« 息抜き | トップページ | 社会人になるということ »

折込広告

おはようございます。いつもありがとうございます。塾長です。

私の尊敬する塾長の1人、宮崎教室の、miyajuku塾長のブログで、反応率の悪い折込チラシをなぜ打たなければならないのかを説明していました。

記事はコチラ→ miyajuku塾長のブログ

まさにブログの通りで、当教室でも同じ理由で折込広告を新聞に入れることがあります。

最近の広告チラシは、朝日新聞や読売新聞など1万部に折り込んで、1・2件の入塾があれば良い方です。

全く反応がない時もあります。結構な額のコストがかかるため、そんなに率の悪い広告宣伝に、お金をたくさんかけるわけにはいきません。

当教室の新入塾生にアンケートをとると、殆どが、塾生の紹介や口コミです。そのこともあって、当教室でも、あまり新聞に折込広告を入れることはありません。

このことは、実は本部からもちゃんとやるように指摘されているのですが、ただ単に費用対効果が高くないという理由で、折込広告を入れない教室も結構あるようです。

しかし、2月から3月の、他塾のチラシが増える時期に、自分の教室の広告が全くないと、「あの塾は大丈夫なのか、もうすぐ潰れるから広告を入れないのか。」と思われてしまう可能性があります。

ですから、例え反応率が悪くても、折込を入れたり、タウン誌に広告を掲載しているのです。

いわば、卒塾生や、地域の方々に、当教室は今年も元気だということをアピールするための、ご挨拶状代わりといったところでしょうか。

高い挨拶状ですが、必要経費です。必ずやらなければいけないことだと思います。

|

« 息抜き | トップページ | 社会人になるということ »

塾長の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/47947157

この記事へのトラックバック一覧です: 折込広告:

« 息抜き | トップページ | 社会人になるということ »