« トリプルパーティー | トップページ | 志願変更 »

自習室で生まれた友情

おはようございます。今日もありがとうございます。塾長です。

昨日今日と、公立後期入試及び私立一般入試のための補講を行っております。

皆、真剣な表情で問題に取り組んでおり、教える講師のほうにも、全体的に緊張しているような空気が伝わってくるようです。

後期組に混じって、前期で合格した生徒も数名、勉強しに来ています。

前期で合格した生徒には、「入学後は後期で合格した生徒とは、3週間必死で勉強した分の学力差が毎年出るんだよ。」と言っています。

そうならないように、合格してもまだ勉強しようとする姿は、立派だと思います。

この3週間というのは、学力もそうですが、何か生徒たちの必死さというか、本当に全力で勉強に取り組んでいるという気迫のようなものがあり、通常では得られないような経験を積んでいるように見えます。

そして、この経験をしているのとしていないのでは、高校に入学してから差が出るのは、当然のような気がしてきます。

ですから、前期で合格した生徒たちも、その同じ緊張の中で勉強することは、とても良い経験になると考えます。

元々個別指導は、集団と違い、他の生徒と目標の共有をしにくく、連帯感や一体感に欠けるものですが、前期で合格した生徒の中には、「一緒にやってきた仲間だから、自分だけ受かっても、まだ喜べない。」と、後期組を応援しながら勉強している生徒もいて、これが自習室で生まれた友情なのかもしれないと、少し嬉しく感じます。

あと11日、個別指導だけれども、気持ちは全員一丸となっての受験勉強は続きます。

|

« トリプルパーティー | トップページ | 志願変更 »

受験」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/47498282

この記事へのトラックバック一覧です: 自習室で生まれた友情:

« トリプルパーティー | トップページ | 志願変更 »