« 思い出作り | トップページ | 春分の日 »

消費税

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

確定申告の書類が税理士から送られてきました。

納付しなければならない消費税の額を見て、ため息が出ました。

おおよそ予想をしていた金額ですが、いざ納めるとなるとあまり気乗りはしません。

昨年夏の選挙では、消費税を4年間増税しないと公約にしていた鳩山政権が圧勝しましたが、半年たったら管財務大臣が、事業仕分けが不十分な場合、2011年度から消費税増税論議を始めると発言しました。

これらの税金が、本当に国民の福祉の充実などに使用されるのであれば、納得して納められるのですが、はたして実際はどうなのでしょうか。

消費税は、所得税などの累進税率を採用する税と違って、高額所得者ほど負担率が低くなるため、低所得者に厳しいとか不公平な税だとも言われることがあります。

しかし、だれであっても同じ消費をすることに対し、同じ税の負担をするわけですから、その点から考えると公平だとも言えます。

私個人としましては、税金をどのように徴収するのかを議論することも大事ですが、徴収した税金をどのように無駄なく国民のために使うかを考えて欲しいと思います。

|

« 思い出作り | トップページ | 春分の日 »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/47864805

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税:

« 思い出作り | トップページ | 春分の日 »