« 最近なくしたもの | トップページ | 無駄な仕事 »

立夏

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

今日はこどもの日、そして二十四節気の第七節目である立夏です。

立夏は夏が立つと書いて、文字通り、「夏が来ましたよ、これから夏が始まりますよ。」ということを表しているのだそうです。

ここ数日、教室のある地域では、日中25℃くらいまで気温が上がり、まさに夏に向かっているなという感じがします。

私はよく、夏と冬(暑さと寒さ)どちらが苦手かという質問を色々な人にするのですが、返ってくる答えは半々くらいですね。

ちなみに私は暑いほうが苦手です。

ある人(言い伝え)によると、冬生まれの人は夏が苦手で、夏生まれの人は冬が苦手だそうです。

考えてみれば私も冬生まれですし、周りの人に聞いたら、結構当たっているような気がしました。

そう考えると、春や秋に生まれた人は、どうなのでしょうか。暑さ寒さの両方に強いのか、それとも両方に弱いのか、調べてみたいものです。

日本には四季があるので、その移り変わりを楽しめるというのは、例え苦手な季節があろうとも、日本に生まれて本当によかったと私は思います。

さて、夏が好きでも嫌いでも、今日は立夏なのですから、これから夏に向かっていきます。

今の心地よい気候を感じながら、夏に向かう風情のある日本の風景を楽しみたいものです。

|

« 最近なくしたもの | トップページ | 無駄な仕事 »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/48271779

この記事へのトラックバック一覧です: 立夏:

« 最近なくしたもの | トップページ | 無駄な仕事 »