« 作文の締切 | トップページ | やる気があれば »

教室のグリーンたち

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

教室の裏の地面は、ほとんどコンクリートなのですが、ほんの少しだけ、土の部分があります。

昨日その土の部分に、オシロイバナの種をまきました。

種は、昨年その場所で育てたオシロイバナからとれたものです。

わずか1㎡に満たない土地ですが、オシロイバナの成長が楽しめるので、植物好きの私にとっては、教室の中のオアシスのような場所です。

種をまいた後に、滅多に来ないようなどこかの猫が来て掘り返していたので、また埋めなおしておきました。

教室の中にも観葉植物を多く置いています。中には、マイナスイオンを多く放出している、サンスベリアという植物もあります。

このサンスベリア、本当にマイナスイオンが多く放出されているのか実験した人がいます。

私の学部時代の研究室の後輩で、当教室の初代主任講師でもあった菅原先生が、卒業研究でそれを行っていました。

私は、大学院は違う専攻だったのですが、TA(大学の授業で先生の助手をする仕事)でよく研究室に足を運んでいたので、たまに実験データを見せてもらっていました。

結論から言うと、本当にマイナスイオンが発生していました。他の植物と較べると、明らかに多かったような記憶があります。

マイナスイオンがたくさんある空間にいると、神経が落ち着いたり、集中力が増すなど、様々な効果があると言われています。

どのくらい効果があるかはわかりませんが、教室で勉強する塾生たちの学力が向上するのに、少しは役に立っているかもしれませんね。

マイナスイオンにはこだわっていませんが、何もない無機的な空間よりも、緑が多い教室のほうが、活気があるような気がするので、教室では植物を多く置く事にしています。

サンスベリアは、3年前は一鉢だったのが、今は三鉢に増えました。株分けして講師に持って帰ってもらったこともあります。

上へ向かって真っ直ぐに成長する姿が、なんとなく縁起の良さを感じさせます。

そのせいでしょうか。受験でご利益があり、全員志望校に合格できました。

今年度の受験生は、去年よりも大きくなったサンスベリアのように、さらに成長してくれると信じています。

|

« 作文の締切 | トップページ | やる気があれば »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/48089991

この記事へのトラックバック一覧です: 教室のグリーンたち:

« 作文の締切 | トップページ | やる気があれば »