけではありません。

おそらく、他塾さんには、うちの講師より勉強ができる講師や、カリスマと呼ばれる講師がたくさんいると思います。

ただ、講師に関して一つだけ、私の教室が日本一だと思っていることがあります。

それは、うちの教室の講師は全員、経営者の視点で動いているということです。

常に、講師としてではなく、自分がこの東海大学駅前教室の経営者だと認識している、経営者の集団なのです。いわば、塾長が10人いるようなものです。

試行錯誤して、ある方法を考えましたが、どうしたらそのように講師が育つのかは企業秘密なので言えません。

他塾の塾長と違い、私にはカリスマ性がありません。

だからこそ、講師たち一人一人が塾長となって、教室を盛り立てている。そんな感じの教室です。

講師選びに妥協をしない。これだけは変えられない信条です。

塾長のつぶやきはTwitterで

秦野市・東海大学前・学習塾・個別指導

過去の記事はコチラ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

テストは多いほうが良い!?

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

子どもたちの夏休みももうすぐ終わりです。

教室のある地域で、最も早く始まる学校は、明日からスタートです。

私の教室では、2学期制と3学期制の学校の生徒が混在しています。

2学期制の学校では、夏休みが終わって2週間くらいで期末テストがあります。

ですから、来週の通常授業が始まると同時にテスト対策となります。

夏休み前にテストがある生徒と、夏休み直後にテストがある生徒、どちらが幸せなのでしょうか。

色々と意見はあると思いますが、私は、テストの実施時期に関わらず、テストの回数が多いほうが良いと、生徒を見ていて思いました。

生徒たちは、定期テストの前になると、最も勉強します。

どの学力レベルの生徒であっても、テスト前は勉強時間が増えます。

ですから、できれば毎月定期テストがあれば、ずっと勉強してくれるのではないかと思ってしまいます。

もちろん、テスト前でなくても、しっかりと勉強する生徒も多いのですが、テスト前と、そうでない時とでは、気合や真剣さが違って見えます。

年間のテスト回数で考えると、一般的に2学期制が4回で、3学期制が5回なので、テスト回数の多い3学期制の生徒のほうが学習時間が多い印象を受けるのは私だけでしょうか。

テストが多いことは、生徒にとっては迷惑な話かもしれませんが、勉強した分だけ将来の糧になると思って、がんばってもらいたいですね。

塾長のつぶやきはコチラ Twitter

秦野市・東海大学前・個別指導・学習塾

過去の記事jはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に良い学習塾紹介します

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は、夏休みに引越しをした塾生が、引越し先で良い塾を探すお手伝いをしました。

うちの教室を大変気に入ってくれていた生徒と保護者さんでしたが、さずがに電車で1時間かかる距離を、学校帰りに通うのは無理なので、夏期講習の終了と共に、転居先での新しい塾をということでした。

ちなみに夏期講習中は、転居先から毎日通ってきてくれています。

さて、当教室を気に入っているので、できれば早稲田育英ゼミナールが良いとのご希望でしたが、あいにく私は、例え同じ早稲田育英ゼミナールの教室であっても、塾長を知らない教室は紹介したくありません。

生徒のことを考えると、しっかりと塾運営をしている塾長の元に預けたいと考えています。

ですから、ブログなどで知り合った方や、自分のネットワークを駆使して、様々な地域で、お勧めの学習塾の情報を集めております。

よく調べたところ、転居先で最も近い早稲田育英ゼミナールではないのですが、通塾できる距離に、瀬谷教室がありました。

瀬谷教室は、今春開校したばかりの教室ですが、開校前も開校後も、塾長の熊谷さんと、教室長さんが、私の教室を何度か尋ねてきて下さっています。

色々話してみると、塾長は素晴らしい人で、まさに、塾を経営するにふさわしい人物だと私は思っていました。

ですから、私の知っている開校時の必勝法などをお話し、また夏期講習の集客方法など本来なら門外不出の話も、できる限り伝えてあります。

熊谷塾長は、その全てを実行しているといういことで、良い教室長や講師にも恵まれているので、時間が経てば生徒は増えていくだろうと思っています。

今は、立地の関係で生徒数は少ないのですが、昨日電話で、その件についても色々とアドバイスさせていただいたので、きっと解決してくれるでしょう。

その熊谷さんになら、うちの大事な塾生を任せられると思い、話をしたのですが、彼は思った以上に素晴らしい心を持っていました。

「鈴木塾長の顔を立てて、このくらい(これは秘密です)のサービスはさせていただきます。」と、私が頼んだ以上のことを提案してきたのです。

普通ならば、まだ生徒数も少なく、経営が苦しい時期なのに、そこまでするかというくらいの条件を提示したのには、驚きました。

これで、塾生は良い塾長の下で勉強が続けられ、保護者さんは経済的な負担を減らすことができ、熊谷塾長は生徒が増え、私は保護者さんに感謝され、まさに全員が得をするという見事なハッピーエンドとなりました。

塾生にはもちろん、熊谷塾長にもこれからがんばっていただきたいと思います。

本日その塾生は、最後の授業なのですが、「冬休みには自習室使いたい放題にするから、離れ離れになってしまう親友の塾生S君と一緒に、また勉強に来なさい。」と言うつもりです。

辞めても、卒業しても、私の塾生には絶対に幸せになってもらいます!

塾をお探しでお悩みの方、現役の塾長が、本当に良い塾を紹介しますよ。

もちろん無料です。ご連絡お待ちしております!

塾長のつぶやきはコチラ Twitter

秦野市・東海大学前・個別指導・学習塾なら

過去の記事はコチラ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

8月お誕生日会

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は二十四節気の一つである処暑でした。

処暑は、太陽の黄径が150度の時で、毎年8月23日頃になります。

この日を境に暑さが峠を越して、段々と涼しくなるそうですが、2週間前の立秋の時も、そのような話を聞いたような気がします。

結局、立秋から処暑までが、例年最高気温になることが多く、一番暑い時期だったらしいです。

これからは涼しくなると信じて過ごすことにしましょう。

教室の中もまだ、夏期講習の熱気が伝わってきます。

残り4日となった講習を進めながら、教室では来週からの通常授業の担当を確認しています。

夏期講習をきっかけに新たに入塾した生徒たちを、空いているコマに振り分けないといけないからです。

コマ割りは、基本的に教室長の仕事なので、がんばってもらっています。

昨日の授業後は、8月に誕生日だった講師3人のお誕生会でした。

100823_232501

講習中で、あまり準備に時間をかけられなかったので、マクドナルドのポテトとナゲット、それに講師のお土産というメニューでした。

100823_220201

お土産は長野に行った石川先生の、りんごのお菓子です。

プレゼントも、各講師に合わせて、ブランド物の定期入れや眼鏡など、かなり良い品物だったと思います。

ちなみに眼鏡は、数人の講師が本人を眼鏡屋さんに連れて行って、コーディネートしたらしいです。

忙しい講習中の、ホッと一息つけた時間でした。

塾長のつぶやきはコチラ Twitter

秦野市・東海大学前・個別指導・学習塾

過去の記事はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何もしない休日

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日はお休みでした。

朝起きてご飯を食べて、テレビをつけてボーっとしていたら、あっという間に昼になってしまいました。

教室に行き、ホームページの更新など少し仕事をして家に戻りました。

戻ってまた、テレビをつけてボーっとしていたら、すぐに夜になってしまいました。

ほとんど何もしないで一日が終わった感じがします。

この休みが過ぎると、2週間は休みがありません。

そう考えると、非常にもったいない休日の過ごし方をしたとも言えます。

しかし、何もしないでいたせいか、身体は軽くなりました。

たまには何もしないのも、本当の意味での休養ということで、良いのかなと感じました。

さて、夏期講習は最終週に突入です。

今日を含め、残り5日間、週末の全国模試に向けて、仕上げていきます。

塾長のつぶやきはコチラ Twitter

秦野市・東海大学前・学習塾・個別指導なら

過去の記事はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業生と思い出話

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は、現在高3と高2の卒業生が自習に来ました。

2人とも教室に来るのは久しぶりでした。

高2の生徒は、学校の宿題を終わらせるために来て、ずっと集中して取り組んでいました。

こういう姿を今の中3生に見習ってもらいたいですね。

高3の卒業生M君は、私の教室からの第1期の卒業生です。

まだ生徒も少なく、自習室も静かだった時代に、仲の良い友人3人で、いつも自習室で頑張っていました。

その頃M君が、よくホワイトボードに大きなビルの絵を描いて、「塾長、5年後には○○(近所の塾)を抜いて、このくらい大きなビル建てちゃってくださいよ。」と冗談で言っていました。

そのM君が、塾長席の後ろにある表彰状を見つけて、それが何なのか質問してきました。

100822_002001  これは昨年の夏期講習の売上が全国600教室中1位で、さらに最優秀教室に選ばれたために本部からもらった表彰状なのですが、それを聞いたM君がとても驚くと共に喜んでくれました。

「塾長、俺たちの夢に一歩近づいたじゃないですか。この調子でビル建てましょうよ。」

生徒の少ない、苦労した開校当初を知っている彼だからこそ、本当に喜んでくれたのでしょう。

今思えば、その頃から私は、勉強のことよりも人生や生き方についての話ばかりしていました。

昨日M君が自習室を訪れたのも、実は勉強よりも人生相談が主な目的だったようです。

私としては、勉強を教えるのは講師の仕事で、私の仕事は、生徒たちがより良く生きていけるための相談相手になることだと思っているので、そういう相談は大歓迎です。

ちなみに売上があっても、儲かっているわけではありません。

なぜなら私は利益のほとんどを、教室の質を向上させるために投資しているからです。

税理士からは、過剰な投資を指摘されたこともありました。

ただ、そういう講師や生徒、設備などへの投資が、結果として売上を上げることに貢献していることは間違いないと思います。

私としては、毎日ご飯を食べられて、子どもを養っていける程度のお金が残ればそれで良いのです。

この教室に通うようになって教職を目指すことを決めたM君、来春大学生になったら、講師として教室に戻って来ることを期待しています。

塾長のつぶやきはコチラ Twitter

偉人の名言集は教室HPで

過去の記事はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿題未だに進まず

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

夏期講習も終盤、残すところあと6日となりました。

全部で30日間の日程だったので、もう8割は終了したことになります。

個別指導なので、生徒ごとに授業の数も内容も、日程も違うのですが、殆どの生徒は授業の中で総まとめの段階に入っています。

中には、既に講習が終わってしまった生徒もいます。

サッカーのクラブチームのユースに所属している生徒が数名いるのですが、来週の月曜日からスペインに遠征だか合宿に行くので、そういう生徒の講習日程は、今週で終わるように組まれています。

そんな生徒たちですが、学校の宿題については、全て終わらせている生徒はまだ少ないようです。

宿題については数日前にもブログに書いたのですが、そこから進展している生徒もいれば、全く進んでいない生徒もいます。

今現在、毎日自習室に来て必死でこなしている生徒が何人かいますが、そういう生徒はまだ良いほうで、全く手をつけていないのに、まだ動こうとしない生徒も何人かいます。

教室のある地域の中学校は、殆どが27日から学校が始まります。

それを考えると、夏休みはあと1週間もありません。

私も講師も、口うるさく学校の宿題について生徒に言うのですが、数名の生徒は右から左です。

結局成績をつけられるのは生徒自身であり、それによって高校受験に影響が出てくる、つまり自業自得なわけですが、中学生になってもそのことがわかっていない生徒が結構います。

こんなに周囲が注意してくれるのは、子どものうちだけ、社会に出たら注意もなくばっさりと評価されて終わりでしょう。

しかしそういうことは、実際に社会に出ないとわからないでしょうね。

とにかく我々は、生徒たちが宿題を終わらせるまで、しつこく言い続けようと思います。

そういえば一昨年は美術の作品作り、昨年は家庭科の課題で幼児用のおもちゃ作りと、自習室では色々な作品まで仕上げる生徒が毎年いるのですが、今年は実技系科目の宿題に自習室で取り組む生徒はいません。

殆どの生徒たちが助けを求めてきたのは、今年も作文関係でした。

塾長のつぶやきは Twitterで

秦野市・学習塾・個別指導

過去のブログはコチラから

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とにかく感謝

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

私がブログの文頭で必ず感謝の言葉を述べる理由は、感謝の言葉に書いた通りなのですが、もっと昔に感謝することの大切さを教えてくれた人がいました。

赤塚不二夫先生に次ぐ、私の人生で2番目の師匠である、真言宗能満院上井草聖天堂の三田峰嵩住職がその人です。

三田先生は、元々お坊さんではなく、輸入雑貨会社の社長で、雑貨店も経営しながら、関東では初詣で有名な成田山新勝寺で修行し、僧侶の資格をとった人です。

先生はよく、次のような例え話をしました。

いつもお願い事ばかりしている人と、いつも感謝している人、どちらの願いを神様は叶えてくれるでしょうか。自分の身になって考えて下さい。

2人の友人がいて、一人は頼みごとばかりして、もう一人は感謝ばかりする。いざという時、あなたはどちらを助けようと思いますか。

どう考えても感謝をしてくれる人を助けますよね。ありがとうと言われて気を悪くする人はいませんからね。

ですから、常日頃から感謝をして下さい。感謝をするのは相手に対してですが、結局は自分に返ってくるのですよ。

どんなに辛いことがあっても、その試練を乗り越えた先に幸せがあるのですから、辛いことにも感謝です。

というような内容でした。もちろん自分の幸せのためだけに感謝をするというのも良くないと思いますが、少なくとも、どんなに小さな出来事でも、どんなに嫌な出来事にでも感謝できるような人間になれれば、世界が180度変わると思いました。

それから私はなるべく、どんなことがあっても感謝するようにしています。

今でも時々、先生からメールや手紙が届きますが、文末には必ず「感謝」という文字が添えられています。

塾長のつぶやきをリアルタイムで読むなら Twitterで

秦野市・学習塾・個別指導なら

過去の記事はコチラから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猛暑お見舞い申し上げます

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

教室のある小田急線東海大学前駅近辺は昨日、猛暑から突然の雷雨、そしてまた猛暑、夜になりまたにわか雨という天気でした。

あまりにも突然降る雨のせいで、何人もの生徒がびしょ濡れでの登校となりました。

また、自転車で登校したため、雨が止むまで自習室で待機する生徒や、急遽保護者さんに迎えに来てもらった生徒など、本当に天気に振り回された一日でした。

連日の猛暑日といい、異常気象が続いて、世界各国でも色々と大変なようです。

日本でも熱中症の患者数が3万人を超えたとか、10年前ではなかった数字ですよね。

西日本の猛暑は、こちら神奈川県よりももっと厳しいとニュースで観ました。

残暑お見舞いならぬ、「猛暑お見舞い申し上げます。」が流行語大賞に選ばれる時代かもしれません。

昨日、教室前の自動販売機に補充に来た業者さんは、この猛暑のお陰で例年にない売上で、忙しくてしょうがないと話していました。

確かに教室の自動販売機も例年以上の売上を上げています。

私の会社の取り分は、1本売上につき24円で、例年だと真夏の1ヶ月で平均7000円くらいの収入なのですが、今年は月1万円くらいの売上があります。

しかしよく考えてみると、私自身が1日に2・3本、講師に配る時には1日10本くらい買っているので、その自動販売機で月1万円くらい買っているのです。

月約3000円の電気代を考えると、完全に赤字ですね。

しかし、すぐ近くに自動販売機があるのは、私も講師も助かっているので、福利厚生と考えれば、悪くはないかなと思います。

ちなみに生徒たちですが、1円でも安い飲み物を探す子が多く、歩いて5分かかるスーパーまで買いに行くので、うちの自動販売機とはあまりご縁がありません。

生徒たちには、どこで飲み物を買ってもいいですが、とにかく水分補給をしっかりして、熱中症に気をつけて過ごして欲しいと思います。

塾長のリアルタイムのつぶやきは Twitterで

読んで損はない今日の名言

過去のブログはこちらから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お土産天国

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

お盆休み明けということで、休み中に旅行などに出かけた講師や生徒から、たくさんのお土産や、差し入れをいただきました。

100816_220801

ハワイや宮崎のお土産から

100817_220401

水上や横浜のお土産まで、色々といただきました。

授業後の講師たちは、とても疲れています。

しかし授業が終わってからも、何時間も残業して、授業の記録をまとめたり、各生徒の今後の指導方法などを話し合っているので、このような差し入れは本当にありがたいです。

感謝と共に、しっかりといただいています。

昨日出勤していない講師の分も十分にありますので、今日の授業後にまた、いただくことにします。

塾長のつぶやきは Twitterで

偉人の名言集は、東海大学駅前教室HPで

過去のブログはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿題終わってますか

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は、夏期講習後半の初日で、1週間ぶりに生徒たちに会いましたが、皆元気そうに教室に現れたので、安心しました。

学校の宿題は終わらせたのかと何人かの生徒に聞くと、一人も終わらせてはいませんでした。

じゃあ、1週間何をやっていたのか尋ねると、「ぼーっとしていました。」「ゲームで忙しかった。」「よく覚えていません。」などなど、個性あふれる言い訳をしてくれました。

まあ、夏休みはあと10日間くらいはあるわけですから、塾で勉強をしながら、少しずつ終わらせるしかありませんね。

毎年、夏休みの初めに、「お盆休みまでには学校の宿題を終わらせよう。」と生徒たちにはっぱをかけるのですが、実行できたのは例年一割くらいの生徒です。

もちろん、提出日に間に合えば、結果だけを見る学校の先生はそれを評価しますが、過程をずっと見ている我々としては、その結果を出すまでの過程も、是非学校側に知ってもらいたいです。

今年もあと10日間は、毎日学校の宿題のことを、講師から生徒たちにしつこく言い続ける日々となりそうです。

塾長のつぶやきはこちら Twitterで

秦野市・東海大学前・個別指導・学習塾

過去のブログはこちら【ココログ】で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師たちの団結力

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

今日から夏期講習の後期授業が始まります。

1週間も塾での授業がなかったのですから、生徒たちはきっと、学校の宿題を全て終わらせてくれたでしょう。

教室では、塾生の学校の宿題も指導していますが、例年、最も多くの生徒が頭を悩ませる課題は、読書感想文と作文です。

作文指導は私の担当なので、夏休みが終わりに近づくにつれて、私の仕事が増えていきます。

昨日は、教室で色々と講習後半の準備をしていたのですが、旅行から帰ってきた講師が数名教室に来てくれて、お土産をくれました。

話を聞くと、とても楽しい旅行だったらしく、皆リフレッシュしたようでした。

20100814222735

写真は、別荘でリラックスする講師たちです。参加できなかった講師が5人くらいいましたが、その代わりに何人か元講師が参加してくれました。

卒業しても行事に毎回参加してくれるとは、本当に嬉しいことです。

この伝統を、次の世代の講師たちにも伝えていって欲しいですね。

昨日も、旅行には参加できなかった元講師が、わざわざ土産話を聞くために東京から来て、教室にいた講師たちと飲みに行きました。

何故これだけ講師同士が仲が良くなるのか、そして協力し合う関係ができるのか、これには理由があります。

新規で講師を採用する時に、あることをしているからなのですが、これは企業秘密なのでここには書けません。

普通の企業ではありえない採用の方法をしている、ということだけ書いておきましょう。

塾長のつぶやきはTwitterで

東海大学駅前教室の、今日の名言はコチラ

過去のブログはこちら【ココログ】から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終戦記念日

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

今日は65回目の終戦記念日ですね。

日本武道館では、政府主催の戦没者追悼式が行われます。

式典には天皇・皇后両陛下や管首相が参列され、戦争の犠牲となった約310万人の冥福を祈り、平和への誓いを新たにするそうです。

参列者約7200人は、12時から1分間の黙祷をする予定です。

今日はどのメディアでも戦争についての特集が多く見られますが、これだけ平和になった日本では、メディアで取り上げられない限り、いつも戦争のことを考える人は少ないと思います。

書いている私も、常日頃戦争のことなど、全く考えていません。皆さんはどうですか。

戦争のことを考えずに生活できることは、ある意味では日本が平和な証であり、それは素晴らしいことなのかもしれません。

しかし、世界的に見ると、今でも戦争状態にある国や地域はあり、そこの人々は恐怖の中で生活しているのでしょう。

人間が地球にいる限り、戦争はなくならないと思います。

私たちにできることは、せめて、過去の悲惨な経験を二度と繰り返さないように、自分たちの利益を主張するだけではなく、他の人々や国々の意見を良く聴き、話し合うことだと思います。

今日だからこそ、皆さんで戦争や平和について考えてみませんか。

さて、今日は教室の夏休み最終日です。

私は明日から配布する資料を作成しに、教室に行ってきます。

塾長のつぶやきはここから Twitter

秦野市・東海大学前・個別指導・学習塾

過去の記事(ココログ)はこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師たちの旅行

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

今日から講師たちは社員旅行に行っています。

私は、子どもがまだ小さいので、家でお留守番です。

昨日は、その旅行の準備をしに、数名の講師が教室に集まりました。

熱海にある馬嶋先生の別荘に泊まるらしいのですが、準備にはかなり気合を入れているのが感じられました。

まず、電車で30分かかる町田まで行き、そこで旅行中にするボードゲームなどを買い込んできました。

前回3月の旅行は京都だったので、観光する所がたくさんあったのですが、今回は主に室内で親睦を深めるのが目的らしいのです。

元講師も参加し10人以上の人数なので、ゲームも飽きないように色々と、ちょっと買いすぎじゃないのと思うくらいに買ってありました。

さらに、現地でWiiで遊ぶとのことで、私の自宅から、コントローラーやソフトを貸しました。

また、旅行用にしおりまで作成して、本当にこのイベントに力を入れているのだということが伝わってきます。

とにかく無事に帰ってきて、月曜日からの夏期講習後半をよろしく頼みますと伝えておきました。

旅先で良い写真が撮れたら、ブログ用にメールで送信するようにお願いしておきました。

気をつけて、そして楽しんできて下さい。

元講師も現役講師も新人講師も仲の良いことが、私の自慢です。

今日の教室での講師たちを見て、うちの教室は大丈夫だと確信しました。

塾長のつぶやきをリアルタイムで読もう Twitter

名言集を毎日更新・東海大学駅前教室のHP

教室ブログ過去の記事はこちら(ココログ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ダブルレインボー

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日の秦野市、東海大学前駅付近は、台風が近づいたこともあり、その影響で、風が強く、時折雨の降った一日でした。

夕方外に出てみると、虹が出ていたのですが、なんとその虹が2本同時に現れていました。

100812_182601  よく見ると、はっきり見える虹の上に、もう一本虹がでているのがわかりますかね。

二重虹という現象があります。

通常の虹は、太陽の光が空気中の水滴に反射や屈折してできるのですが、水滴に2回反射や屈折をすると、もう1本虹ができます。

一般的には下の虹を主虹と言い、上の虹を副虹と言います。

ただ、副虹は、二回の屈折をするので、普通は、主虹と逆向きにできるのですが、昨日私が見た虹は、明らかに2本とも同じ向きでした。

これは私が学部生時代に所属していた研究室の、太陽を専門にしていた上原教授に聞いてみないとわかりません。

通りがかった5歳くらいの男の子が、お母さんに向かって、「僕初めて虹をみたよ。」と興奮気味に話していました。

大空に描かれる虹は、そう頻繁に見られるものではありませんので、縁起が良いということにしておきましょう。

塾長のつぶやきは Twitterで(無料で簡単に登録できます)

秦野市・東海大学前・個別指導・学習塾なら

過去の記事はこちらで読めます(ココログ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

親のありがたみ

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

教室のある秦野市は晴れていますが、台風4号が本州に沿って北上しているので、天気予報では雨の確率が50%です。

今日は、日航のジャンボ機墜落事故から25年目にあたります。

私は、当時16歳でしたが、そのニュースをよく覚えています。

そのニュースを知ったのは、事故の翌日の昼のニュースでした。

当時私は高校を中退し家出中で、東京の上板橋というところにある中華料理屋で、そのニュースを知りました。

住む所がないので、取り壊しが決まり廃墟となった都営住宅に、勝手に住み着いておりました。

と書くと、ホームレスのようですが、今風に言えばその通りです。

記憶では3ヶ月くらいは、そういう生活をしていたと思います。

とにかく家庭や学校、そして社会に反発していたのですが、今思えば無謀だったと思います。

16歳で、全く知らない土地にいると、まず仕事にありつけません。

今思い出しても、その日によく中華料理屋に入れたと思うほど、お金は持っていなかったです。

財産は、乗っていた単車だけですが、当時ガソリンの価格は、1リットル約145円で、自分が食べるよりも、ガソリン代を何とかするのに必死だった記憶があります。

その当時の私として今の高校生を見ると、本当に恵まれていると思います。

とにかく、何も言わなくてもご飯を食べることができるし、当たり前のように高校に通っていると思います。

でも、それは実は当たり前ではなくて、親が一生懸命働いているからそういう生活ができるのです。

親のありがたみがわからない人は、私のように一度、家を出て、親に頼らず一人で生きてみて下さい。

特に、未成年で一人で生きていくのは、とても辛いことですよ。

私は、その当時の辛い経験があるせいか、それ以降大変なことがあっても、あまり辛いとは思わなくなりました。

生きてさえいれば、どんなに辛いことがあっても、何とかなるものです。

その後、仕事を紹介してもらい、マンションに住めるようになり、何とか「文化的な最低限度の生活」ができるようになったのですが、結局16歳から25年間、両親と暮らすことはなかったです。

両親は存命ですが、おそらくこれからも一緒に暮らすことはないでしょう。

ちなみに高校を中退した私ですが、その後自分で稼げるようになってから、自分のお金で通信制高校から、大学、大学院と進学し、教員免許を取得しました。

その時の話は、またいつの日かブログに書きます。

塾長のつぶやきは Twitterで

秦野市・個別指導・学習塾

過去のブログ(ココログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊張を解くために

こんにちは、前田です。

受験生の皆さんは、まだまだ受験ということを意識していないかもしれません。

しかし、この暑い夏の間でも、確実に受験までの時間は減ってきています。

今日は受験生へエールを送るつもりで、緊張について書きたいと思います。

勉強やスポーツに関わらず、何かの大会、発表、テストと名の付くものに多くの人は緊張することと思います。

本番では、練習の7割の力が出せれば上等ということを聞くこともありますが、せっかく今まで練習を積んできたにも関わらず、7割の力しか出せないというのは勿体ないですよね。

こと、受験においては、自分の人生を左右するかもしれない大切なものです。

なるべくなら100%の力を出したい。もともと練習で出来ていたことをするだけで、何も実力以上のものを出すわけではないから、特別なことは必要ありません。

考え方を少し変えれば、良い方向に向かうかもしれませんね。

中には緊張しないために「ダメでもともと」と考える人もいます。どれ程効果があるかわかりませんが、もし本当にダメだったら…と考えると、後悔しそうであまり良い方法とは思えません。

それに、良い結果を強く望むことは決して悪いことではないからです。

しかし、そもそも緊張してしまうのには、「うまくやろう」や「失敗しないように」と、良い結果を意識しすぎるということが原因の一つに挙げられると思います。

大会で負けたい、発表、テストで失敗したいと考える人はまずいません。できるなら勝ちたい、良い点数をとりたい、入試に「合格」したいと思うはずです。

それならば、緊張することは「合格」への第一歩と考えられるのではないでしょうか。

合格には、言うまでもなく充分な学力が必要です。しかし、同時に「合格したい」という強い気持ちも大切です。

もし、本番でペンを持つ手が震えていたら…それは、合格に必要な一つ目の要素を満たしているということでしょう。

あとは、普段通り問題を解いていくだけでいいわけです。震えていなければ…それは、あなたが大舞台にも動じない強心臓の持ち主だということでしょう。

これから受験までの時間はあっという間に過ぎていきます。

それまで、学校の定期テストや全国模試など、「緊張する練習」をする機会が何回かあります。

それらの機会に、実力を発揮する練習に加えて、緊張する練習もしてみてはどうでしょうか。

いくつかの場数を踏むことによって、慣れることができるかもしれません。

そして緊張を楽しめるようになったら、もう一流の受験生と言えると思います。

夏休みはあと3週間くらいです。人生で一番勉強したという思い出が残るような夏にして下さいね。

塾長のつぶやきは Twitterで

秦野市・学習塾・個別指導

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴重な時間を大切に

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は、決算資料の整理が終わった後、夜の9時過ぎに、商店会のお友達、松屋不動産の福嶋さんを尋ねました。

約3時間も色々と話したのですが、経営やウェブ関係のことで、たくさんのアドバイスを頂き、実りある時間を過ごすことができました。

後からわかったのですが、福嶋さんは、本日遠い所で仕事があるみたいで、本当は早く帰れたところを、アポイントも取らずに伺った私を快く迎えてくれて、コーヒーまでごちそうしてくれ、長時間熱い話をしてくれたので、今は申し訳ない気持ちです。

福嶋さんが貴重な時間を私に割いてくれたのは、おそらく私が、彼のアドバイスを真面目に聞いて、きちんと実行するとわかっているからだと思います。

私も月に何人か、本部の紹介で塾を開業したいという人と会い、全員にアドバイスをさせていただいております。

皆、私の話をきちんと聞いてくれるのですが、その後の行動が明らかに2パターンに分かれます。

私が話したことをきちんと実行する人と、なんだかんだ言い訳して、あまりやらない人の2パターンです。

開業する場所によって、地域性など環境が違うので、アドバイスを忠実に実行したからといって100%成功するわけではありませんが、開業後の様子を聞く限り、きちんと実行している人の教室のほうが、明らかにうまくいっている教室が多いです。

私がいくら暇人だからといって、自分の貴重な時間を割いて真剣にアドバイスするわけですから、それを実行してくれないなら、時間を返して欲しいし、教室運営がうまくいかないからと文句を言わないでもらいたいです。

逆に、きちんとやっているのにうまくいっていない教室があれば、何とか手伝えることはないかと、時間を作って次の手を考えようとするのが私のやり方です。

福嶋さんはよく、「Time is life  ~時は人生なり~ 」と言います。詳しくはこのリンク先に書いてありますが、その人に与えられた時間は有限であり、1秒たりとも無駄にはできないということです。

私流に言うと、「あなたの貴重な時間を頂けるなら、私の命よりも大切にしますが、私の貴重な時間を奪うなら、代わりにあなたの命を差し出せますか。」といった感じですかね。

私は昨日、福嶋さんの貴重な3時間を奪ったわけですから、この3時間で得たことを何倍にも膨らませて実行し、さらに良い形にして彼にお返ししようと思っています。

というような内容のブログを、1時間かけてブログに書いたら、途中でサーバーメンテナンスの時間に突入したらしく、全て消えてしまいました。

その1時間、返してくれませんかねniftyさん。

塾長のつぶやきは Twitterで

過去のブログはココログで

秦野市・東海大学前駅の個別指導なら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

核なき世界へ向けて

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

教室のある、神奈川県秦野市、東海大学前駅周辺は、昨夜からの雨で、大分涼しく感じられます。

今日は8月9日です。1945年のこの日、午前11時2分に、アメリカ軍はナガサキに原爆を投下しました。

一瞬にして、約7万4千の人が亡くなり、ほぼ同じ数の重軽傷者が出ました。

詳しくはこちらを見て欲しいです。長崎市・原爆についてのHP

今年は65回目の「長崎原爆の日」です。記念式典では、核なき世界への決意が語られることでしょう。

我々にできることは、ただ、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、二度と同じ過ちを犯さないよう、全世界の人間で、核について考えることだと思います。

夏期講習の中3生の社会科の授業では、歴史の復習で、必ずこれら原爆の話が出てきますが、ほぼ、投下された日を確認するくらいで、どのような流れでこの悲劇が起きたのかは詳しく勉強しません。

できることなら時間を割いて、何故このような悲劇が起こったのか、そして、二度と同じ過ちを繰り返さないためにはどうしたらよいのかを、中学生たちにも考えて欲しいです。

できれば塾ではなく各学校で、そのような取組みをして欲しいと思います。

塾長のつぶやきは Twitterで

秦野市・東海大学前・個別指導・学習塾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から夏季休業

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

昨日は夏期講習前半の最終日でした。連日授業を受けている中3生は、少々疲れ気味の生徒もいましたが、1週間の休みの間に、しっかりと充電して欲しいものです。

休みとは言っても、その分の宿題が出されていますし、何より学校の宿題は、この1週間で終わらせるようにと講師からしつこく各塾生に話してありますので、本当に休めるのは何日もないでしょう。

厚木の鮎まつりに行った卒業生が、浴衣姿で顔を出してくれました。

去年は受験生で楽しめなかったので、今年はかなりエンジョイしたらしいです。

前日に山本先生からいただいたメロンは、写真の通り、残業していた講師に振舞われました。

100807_233201 おいしかったです。ありがとうございました。

また、上高地に旅行に行っていた塾生からもお土産をいただきました。

100807_181801 そば粉で作ったクッキーで、こちらも美味でしたよ。

さて教室は、今日から1週間お休みですが、果たして私は何日教室に行くことになるのでしょうか。

夏期講習後半に向けて準備しなければならないことがいくつかあるので、なるべく集中して、短時間で終われるようにがんばります。

塾長のつぶやきをTwitterで読もう

秦野市・東海大学前・個別指導・塾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立秋

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

今日は二十四節気の一つ、立秋です。

こんなに暑い日が続いているのに、暦の上では、もう秋ということです。

立秋は、夏至と秋分の中間にあたるので、昼と夜の長さを基準に考えると、ちょうどこの日からが秋ということになります。

ただ立秋は、一年中で最も暑い日とも言われているので、ここを暑さの頂点と考えれば、もう少しがんばろうという気にもなります。

昨日は授業後に外ののぼり旗をしまっているところに、松屋不動産の福嶋さんが通りかかりました。

ちょうど帰宅するところだったらしいのですが、朝から全力で動いて、夜の11時にまだ仕事していたとは、私と1歳違いとは思えないくらいに若いです。

連日のハードスケジュールに加えて、さっきジョギングしたという話を聞いて、感心するのを通り越して、「ああ、福嶋さんらしいなあ。」と、なぜか笑ってしまいました。

福嶋さんは、この地域では、決して大きな不動産屋さんではないと思いますが(あくまで私見です)、彼は毎日、桶狭間の戦いをしています。

そして小さな会社でも、大手を相手に十分に戦えることを実証して見せてくれています。

まさに一人で桶狭間、朝から桶狭間、毎日が桶狭間といった感じですね。

昨日の深夜には、元講師の山本先生が仕事帰りに教室に顔を出してくれました。

100807_003501 なんと差し入れにメロンを持ってきてくれたので、せっかくだからメロンと一緒に写真を撮らせてもらいました。

山本先生ありがとうございました。仕事もやりがいがありそうなので頑張ってください。

常日頃思っているのですが、私の教室は、塾生でも講師でも、卒業した人がよく顔を出してくれます。毎日のように誰か必ず来ます。

これこそ私のプライスレスの宝物だと思っています。

塾長のつぶやきは Twitterで

秦野市・個別指導・卒業生が集まる塾

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑い夏、ヒロシマの夏

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

猛暑日が続いている地域が多く、私たちの教室のある秦野市でも、とにかく暑い日が続いています。

平均気温が上がると、個人消費が増える傾向があると、今朝のニュースでやっていました。

エアコンやビール、アイスなどの売上が好調だそうです。

また、外出すること自体を控えるためか、ネット通販の売上も好調だと聞きました。

熱中症など、危険も多い猛暑ですが、これをビジネスチャンスととらえる人もいるようで、ものは考えようだと感心します。

私は、暑さと寒さでは、暑さに弱いと思っています。

寒ければ何枚も着ればいいけれど、暑くても脱げる枚数は決まっているからというのが理由なのですが、冬生まれということも関係しているのでしょうか。

私と反対に、夏のほうが好きという人もいるでしょう。

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、もう少し我慢すれば、秋の気配が感じられるようになると信じて、この暑さを乗り切っていきたいですね。

教室はとにかく暑いです。特に自習室は、休憩時間になると生徒が動けないほどの人数になるので、温度が一気に上がってしまいます。

これも夏期講習名物と思って、耐えるしかありません。

講師長が、夏期講習だけもっと広い所に引っ越したいと話していましたが、私も同感です。

今日は8月6日、ヒロシマに原爆が投下された日です。

原爆で犠牲になった人々の暑さや苦しみは、今の我々には計り知れないくらいのものだったでしょう。

ヒロシマ・モナムール

原爆で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、二度と過ちを犯さないように全世界の人が考える日になって欲しいです。

合掌

塾長のつぶやきは Twitterで

秦野市・伊勢原市の個別指導塾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

努力は実を結ぶ

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は卒塾生のAさんが教室に来ました。

今は高3生ですが、たまに、テスト期間などに顔を出す程度だったので、どうしたのか尋ねてみると、片手に持った袋を差し出して、「沖縄のお土産です。」と満面の笑みで言いました。

100804_184401 詳しく話を聞いてみると、沖縄で開かれているインターハイに出場してきたそうです。

そして結果は、なんと全国4位、団体戦ですが、Aさんはレギュラーだそうです。

その部創設以来の快挙だそうで、Aさんを担当していた講師長と共に驚きました。

インターネットで試合結果を調べてみると、確かにAさんは活躍していました。

美ら島沖縄総体結果

Aさんは、成績的には目立って良いわけではありませんでしたが、中3生のときから、将来なりたい職業を決め、そのためにはどの高校、どの大学へ行くべきかということをしっかりと考えていました。

そして彼女なりに一生懸命努力していたのを覚えています。

高校に入学したての頃は、毎日自習室に来て、英語の予習をしていました。

とにかく、一生懸命という言葉が似合う生徒でした。

驚くべきは、Aさんは高校に入ってから、その競技を始めたのです。

たった2年で実力をつけ、レギュラーになり、そして全国4位という成績、これは彼女のひたむきな努力の賜物といえるのではないでしょうか。

これから大学へ向けて、さらなる困難が待ち受けていますが、彼女ならきっと克服してくれると信じています。

昨日はAさんのお陰で、とても気分の良い一日を過ごすことができました。

塾長のつぶやき Twitter

東海大学前・個別指導・学習塾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水を得た魚

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

今日で、日数的には夏期講習の半分が終了することになります。

中3生は、1年生からの理科と社会の総復習をしているのですが、結構忘れてしまっている生徒が多く、思い出すのに四苦八苦しています。

この、1・2年生で習う理科と社会の内容は、公立高校の入試の3分の2を占めます。

ですから必ず勉強しなければならない範囲なのですが、実際に勉強できるのは、夏休みと冬休みくらいしかありません。

冬休みの短い期間だけでは、とても2年分の全ての範囲を総復習することはできないので、まだ手をつけていない受験生には、この夏休み中に一通り復習しておくことをお勧めします。

この夏期講習で、一際輝いている講師が、前川先生です。

前川先生は、普段は英語や国語の授業を担当することが多いのですが、持っている教員免許は、実は中学校の社会科と、高校の地理歴史です。

ですから、夏期講習の社会の授業は、まさに水を得た魚のごとく、活き活きと授業をしています。

私も授業を聴いていて、「ああそうなんだ、なるほど。」と感心することが多く、非常に頼もしく感じています。

残りの講習も、この調子で、受験生に社会科の面白さと、受験で必要な肝の部分を教えて欲しいと思います。

塾長のつぶやきはTwitterで

東海大学前・個別指導・夏期講習

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除機不調です

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

毎日、講師が全員帰宅した後で、教室の掃除をするのですが、掃除機に溜まったゴミの量が、夏期講習中はとても多いです。

それだけ多くの生徒が出入りしているということになり、夏期講習の盛況ぶりを実感できて嬉しいことなのですが、掃除機を酷使していたせいか、最近調子がよくありません。

3年くらい使用しているので、壊れても仕方ないかとも思い、今買い替えを検討中です。

講師の山本先生の家には、ダイソンの掃除機があるそうです。

よくコマーシャルでやっている、とても凄い掃除機で、値段が高いことでも有名です。

話を聞いてみると、その値段に見合う働きをしてくれるそうで、とれたゴミを見てびっくりするくらいに、よく吸い込んでくれるらしいです。

今度の休みに、家電量販店で、掃除機を見てこようと思うのですが、あまり高いと税理士が経費として認めてくれるのかが心配です。

「こんなに高い掃除機は贅沢品です。」とか言われそうで怖いです。

何より、そんなにお金持ちな会社ではありませんので、掃除機にたくさんお金をかけるわけにはいきません。

エアコンや空気清浄機など、塾生に直接影響するものなら、高価であろうとも、より良い製品を設置するのが当然と考えていますが、はたして掃除機はどのレベルにするべきか、結構悩んでいます。

常にどんなことでも講師と相談して決めている私ですが、さすがに掃除機どれにすると聞かれても、講師も答えようがないですよね。

でも一応、明日の主任会議の時に聞いてみたいと思います。

ゴミが多いのは教室が活気付いている証拠とは言っても、あたりかまわずゴミを散らかす生徒には、厳重注意をしています。

特に、飲食が自由となっている自習室では、結構食べかすなどが落ちていることもあるので、気をつけています。

塾長の仕事は、塾生が気持ちよく学習できる環境を提供することですから、掃除に雑用など、学習指導以外のことでも、進んで何でもやるようにしています。

塾長が毎日つぶやきます Twitter

秦野市・平塚市・伊勢原市・個別指導塾・夏期講習

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマーフェスタin大根2010

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

困った時だけ連絡をしてきて、順調な時は連絡をしてこない人を何人か知っています。

便りがないのが元気な証拠などという言葉は、私は好きではありません。

順調にいっている時こそ、日頃の感謝をこめて、今までお世話になっている人に連絡したり、逆に困っている人がいないか探してみるのが私の生き方です。

さて、昨日今日と、教室のある東海大学前駅の駅前広場では、「サマーフェスタin大根2010」というお祭りを開催しています。

100731_135701

商店会の主催なので、我らが青年部も色々と出店しています。

しかし今年は、私は教室から抜け出すことができないので、毎年していたお手伝いができません。

できないどころか、応援の顔出しもできない状態なので、非常に歯がゆいです。

基本的に商店会の行事は、仕事優先で、時間のある人たちが協力し、分担してやることになっています。

しかし今年の私は、ティッシュ配りと福引抽選当番くらいしか協力できていないのが心苦しいです。

ですから、お祭りの盛況ぶりもブログでお伝えすることができません。

教室の外へ出れば、バンド演奏などの音楽が聴こえてくるので、盛り上がっているということは想像できるのですが、授業とお祭りの時間帯が、かぶってしまっているので、目で見ることはできません。

参加される方、どうぞお祭りを楽しんで下さい。

青年部の出店する、豚ステーキ、焼きうどん、射的やヨーヨーすくい、スーパーボールすくいもよろしくお願いします。

秦野市・平塚市・伊勢原市・個別指導・学習塾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »