« 日本惜敗 | トップページ | 2代目は誰か »

2羽のインコ

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

昨日は、旧友から久しぶりに電話があったのですが、とにかく愚痴を聞いてほしいらしく、時間をとって掛け直し、話を聞きました。

友人は、親しい人から鳥のヒナを2羽預かりました。

急に海外出張が決まり、1年間預かってほしいとのことで、えさ代など費用はいくらでも出すから、とにかく大事に育ててくれとのこと。

親しい間柄なので断ることもできずに、仕方なく預かったそうです。

鳥は、ちょっと高級なインコの仲間だそうですが、ヒナなので、普通のセキセイインコとの違いはわからなかったそうです。

毎日水を換え、えさをあげて、鳥かごもきれいに掃除してあげました。

しばらくすると、羽毛が生えてきて、段々鳥らしくなり、愛着も湧いてきたそうです。

半年もすると、かなりインコらしくなってきたのですが、そこで異変に気づきました。

1羽は見るからに高そうな色や形に見えるのですが、もう1羽は、どうみても普通のインコにしか見えないそうです。

2羽とも同じように育てているのですが、体格も段々違ってきたそうです。

結局1年経って、知人が海外から帰ってきた時には、明らかに2羽は、高級インコと普通のインコになっていたそうです。

それを見た知人は、育ててきた友人に文句を言ったそうです。

「2羽とも高級インコのはずなのに、1羽はちがうだろ。」

そう言われても友人は、ただ預かって、死なないように必死になって2羽とも平等に育ててきたので、感謝されるのが普通で、文句を言われるなど思ってもみなかったそうです。

結局えさ代を貰うどころか、1羽の代金を弁償させられそうになったと、憤慨していました。

この話を聞いてまず思ったのが、知り合いの人が、ヒナを買う時に、騙されていたもしくは間違えられた可能性が一番高いということです。

有名なペットショップで買ったらしいのですが、それだけで安心してしまったのでしょうか。たくさんのヒナが、一つのケースに入れられて展示されていたらしく、珍しい間違いとはいえ、絶対にないとも限らない間違いです。

また、本人が育てていれば、例え半年後に間違いに気づいたとしても、少なくとも友人を巻き込んでのトラブルにはならなかったはずです。

自分から人に頼んでおいて、それで結果が自分の思い通りにならなかったからと言って、自分の主張を押し通そうとするのは、大人のすることではないと、私は思います。

どんなに友人が一生懸命に育てても、普通のインコを預かったのなら、それが高級インコに成長することなどあり得ないのですから。

ただ、そのインコたちが1年間健康で丈夫に育ったのは、友人が大切に大切に育てたからという事実があるので、結果がどうであれ、まずは感謝して、そこまでに掛かった費用を支払うのが当然ではないでしょうか。

友人は、罪もないインコたちに愛情が湧いてきて、お金を払ってでも引き取りたいと言っていました。少なくとも、そういった発言をする知人に育てられるより鳥たちは幸せだとも言っていました。

そんな仕打ちをされてもまだ、インコのことを考えているなんて、かなりお人よしだとは思いましたが、そういう性格だからこそ私も長年友人でよかったと思っています。

この話を聞いて、友人に呆れますか、それとも知人に怒りますか。

私は友人を褒めてあげたいと思います。

秦野市・塾・ヒナ

|

« 日本惜敗 | トップページ | 2代目は誰か »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

塾長!こんばんは
本日は広島県よりの中継です。
さてさて
ブログを読みましたがその預けた方は。。。
預かったお友達の方はとっても慈愛に満ちた方ですね。
それにしてもこの状況をお見受けする限りではなんともお友達の方がとっても優しい方ですね。

明日も広島県です。
原爆の落ちた街ですが、だからこそ街に対する想いが強い方が多いです。
僕もまだまだだな~

もっと頑張っていきますよ~

よっしゃ~!行くぞ~!

投稿: 松屋不動産 | 2010年6月21日 (月) 23時37分

松屋さま

コメントありがとうございます!

やっぱり友人の慈愛が一番印象的ですよね。

ところで広島ですか!?遠い所までご苦労様です。
原爆ドーム、一度は見ておきたいですね。

頑張りましょう!!

投稿: 塾長 | 2010年6月22日 (火) 03時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/48682881

この記事へのトラックバック一覧です: 2羽のインコ:

« 日本惜敗 | トップページ | 2代目は誰か »